今日ものんびり動物園

hanazoo.exblog.jp
ブログトップ

チロは小悪魔…かもしれない 続編(2017/4/22)

前回の記事から一週間後、またもやチロ(メス11歳)の小悪魔ぶりを観察することができましたので、一連の表情を綴ってみました。
b0245634_21445876.jpg
いつものような全頭での交流なのかなと思って撮影をしていましたが、どうやらチロは、2位のロキ(オス9歳)だけに甘えに行っている様子…。他のオス2頭が、その間に入ろうとしているようです。

b0245634_21481992.jpg
尾を振って挨拶を交わしながら、チロとロキの2頭は移動を始めます。やはり、チロはロキにぐいぐい行ってるようです。

b0245634_21495891.jpg
立ち止まったロキに身体をぐいぐい押し付けて甘えるチロ。でも…

b0245634_21504698.jpg
受けているロキのほうはとても硬い表情をしていました。後ろから1位のロイが圧力をかけてくるため、チロの好意に応えることよりも、ロイに咎められないようにするのが最優先のようです。

b0245634_21530335.jpg
オスたちの空気を読まずに甘え続けてくるチロに、ロキは低く唸り始めます(中央)。上位が下位からの挨拶に対して唸って返すのは通常のやり取りなのですが、この時は挨拶を受けるのが半分、チロがしつこいための抗議が半分、の意味があるようでした。
ロキに更に圧力をかけようとするロイの気配を感じ、ロトが戸惑うような表情をしています。

b0245634_21562472.jpg
ロイがロキにマウントしようとしたタイミングで、素早く宥めにかかるロト。ロキはチロのマズルを甘噛みして、挨拶に応えていましたが、ロイが背中に乗ったことによる反応はできなかったようです。

チロ、ちょっとは微妙な空気を読んであげなよ…
続きは折り畳みます。





b0245634_21595188.jpg
激しい示威行動に発展しないように、自分の身体を使ってロキから遮るようにしているロト。これまでも何度も同じ場面がありましたが、ロキが怒られそうな事態になると、必ず宥めにかかるのです。最終的に下位の自分にとばっちりが来るからなのか、それとも群れの雰囲気が悪くなるのが嫌なのか…。ロトの機転が利いて、ロイが矛を収めることもしばしばあるのですが、この時はチロが積極的だったせいか効果がなかったようです。

b0245634_22050625.jpg
ロトに構わず、ロキとチロを見据えるロイ…(怖い)。そんな雰囲気を全く感じず、延々とロキに甘え続けるチロ。

b0245634_22064353.jpg
チロがあんまりにも他を無視するので、しまいにはロイが呆れて?、矛を収める形になりました(笑)右の2頭、ポカーンとした表情に見えますね。

b0245634_22090526.jpg
このあと、飼育員さんのバイクが通ったためか、このやり取りは終了。チロは興が醒めたように、あっさりとロキから離れて行きました。

b0245634_22103398.jpg
チロが離れたあと、挨拶をやり直そうとばかりに集まるオス3頭。ロト(右)がロキに何やら諭しているように見えます。
中央にいる1位のロイは…

b0245634_22115733.jpg
いつも交流の最後に見せる「伸び」(参考記事)をやって見せます。この場の雰囲気からすると、緊張をほぐして「もういいよ」と許す意図があったようです。

b0245634_22190816.jpg
まるでロイを宥めるように、もしくは謝るように、優しく舐め回していたロキとロトなのでした(笑)

b0245634_22220606.jpg
今回チロがロキだけにアプローチしていたのは何故か分かりませんが、再び小悪魔ぶりを垣間みることができました。こうしたチロの行動で、オス3頭が振り回されていることも、たま〜にあるのです。

ロイはさすがに自分の目の前でやられると、チロに対して圧力をかけようと動くことがわかりました。ただ、自分があまりにも蚊帳の外に置かれてしまうと、気力が削がれてしまうのも面白かったです。
ともかく、変な争いごとにならなくて良かった!

by hana440 | 2018-04-22 22:29 | 多摩動物公園(オオカミ) | Comments(0)