今日ものんびり動物園

hanazoo.exblog.jp
ブログトップ

2013年 02月 22日 ( 1 )

繋がるいのち

2月22日は猫の日!ということで、オオカミのご近所に暮らしている、ネコ科の仔たちのことを綴ってみます。撮った時間はバラバラです。
私にとっては一番身近な存在なのが、オオカミ舍のお隣に暮らしているアムールトラ、シズカ・アイ・マオの母娘。
b0245634_17221478.jpg
左からマオとアイ。2歳に入って、マーキングなど大人の行動も見せてくれるようになりました。
b0245634_17245977.jpg
マオは小さな頃から、変わらず甘えん坊です。シズカがガウッと叱っても、全く懲りずに甘えにいきます。
b0245634_17272633.jpg
この仰向けパカーンの寝姿は、父親のリングにそっくり!会ったことはないはずなのに、不思議です。
b0245634_1729932.jpg
左からアイ、マオ。アイはおもちゃが大好きな活発な娘に育ちました。ブイのおもちゃに夢中になると、独り占めして遊ぶこともしばしば。これはシズカゆずりですね。
b0245634_17311325.jpg
左からアイとシズカ。口が同じかたち…(笑)この口元、シズカの父のビクトルから受け継いだもの、と言っても過言はないかも?

そしてもう一組のご近所はユキヒョウ。
b0245634_17342264.jpg
左からスカイ、エナ、アサヒ。それぞれ顔つきが変わってきました。スカイはマユ寄りに、アサヒは姉のミルチャに似てきた気がします。
b0245634_17374610.jpg
私がお気に入りのエナは、シンギズとマユの顔をバランスよく足した感じかな?

チーターやサーバルなど、同居ではないですが2世代が同時に見られる動物も多い多摩。個体の成長だけではなく、両親や祖父母との共通点なども見られて…時間の経過とともに楽しみが増えていきます。こうして命が繋がっていくのだな〜としみじみ実感しています。
by hana440 | 2013-02-22 11:00 | 多摩動物公園 | Comments(0)