今日ものんびり動物園

hanazoo.exblog.jp
ブログトップ

美虎 3長老を偲ぶ

もう年の瀬。今年も色々なことがありましたが、とりわけ、トラでは悲しいことが続いた一年で、昔からの馴染みの個体が次々と天に召されてしまいました。纏めてになりますが、そのなかでも大好きだった3頭のことを少しずつ綴ります。

今年1月4日に亡くなった、野毛山動物園のアムールトラ・メイメイ(美美、メス20歳)。
b0245634_00000615.jpg
私が幼い頃から、折りに触れて遊びに行っていた野毛山。彼女との付き合いも随分な年月になります。愛称と写真からもお分かりの通り、とても美しい顔立ちをしていたメイメイ。
b0245634_00053360.jpg
年齢を重ねても、お茶目なところは変わらず、よくこうしてブイで遊ぶ姿も見せてくれました。お肉よりもブイ、なときも多かった気がします。
b0245634_00063876.jpg
野毛山は檻があって撮影が厳しいので、訪問したほとんどの記憶は頭の中にしかありませんが、メイメイとの思い出はどこか「ふふっ」と笑ってしまう出来事がたくさんなのです。ほんとおもしろ可愛かったなあ。
b0245634_00142299.jpg
メイメイに最後に会ったのは亡くなる二ヶ月前。足取りが不安定になり、随分と下半身が汚れていたので、もしかしたらこれが最後かもしれない、と覚悟したのを覚えています。
b0245634_00170858.jpg
それでも、眼差しはとてもしっかりしていたメイメイ。最後までふんわりとした美しさは変わらずでした。できれば彼女には子孫を残してほしかったな。それだけが残念です。
長く付き合って来た動物とのお別れは、いつまでも実感が伴いませんでした。この前、横浜から移動したミンピに会いに行ってようやく、メイメイがいなくなったことを納得できた気がしました。メイメイ、20年もの長い間、本当にありがとう。

続きは折り畳みます。





旭山動物園ののんちゃん(メス21歳)が亡くなったのは11月1日。
b0245634_00332918.jpg
以前記事にもしましたが、彼女は初対面の私に対してフルル…とご挨拶をしてくれ、駆けっこに誘ってくれた初めてのトラでした。出会った当初私はまだ不勉強で、トラの「フルル」の意味が分かりませんでしたが、それでも駆けっこで遊んでもらった思い出があります。のちにそれが「トラが親しみを表す時に出す音」との意味を知って、ますますのんちゃんが大好きになりました。
b0245634_00370763.jpg
彼女とはここ10年で4回ほどしか会っていませんが、それでもやっぱり印象に残る、大好きなトラのひとりです。いつも愛らしい笑顔を向けてくれたトラのひとりでもありました。
b0245634_00391145.jpg
最後に会ったのは今年の2月、初めて雪の旭山に行ったとき。このときすでに年齢が足腰に出ているのを感じました。
b0245634_00421106.jpg
それでも雪の上で元気に寝転ぶのんちゃんを見て、とても安心したのを覚えています。
b0245634_00440883.jpg
穏やかな微笑みは変わっていませんでした。のんちゃんが雪のなかで寛ぐ姿を見て、思い切って冬の旭山に来て良かった!と何度思ったことか。
b0245634_00455034.jpg
高齢のため外に出ている時間は短かったですが、運良く会うことができてよかったです。もう旭山でのんちゃんに会えないのはとても淋しいけれど…改めてトラを好きになるきっかけをくれたのんちゃんに、心からありがとう。


師走に入った12月9日に飛び込んで来た、みさき公園のスマトラトラ、ランちゃん(メス20歳)の訃報。
b0245634_00512583.jpg
ランちゃんは以前はズーラシアで暮らしていました。ということで、彼女との付き合いも結構な年月になります。若い頃から目がくりくりで小柄でとても可愛いトラでした。
b0245634_00531794.jpg
(後ろ姿がラン)ズーラシアにいた時は同胎のトップ(オス)と一緒にいて、トップはランに頭が上がらなかった印象があります(笑)仲の良い兄妹でした。
b0245634_00565188.jpg
みさき公園に会いに行ったのは2015年のこと。横浜にいた時よりも体格が大きくなっていてビックリしました。
b0245634_00575757.jpg
緑豊かで広いみさき公園の放飼場で、のびのびと過ごしていたランちゃん。
b0245634_00585675.jpg
横浜時代はあまり見られなかった、オモチャで遊ぶ場面も見られて、とても楽しい思い出になりました。彼女には持病があったそうですが、20歳まで長生きできたのは、みさきの環境も良かったからではと推測しています。
b0245634_01012592.jpg
10月頃から食が細くなっているとzoo友さんから伺っていたので、それなりに覚悟はしていましたが、もう一度会うことが叶わず残念です。
最期はみさき公園の職員の皆さんに見送られ、旅立ったそう。訪問時に飼育員さんのお話を伺ったり、今回亡くなった時のお話を伺って、愛情いっぱいに飼育して頂いたこと、みさきに移動してよかったなと、しみじみと嬉しくなりました。
ランちゃん、20年間、本当にお疲れさまでした。ありがとうね。


今年は本当に、偉大な長老たちが亡くなっていった一年でした。とても淋しいです。
どの動物にも世代交替の波を感じながら、それでも亡くなった彼・彼女たちから感じたこと、教わったこと、大切な楽しい思い出と一緒に残していけたらいいなと思います。動物たちに感謝の気持ちを込めて。

by hana440 | 2017-12-31 01:10 | 野毛山動物園 | Comments(2)
Commented at 2017-12-31 10:58 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by hana440 at 2017-12-31 15:16
>鍵コメさま
教えて頂きありがとうございます!修正いたしました。
ご長寿の個体はいつかはと、心に留めてはいますが、今年は特にいっぺんに会えなくなってしまって、淋しい限りです(涙)