今日ものんびり動物園

hanazoo.exblog.jp
ブログトップ

初夏のあっさり挨拶(2017/6/17)

初夏に入ってきて、昼間はあまり動きがなくなってくる大放飼場組。繁殖期も完全に終わったこの時季は、挨拶行動も比較的あっさりとしたものが多いです。短時間で終わってしまうのが難ですが、短いやり取りだからこそ、今の4頭の関係性が分かることもあります。
b0245634_21451920.jpg
4頭で気持ちよく遠吠え…
b0245634_21460291.jpg
遠吠えが終盤になってくると、まず最下位のロト(右、オス10歳)が1位のロイ(左、オス10歳)に挨拶をし始めます。ロトは最下位だからなのか、それとも気配り屋だからか、遠吠えあとの挨拶を一番に始めることが多いです。
b0245634_21491766.jpg
後ろの2頭も遠吠えを終えました。ロトとロイの挨拶にすかさず割り込んでくるのは、メスのチロ(中央、11歳)。
数秒、ロイ、チロ、ロトの3頭で挨拶を交わします。
b0245634_21521081.jpg
上記の3頭で挨拶を交わす時間がいつも長いのですが、この日はロイはあっさりとこの挨拶を終え、加わってこないロキ(矢印、オス9歳)へ圧力をかけに行きました。

さて、ロキはどういう態度になるかな?
続きは折り畳みます。







b0245634_21543262.jpg
まだ遠吠えの余韻を残していたロキですが、今回は素直にロイへ挨拶することにしたみたい。
手前では、仲良しのチロとロトがまだ挨拶を重ねていましたが
b0245634_21573360.jpg
後ろでロイが圧力をかけているのを察してか、ふたりでロキとロイの間を取り持つようにしていました。毎回、挨拶のたびに少し険悪になるロイとロキの間を、下位のふたりが宥めることで平和に保っているところがあります。
b0245634_21594488.jpg
チロとロトがロキへ挨拶に行ったのを機に?、ロイはふいっと挨拶の輪から抜け出しました。
b0245634_22010411.jpg
ロイ、たまにこんなふうにあっさりと輪から離れることがあります。暑い時期になると、示威行動もあまりしつこくなくなってきます。繁殖期ではなくなると、彼の中の「群れ」の意識が希薄になっているようにも感じます。
b0245634_22055238.jpg
ロイが外れても、後ろの3頭は変わらず挨拶を続けていました。楽しそうな雰囲気ですが、ロイは関心がなかったようです。
一声、遠吠えして(この時は、吠え足りなかったのかも?笑)、
b0245634_22093889.jpg
そのあとは各々、解散して単独行動に。短い間の出来事でしたが、4頭の関係はぼちぼち穏やかなんだなと分かりました。
b0245634_22115863.jpg
ロイはだんだんとロキに対しての圧力を緩めているように感じます。そこには半ば諦感も含まれているようです。
もしかしたら、人間のように「トシを取って丸くなる」現象が、オオカミにもあったりして?この先、ロイがどんな行動を示していくのかで、検証していきたいと思います。


by hana440 | 2018-06-26 22:17 | 多摩動物公園(オオカミ) | Comments(0)