今日ものんびり動物園

hanazoo.exblog.jp
ブログトップ

頑張ったね、チロ

多摩オオカミ一家の次女・チロ(メス12歳)が、11月13日に腎不全で亡くなりました。
b0245634_22164668.jpg
昔からコリーのような優しい顔立ちをしていて、オオカミ生の後半は闘争による怪我で両耳が垂れてしまったため、誰にでも識別しやすい、印象に残る個体でした。
b0245634_22191243.jpg
ロボ父ちゃん亡き後、4頭になったきょうだい群れの紅一点として、マスコット的な存在感を放っていたチロ。ここ最近では、暴走しがちなロイを宥め、ロトやロキとの闘争を止める役割も担っていました。
b0245634_22252619.jpg
オスグループの中にいたからか、10歳を超えてもアクティブに楽しそうに過ごしていたチロ。
b0245634_22215550.jpg
倒れる直前まで、枝を齧ったりバッタ狩りをしたりと、放飼場でお茶目な一面をたくさん見せてくれました。
b0245634_22240233.jpg
昨年あたりから少し病気の兆候があって、アレ?と思う動作や行動もしばしばあったものの、高齢だからかもと思っていた点が多くありました。暑さが本格的に出始めた頃から、目視でも分かるほど弱って行ったチロ。夏の間はひとり休んでいる時間も多かったです。弱ってきたチロがきっかけになって、4頭のきょうだい群れからロイを隔離することになりました。こちらは追々、観察日記に纏めます。
b0245634_22311367.jpg
それでも、10月の下旬に下半身が麻痺して立てなくなるまで、普通に放飼場に出て過ごしていました。ただ、チロの病気が目に見えて悪くなっていることや、一緒にいるロトやロキの行動から考えて、「チロの死期が近いかもしれない」とある程度の覚悟はしていました。
b0245634_22332104.jpg
私が最後にチロの顔を見たのは、倒れる直前の10月27日。写真はこの日のチロです。この日も放飼場で過ごしていたものの、時折意識が朦朧としているような様子を見せており、心配は増すばかりでした。
月末に立てなくなったあとは、獣舎の療養部屋で過ごすことになり、奥の部屋だったため顔が見られませんでした。
b0245634_22355022.jpg
最期までの一ヶ月ほどは、見ているこちらが辛くなるような病状でした。
それでも、少しの時間見つめていると、この写真のように穏やかな表情を見せてくれたチロです。ありがとうね。きっと長い間苦しかったろうに、本当に本当によく頑張ったと思います。

チロが群れの中にいたことで、亡くなる直前まで、たくさんの発見と知見を齎してくれました。感謝してもしきれません。
旧獣舎でのオメガの頃から、ロボが亡くなるまで、4頭のきょうだい群れになってから今まで…色々あっても最期までずっと群れにいた彼女はとても大きな存在だったな、と今さら実感しています。
チロ、本当にありがとう。どうか安らかにね…。


9月にマロ、11月にチロと、今年は多摩のオオカミが一気に2頭も亡くなってしまいました。もう全頭が10歳を超える老齢なので、いつ、何が起こってもおかしくないですが、こうも立て続けに亡くなると喪失感が半端ないです。残されたみんなが、一日でも長く元気で、楽しく過ごせますように…。

(写真は全て18年のものです)

# by hana440 | 2018-11-25 23:00 | 多摩動物公園(オオカミ) | Comments(1)

マロ、お疲れさま

多摩オオカミの三女、マロ(メス11歳)が9月26日、尿毒症のため亡くなりました。
b0245634_22483782.jpg
オオカミらしい吊り目で可愛いと評判でした。晩年はロボ父ちゃんにそっくりな優しいお顔になりました。
b0245634_22484428.jpg
昨年から糖尿病を患い、ずっと闘病してきました。長い間、本当によく頑張ったと思います。
b0245634_22484854.jpg
昨年末に失明してからは行動範囲や行動時間が狭くなったものの、放飼場で幸せそうに日向ぼっこしていた姿が印象に残っています。可愛かったな。

今年の夏の始めから、急激に体調が悪化していき、ずっと室内で過ごす状態が続いていました。
私が最後にマロに会えたのは、9月23日。
b0245634_23040697.jpg
午前中は少し動き回っていたそうですが、午後になるとトンネルの中や入口でずっと寝そべっていました。
b0245634_23041077.jpg
連日餌を採れなくなっていたため、「体力的にもう限界かもしれない。最後にお外へ出してあげよう」とのご判断で、まる一日、小放飼場で過ごしていたマロです。夏の間は全く外へ出ていなかったので、寝そべりながらも外の空気を満喫していたようでした。
b0245634_23041619.jpg
この日はもう下半身の踏ん張りが利かなくなっていて、立ち上がるのもやっと、歩くのもやっと、という状態でした。
それでも閉園時間が近付いて、先に部屋に入った相方のセロの遠吠えに、小さい声音ながらものびのびと応えていたマロ。このあと自力ではお部屋に帰ることができなくなって、職員さんたちが抱えてお部屋に戻したそうです。
b0245634_23041908.jpg
亡くなった日は休園日。お昼頃、セロと担当さんに見守られて旅立ったそうです。
夏からどんどん具合が悪くなって行く様子を見ていて、もうなるべく苦しくないように、穏やかな時間が長く続きますようにと祈る日々でした。
採食量が少なくなってきたと伺ってある程度の覚悟はしていましたが、その時がくるとやはり、悲しいことに変わりはありません。それでも最後に放飼場に居るマロに会えたこと、私にとっては不幸中の幸いでした。
マロ、本当に本当によく頑張ったね…お疲れさま。でも、もう会えないのはとても淋しいです。

久しぶりの更新がマロの訃報になってしまいました。
気持ちが落ち着いて、時間が作れたら、マロのオオカミ生も振り返ってみたいと思います。

(写真は全て2018年中のものです)


# by hana440 | 2018-09-29 23:32 | 多摩動物公園(オオカミ) | Comments(0)