今日ものんびり動物園

hanazoo.exblog.jp
ブログトップ

小さなゾウさん、スマトラゾウ

国内では群馬サファリパークだけが飼育している、スマトラゾウ。
b0245634_11585443.jpg
オオカミたちのいる「ウォーキングサファリゾーン」から、少し車で進んだエリアにいます。昨年の6月にインドネシアからペアがやってきました。こちらはメスのイダ(9歳)。
b0245634_1205366.jpg
牙のあるほう、オスのアスワタマ(6歳)は、プールで遊んでいました。小高くなった場所にコンクリ敷きの東屋とプールがあり、ゾウたちはその周辺で暮らしているようです。
b0245634_1224269.jpg
閉園間近だったからか、2頭と職員さんたちのやり取りを見ることが出来ました。サファリカーがやってくると、何をやるのか分かっているのでしょう、向かっていく2頭。
b0245634_1241249.jpg
職員さんが声を掛けると、ちゃんと伏せます。賢いなあ〜。
b0245634_1251265.jpg
アスワタマくんは、ブラシでゴシゴシ、綺麗にしてもらっていました。擦ったとたんに土ぼこりがもわもわ〜(笑)気持ち良さそうなお顔が可愛かったです♪
車から遠目に見るので大きさが分かりませんでしたが、こうして人と並ぶと分かりますね。まだ仔ゾウというのもあるでしょうが、福山のボルネオゾウ・ふくちゃんよりも小型みたいです。
b0245634_1261191.jpg
メスのイダちゃんもブラシでゴシゴシ♪彼女は初めから寝転がってました(笑)くつろぎ過ぎ〜

続きは折り畳みます。





b0245634_1272589.jpg
綺麗にしてもらうと、職員さんが声をかけます。
b0245634_128694.jpg
「はい、立って〜」って言われたみたいです。指示棒も使っていますが、基本的に言葉で分かっているのかな。トレーニングがしっかり行き届いていますね。
b0245634_1292972.jpg
私たちが見学しているからか、わざわざ方向転換させてくれました。右の前足に指示棒をつけると
b0245634_12104524.jpg
自分で足を持ち上げて静止するイダちゃん。その間に、足の裏や爪をブラシでお手入れします。他園でよく見る足のお手入れは、柵を使って足を乗せるやり方なので、このやり方は新鮮でした。
b0245634_12124032.jpg
左前足も同じように、簡単にお手入れします。これ、ゾウたちと職員さんの息があわないと踏まれる恐れもあるし、結構危険ですよね。スムーズにできるのは素晴らしいなあ。
b0245634_12143698.jpg
終わって解放されたら、アスワタマのほうへ。ふたりとも、職員さんに褒めてもらって嬉しそうです(^^)
b0245634_12154750.jpg
「おやつちょうだーい!」「ちょうだ〜い!」そうそう、ご褒美もらわないとね〜(笑)
b0245634_12171892.jpg
逐一、職員さんの手元を確認するイダちゃん(左)、お口をあけたままのポーズで、じっと待ってるアスワタマくん、どちらも可愛かったなあ(^^)
b0245634_12213266.jpg
ふたりともおやつを貰って、また褒めてもらって、とても嬉しそうな表情をしていたのが印象的でした。こんなに職員さんとの距離が近いのは、やっぱり信頼関係がしっかりしている証ですね。
b0245634_1223132.jpg
ここらで私たちも退園口に向かわねばということで、先へ進むことにしました。これから獣舍に戻るのかな、ゆっくりと歩き出した2頭。仲も良さそうで、これからが楽しみです。
ゾウ使いさんでしょうか、外国人の職員さんお二人が、写真を撮っている際にピースをしたり、手を振ったりしてくださいましたよ〜楽しかった(笑)ありがとうございました♪

(2015.4)
by hana440 | 2015-07-07 12:34 | 群馬サファリパーク | Comments(0)