今日ものんびり動物園

hanazoo.exblog.jp
ブログトップ

浮き島で暮らすサルたち@熊本市動植物園

熊本市動のレポ、今回はおサルさんたち〜
b0245634_1528426.jpg
正門を入ってすぐに出迎えてくれるのが、二つの「モンキーアイランド」。こちらはクロクモザルの放飼場です。
b0245634_1529115.jpg
とても背の高いアスレチックの上〜のほうで、クモザルがブラキエーション。写真は逆光になってしまいましたが、高いところを悠々と行き来する姿は見ていて清々しいです。
b0245634_1530337.jpg
この日見かけたのは3頭くらい。円形の放飼場の周りには水モートが囲んであり、まるで浮き島にいるような感じでした。
b0245634_1532198.jpg
大雨が降っていた午後は、みんなここで雨宿り。動いている時はよく見えませんでしたが、クロクモザルって目が青いんですね。なんだか素敵!
b0245634_1781192.jpg
そしてお隣には、ワオキツネザルの放飼場。こちらも浮き島方式のようです。ワオの性質に合わせて、低めの造りで対照的。
b0245634_17122187.jpg
たくさんのワオたちが暮らしていました(^^)
b0245634_17124775.jpg
流木や東屋の他に、消防ホースで作ったアスレチックもありました。なかなか楽しそうです。
b0245634_17135977.jpg
ワオたちも、午後の大雨のときはこんな感じ…いったい何頭いるんだろう(笑)

浮き島型の放飼場に住む種がもうひとつ。続きは折り畳みます。




b0245634_17163917.jpg
熊本市動の中でも特別な施設になっている雰囲気なのが、チンパンジーの放飼場です。大きな浮き島の中に、高いアスレチックが立っていて、チンパンジーたちは獣舍からの空中回廊を通って出てくる仕組みでした。すごいなあ〜
b0245634_17192798.jpg
雨が降る中、室内と外を何度か行き来している姿を見かけました。雨だったのであまりいい写真が撮れなかったけど…
b0245634_17201212.jpg
外に出す時は、飼育員さんが色々なところにおやつを置いているようです。来園者は島の周りからぐるっと観察することができます。
b0245634_1721223.jpg
雨のそぼ降る中、おやつをつまみながらのんびりしてる個体も(^^) 水モートにかけてある橋からと、獣舍の上からも観覧できる造りなので、色々な距離からチンパンジーたちを見ることができました。
b0245634_17241529.jpg
雨が激しくなってきたので、獣舍の中へ。こことは別に「室内展示」と書かれた部屋もありました。室内にはたくさんの読み応えのある掲示がずらり!興味深かったです。
b0245634_17252462.jpg
全天候型の部屋はその名の通り、天窓になっていて雨でも明るく見やすかった〜。外と同じく縦横無尽にロープが巡ってありました。
b0245634_17274840.jpg
5頭が熊本で暮らしているそうです。類人猿の室内展示って窮屈そうに見えることが多いですが、ここは明るく広いからか、気持ちのいい環境に感じました。

熊本のおサルさんたち、次回は檻式の施設で暮らしているサルたちを〜

(2015.12)


※16年4月に起きた熊本地震の影響で、現在は熊本市動植物園は休園しています。園内の被害は甚大で、短期間での復旧は難しいようです。動物たちはみんな無事で、元気に暮らしているそうです。
熊本市動植物園のサイト(震災後も、定期的にブログが更新されています)  

日本動物園水族館協会(JAZA)では、熊本市動植物園への支援を募っています。
JAZAホームページ
また、全国の園館でも募金箱を設置しているところがあります。
by hana440 | 2016-05-27 17:37 | 熊本市動植物園 | Comments(0)