今日ものんびり動物園

hanazoo.exblog.jp
ブログトップ

いってらっしゃい、嶺花!

多摩のゴールデンターキン、嶺花(メス2歳/父は故ボウズ、母ホイ)が、和歌山のアドベンチャーワールドへ移動することになりました(公式発表)。独り立ち(お嫁入り)の門出を祝して、これまでの成長過程を少し綴っていこうと思います。
b0245634_22585440.jpg
(2014年4月)
嶺花は生後1ヶ月で一般公開されました。鶯巓以来、久しぶりに見るターキンっ仔のあまりの可愛さに、連写の指が止められませんでした(笑)
b0245634_2305069.jpg
同時期に産まれた踊巓(15年死亡)と比べて、とても活発で、チャレンジャーだった印象の嶺花です。
b0245634_2314448.jpg
ホイお母さんは初めての子育てだからか、わりとスパルタ教育だったと思います。色んな場所の岩登りに挑戦させていました。嶺花もめげずに頑張っていました。
b0245634_234493.jpg
(2014年11月)
大放飼場に出るようになり、オスの鶯巓(オウテン)と母仔で同居を始めた頃の一枚。オスから我が子を守ろうと警戒心いっぱい、動揺を見せていたホイお母さんを、静かに宥めていた嶺花。鶯巓に対して積極的に近付くことはしませんでしたが、ホイお母さんの慌てっぷりが滑稽なくらい落ち着いていました。度胸があるんだなあと感心しました。
b0245634_238495.jpg
この写真の2ヶ月前から角が生え始めましたが、直後に先端が折れてしまいました。遊んでて折っちゃったのかな?この名残は今も残っていて、嶺花は角が少し短く、先端は丸まったままです。

続きは折り畳みます。15年と16年。




b0245634_23122973.jpg
(2015年3月)
1歳になったときの嶺花。体つきがターキンらしくなってきました。鶯巓との同居が落ち着いた頃、再び小放飼場に展示されるようになりました。
b0245634_23132382.jpg
角の先が折れてしまったせいで、このあとどの向きに伸びていくのかちょっと心配でしたが、今はそれも杞憂に終わって安心しています(笑)
b0245634_23133638.jpg
(2015年9月)
この頃になると、お父さん代わりの鶯巓ともすっかり家族。角突きをして遊ぶ場面がたくさん見られました。
b0245634_23135285.jpg
鶯巓はあまり手加減をしないようで、いつも嶺花を壁まで追いつめてドヤ顔をしていることが多かったです。それでも、嶺花のほうも負けじと何度も鶯巓に挑んでいく姿が印象的でした。なかなか負けん気の強い仔に育ったのかも〜
b0245634_23141472.jpg
(2016年3月)
お隣の大放飼場で、16年2月に産まれたメイちゃんが初公開した日。赤ちゃんに沸く大放飼場の雰囲気に感化されたのか?ホイお母さんと激しく角突きをしていた嶺花。
b0245634_23143361.jpg
鶯巓との仲も変わらず良好でしたが、ホイお母さんにべた惚れの鶯巓は、嶺花が成長するにつれ、邪険にすることも多くなっていきました。発情がピークになった時期は、ホイお母さんにベタベタする鶯巓から距離を取って、嶺花がしょんぼりとふたりを眺めていた姿がありました。でも、そんな光景を眺めることで、きっといい母親へ成長するステップになったと信じています。
b0245634_2314431.jpg
(2016年9月)
身体はまだ少し小さいけれど、美しいレディに成長してきた嶺花です。
b0245634_2315116.jpg
(2016年11月)
家族3頭で、同じような姿勢で休む姿が多くなりました。この光景を、今度は嶺花自身が作った家族と、アドベンで見ることになるんでしょうね。
b0245634_23152484.jpg
こうして公開からの写真を並べてみると、本当に大きくなったなあと感慨深いです。ホイちゃんに似て可愛らしい顔なのは、今でも変わりませんね(^^)
多摩からターキンの幼年個体が移動するのは、私が通い始めてから初めてのことなので、これから嶺花がどんな暮らしになっていくのか心配もあり、期待する面もたくさんあります。
アドベンの放飼場はとても広く、周りは開けていてお隣の動物が見える環境だそう。きっと嶺花にはいい刺激になると思います。将来、いいお母さんになって、可愛い赤ちゃんを育てている様子を見てみたいです。

まずは移動が無事に済みますように。そして、嶺花が新しい家族に馴染めますように。これからも応援しています。
嶺花が展示場に出るようになったら、いつか、アドベンに会いに行こうと思います。
頑張れ、嶺花!
by hana440 | 2016-12-05 12:12 | 多摩動物公園 | Comments(4)
Commented by kazz_amemori at 2016-12-06 11:13 x
こんにちは。嶺花の角は予測以上にちゃんと伸びてくれて良かったですよね~。今回の嫁入りと合わせて感無量です。
いずれは、白浜の兄弟が多摩かズーラシア(もしくは両方)に来る事になるかとは思いますが、個人的には飼育園が増えてくれる事が切なる願いです。
まずは、嶺花の無事の到着と白浜の環境に馴染んでくれるのを願うばかりですね。
Commented by hana440 at 2016-12-06 15:19
>kazz_amemoriさん
こんにちは、コメントありがとうございます。
まだまだ成長期ですが、立派に美しく育ったので、よそへお嫁に行っちゃうのが嬉しくもあり、淋しくもありますね。
アドベンからは、今日、長男のロウくんがズーラシアへ向かっているみたいです!ターコさんが亡くなり、ヒナタが親離れして淋しかったので、これからが楽しみになりました。
嶺花もロウくんも、新たな環境に慣れて、活躍してくれることを願っています(^^)
Commented by kazz_amemori at 2016-12-07 10:31 x
ロウの情報ありがとうございます。早くズーラシアでロウに会ってみたいです。
これで、キンタツーはセミリタイアかもですね。
Commented by hana440 at 2016-12-07 15:01
>kazz_amemoriさん
そうですね〜キンタツーは横浜でのんびり過ごしてほしいです(^_^)