今日ものんびり動物園

hanazoo.exblog.jp
ブログトップ

タグ:シンリンオオカミ ( 41 ) タグの人気記事

雪とシートン

今年はあっという間に真夏の気温!暑くてへばっているので、雪とオオカミの画像でひんやり気分を〜
b0245634_23044126.jpg
今冬は雪の北海道に行けなかったので、ギリギリ2月の雪の残る時期に、富山市ファミリーパークを訪問してきました。群馬サファリから移動したシートン(オス8歳)と、獣舎の中に祖父のサスケがいます。
b0245634_23043017.jpg
やっぱり、雪とオオカミはいつ見ても素敵です。
b0245634_23044492.jpg
富山に来たことで独り立ちしたシートン。富山の環境にも慣れ、リラックスした表情をみせてくれました。かわいいw
b0245634_23043826.jpg
雪の上を背中で滑り降りたり、こうして匍匐前進してみたりと、ひとりでもそれなりに楽しく過ごしているようでした(^^)群馬の降雪具合はわかりませんが、富山の豪雪はオオカミには楽しいだろうなあ〜
b0245634_23044659.jpg
シートン、のびのびと過ごせているようで安心しました。今後、お嫁さんが来るかどうかも少し気になりますね。
富山市ファミリーパークはとても素敵な園でした。行ったばかりなのに、また再訪したいです。
レポもしたいのですが…おいおい、時間ができたらということで。

(2018.2)

by hana440 | 2018-07-01 23:15 | 富山市ファミリーパーク | Comments(0)

日本一の美狼・ジャネット

東山動植物園のシンリンオオカミ、ジャネット(メス7歳)が18年3月4日に亡くなりました(公式発表)。彼女を偲んで、昔の写真からいくつか振り返りたいと思います。
彼女と初めて会ったのは仔狼のときの2010年。旧獣舎で兄弟と愛くるしく遊ぶ様子が印象的でした。この時東山でMTJを見てから、仔狼の成長を定期的に見られたらと思い始め、毎年同じくらいの時季に東山を訪問するようになりました。
b0245634_22453354.jpg
(以下2011年撮影)
翌年、1歳になる直前には弟妹が生まれ、広い放飼場に父ジャックと、マイケル・ティトの兄弟と一緒に出ていたジャネット。
b0245634_22484108.jpg
このときはまだ序列がハッキリせず、かつ唯一のメスだったジャネットはのびのびと活発な、強気のお転婆娘という印象でした。兄弟とも戯れ合い、ひとりでも虫を追いかけたり水場で泳いだりと、クルクルとよく動き回っていました。
b0245634_22500981.jpg
隣には母ソニアと11年生まれの仔狼たちが出ていて、マイケルとともに尻尾をブンブン振りながら、檻越しに嬉しそうに弟妹たちと挨拶していたジャネット。家族みんなと一緒になったときも、立派にお姉さんをしていたようです。
b0245634_22541160.jpg
1歳のときからすでに、美しさの際立った佇まいでした。彼女の美しさに魅了された方もたくさんいたと思います。

続きは折り畳みます。





More
by hana440 | 2018-03-10 23:38 | 東山動植物園 | Comments(2)

良いお年を 2017

今年も当ブログにお付き合い頂き、ありがとうございます。
b0245634_21160997.jpg
いつも様々な表情を見せてくれる動物たちと、様々な知識を教えてくださった園館の皆様に、心から感謝いたします。今年も変わらず、楽しい時間を動物園で過ごすことができました。
更新が少なくなったにも関わらず、ここを覗いてくださっている皆様にも改めてお礼申し上げます。ありがとうございました。
どうぞ、良いお年をお過ごしください。

今年は主に仕事面でストレスが重なって心身ともに不調になり、このブログも止めてしまおうかと思うところまで追いつめられてしまいました。それでも週末には動物園に行って動物たちを眺めることや、見てきた様子をブログやTwitterへアウトプットすることで少し気持ちが落ち着くことに気がつき、なんとか時間とやる気を見つけて、細々と続けることができました。
不調は回復しつつありますが、ブログのほうはこのまま週一回以下の更新が、いまの私にはちょうど良いようです。
もし楽しみにしてくださっている方がいらっしゃいましたら、申し訳ありません。今後とも気長にお付き合い頂けると嬉しいです。

今年はそんなわけで休暇もあまりなかったので強行軍の遠征になり、それ以外は多摩を中心に近所にせっせと通う日々でした。
何度同じ園に通っても、動物への不思議や発見は尽きることがありません(笑)疑問を見つけては観察し、考察し、時には質問したり調べたりして答えを探す…今年は、動物園に通い始めたばかりの頃に感じていた、楽しさの原点に立ち返ることができました。
この楽しさを忘れず、来年も変わらず動物たちに会いに行く休日を過ごしたいなと思います。

毎年恒例の、オオカミの総括は続きからどうぞ。




みんな若くして亡くなった印象
by hana440 | 2017-12-31 23:06 | 多摩動物公園(オオカミ) | Comments(0)

雪だるまとジェイとルーク

なんだか急に真夏日になったので、冬の動物園の写真を見返して、少しひんやり気分に♪
b0245634_1542547.jpg
おやつタイムのあと、雪をパクッとするルーク。
b0245634_1553991.jpg
雪国のオオカミたちは、冬はお水の代わりにこうして雪を食べているようです。暑い日に見ると、羨ましい限り(笑)
b0245634_157464.jpg
ちょうど雪まつりの時期で、円山も同じく雪まつりの飾り付けをしていました。
b0245634_158612.jpg
アザラシからエゾシカ・オオカミ舎への通路に、ずらりと並べられたミニ雪だるま。ボランティアさんと飼育員さんたちが楽しそうに作っておられました。かわいい〜
b0245634_15102693.jpg
近くで楽しそうに作業されている皆さんが気になる、ジェイとルーク。担当さんたちが、ふたりのために(?)オオカミ舎にもミニ雪だるまを飾ってくれることになりました。

続きは折り畳みます。

おやつじゃないけど気になる?
by hana440 | 2017-05-21 15:37 | 円山動物園 | Comments(0)

麗しき東山の母、ソニア

東山動植物園のシンリンオオカミ、ソニア(メス8歳)が、乳腺腫瘍で3月22日に亡くなりました(公式発表)。追悼の意味を込めて、今まで私が撮ったソニアの写真を並べます。再掲もありますがご了承ください。

私が初めてソニアに会いにいったのは2010年の春、マイケル・ティト・ジャネットの子育て中のことでした。オオカミに興味を持ってから、初めて仔狼を見に行ったのが東山。残念ながら、当時の写真データは消失してしまったのですが(涙)、とても落ち着いた、赤ちゃんたちのあしらいのうまいクールなお母さんといった印象でした。
b0245634_1726272.jpg
(以下2011年撮影)MTJの翌年にはゲンキ・ヒカル・ノゾミが生まれ、訪問した当時は、母子で旧獣舎の小さいほうにいたソニアと3兄妹。
b0245634_1730159.jpg
前年よりもさらに余裕のある雰囲気で、あまり仔狼と遊ぶような場面は見られず、優しく見守るように休んでいました。
b0245634_17432795.jpg
(以下2012年撮影)12年4月には、北園に今の新獣舎がオープンし、広い芝生の上で楽しそうに寛ぐソニアがいました。
b0245634_17451237.jpg
新しい放飼場が快適なのか、以前よりもウキウキとした雰囲気ではしゃぎ回る家族の様子を見ることができました。理知的でクールな印象だったソニアも、自分からジャックにじゃれつき、子供たちをレスリングに誘うなど、今までとは違う可愛らしい一面を見せてくれました♪ 彼女の無邪気な表情を見たのは初めてで嬉しかったです。
b0245634_1749185.jpg
家族での遠吠えでは、真っすぐ上に顎を上げ、綺麗な姿勢で長く吠えていたのが印象的でした。

13年以降は折り畳みます。

群れを離れて
by hana440 | 2017-03-26 21:46 | 東山動植物園 | Comments(0)

東山のオオカミたち・16年春 単独っこと父娘編

春の東山、オオカミレポの最後は、単独展示のソニア、アオイ、父娘展示のジャック&ジャネットの様子を纏めて。
b0245634_16433668.jpg
春なのに初夏の陽気だったこの日、ソニア(メス8歳)は檻の僅かな日陰で休んでいました。ソニア、暑いねえ〜。
コンクリのサブスペースは特に高温になるのに、開園中はほとんど影ができません。オオカミたちのためにも、日除け対策をしてほしいと毎年思っています。
b0245634_164895.jpg
昨年よりは落ち着いて来た様子のソニア。息子たちが檻際に来ても、興味を示すときと、そうでないときがありました。単独になって時間が経ったから、自分の状況にも慣れて来たのかな?繁殖時期にどんな態度なのかも気になるところです。

続きは折り畳みます。旧獣舎の面々を。

人間大好きアオイちゃん
by hana440 | 2016-10-04 17:29 | 東山動植物園 | Comments(0)

東山のオオカミたち・16年春 マイケル&ヒカル&ゲンキ編 2

前回からの続き〜この記事ではヒカルとゲンキの関係を。
b0245634_17595761.jpg
私が見ている時間だけでも、ずーっとじゃれあっていたふたり。
b0245634_1804649.jpg
ヒカルが示威行動をすることもありましたが、見ている限りでは2頭の順位ははっきりせず…。
b0245634_1815279.jpg
順位がよくわからないのは、ゲンキからの示威行動と思われる場面もあったから。ゲンキから挨拶をしたあと…
b0245634_182348.jpg
急に尻尾が上がりました。ヒカルが唇をめくって応えているので…、もしかしたらこの2頭の間ではどっちが上か下か、はハッキリしていないのかもしれません。
b0245634_1844384.jpg
ゲンキのほうから尾を上げて行く時は短時間で終わってしまい、その後は多少不穏な空気を残しつつ戯れ合いになってしまうのがパターン化していました。

続きは折り畳みます。結論は、どこまでも仲のいいふたり(笑)

じゃれじゃれ
by hana440 | 2016-09-27 18:41 | 東山動植物園 | Comments(0)

東山のオオカミたち・16年春 マイケル&ヒカル&ゲンキ編 1

春の東山訪問、オオカミたちのレポ続きです。
b0245634_21492742.jpg
中央の放飼場には、マイケル(6歳)・ヒカル・ゲンキ(共に5歳)のオス兄弟組がいました。
b0245634_21495786.jpg
変わらず黒いマイケル。訪問する少し前にグループ内で諍いがあったらしく、左目の上に傷がありました。現在はこの傷はなくなったようなので、深手ではなかったようです。
b0245634_21515669.jpg
可愛い顔のヒカル。彼も闘争なのか、左目の際に傷がついていましたが、眼球自体には怪我はなかったみたいで一安心。
b0245634_21534787.jpg
昨年より白いところが増えたかな?のゲンキ。彼は特に怪我のあとなどもなく、3頭の中で一番余裕のある雰囲気でした。

観察していた時間内だけでも、この兄弟の関係性が分かる場面をいくつか見ることができました。檻抜きが厳しいため、ピンぼけ写真を多用しますがご了承ください。

続きは折り畳みます。まずは3頭とマイケルを中心に。

マイケルは最下位
by hana440 | 2016-09-25 22:34 | 東山動植物園 | Comments(0)

東山のオオカミたち・16年春 ティト&ノゾミ編

浜松に続き、春先に訪問した東山のレポをゆるゆると綴っていきます。まずはオオカミたちを(昨年の記事はこちら)。
例によってガラスの反射やフェンスでお見苦しい写真が多いですが、心の目で消してやってください〜
b0245634_2231586.jpg
この日、新獣舎のメインに出ていたのはティト(オス6歳)とノゾミ(メス5歳)。ティト、昨年よりももっさり度合いが減ってる気がする…!
b0245634_22332057.jpg
ノゾミは昨年と比べると雰囲気が明るくなった印象でした。
b0245634_22341571.jpg
朝イチだったからか、それともメインに出た時はいつもなのか、放飼場の端から端まで楽しそうに走っていたノゾミ。
b0245634_22354436.jpg
ときどきティトに戯れつきます。元気娘なのは変わりないみたいですね♪
b0245634_22371134.jpg
昨年はノゾミからの遊びの誘いにも応じる様子がなかったティトでしたが…
b0245634_22383428.jpg
なんと、追いかけっこになっていました!2頭で楽しそうに朝の放飼場を駆け回ります。
2頭とも表情が明るくなったのは、関係に変化があったからなんでしょうね〜

続きは折り畳みます。

隣に頼らなくなったノゾミ
by hana440 | 2016-09-19 23:07 | 東山動植物園 | Comments(0)

シンリンオオカミのロジック@平川動物公園

平川動物公園ではシンリンオオカミが飼育されています。
b0245634_15502549.jpg
サバンナからほど近い場所にある世界のイヌ・ネコゾーン。イヌ科はシンリンオオカミしかいませんが、ネコ科3種と続きになっている施設でした。
b0245634_15513465.jpg
4つ連なる放飼場のはじっこにあるオオカミ舍。
b0245634_15533332.jpg
外からのほか、屋根のついたガラス面があり、全体がよく見えます。中央くらいに櫓がひとつ。広さや施設の雰囲気が大森山のオオカミ舍にとても似ていました。
b0245634_15552432.jpg
開園直後から淋しげな遠吠えを繰り返していた、オスのロジック(5歳)。群馬出身です。
b0245634_15561182.jpg
個体紹介にはメスのサンも掲示されていましたが、この日は一緒に出ていませんでした。サンはこの訪問の数日後に亡くなったとのことなので、もしかしたらこのときは獣舍で療養していたのかもしれません。ジュディーの姉妹と聞いて、合うのを楽しみにしていただけに、残念でなりません…。
b0245634_15584813.jpg
新しい施設には、デザインが統一された解説ボードがあります。オオカミの解説もなかなか詳しく、分かりやすく書いてありました。

続きは折り畳みます。ロジックの様子。

サンが心配?
by hana440 | 2016-04-01 16:32 | 平川動物公園 | Comments(0)