今日ものんびり動物園

hanazoo.exblog.jp
ブログトップ

駆けっこリカオン♪

ズーラシアで今年の4月下旬に新しくオープンした「アフリカのサバンナ」エリア。
b0245634_12441260.jpg
イヌ科ではリカオンがやってきました。国内では富士サファリパークでしか飼育されていなかった、非常に貴重な動物です。
b0245634_12451125.jpg
珍しく気温の低かった日、走り回るリカオンたちを見ることが出来ました。
b0245634_12453269.jpg
溌剌としてますね〜楽しそう♪
b0245634_12481319.jpg
今のところ、メインに展示されているのはこのオスとメスの2頭。ペアなのかな〜?
b0245634_1254406.jpg
何がきっかけで走り出していたのかは分かりませんが、メスが先に走って、オスが追いかけていくことが多かったです。
b0245634_12554412.jpg
オオカミと比べて、走る様子がとても軽やかです。まるで小さな馬を見ているよう。なんだか不思議な感覚でした。

続きは折り畳みます。




b0245634_12583043.jpg
一通り走り回って、少しだけ休憩…
b0245634_12585360.jpg
水場でクールダウンです♪奥の観覧スペースの目の前に水場があるので、こうしてとても近くでリカオンを観察することが出来ますよ〜
b0245634_130040.jpg
お水を飲むところもじっくり。このときは、水に口をつけてパクパクする、ちょっと変わった飲み方をしていました。オオカミのように舌で飲むこともあるかな?今後観察を重ねていきたいところです。

いつも展示されているのは同じ2頭のようなので、少しだけ個体紹介を。といっても愛称は付いてないようなので、今のところオス、メスとしか区別してませんが…。
b0245634_1323898.jpg
こちらがオス個体。全体的に黒いところが多いです。メスと比べると、顔の骨格が大きいことも分かります。
b0245634_1333884.jpg
何回か観察した感じでは、イタズラ好きで、色んなことに興味があるようです。そして一緒にいるメスが大好き(笑)
b0245634_1361372.jpg
そしてメス個体。細身で、体色は黄色い部分が多め。顔がシャープです。
b0245634_1371573.jpg
見た目はクールビューティー。オスよりも落ち着いた雰囲気ですが、一緒になって遊ぶ姿はとても可愛らしいです。彼女の方が、警戒心が若干、強いかな?
今のところ個体紹介がないのですが、愛称が付いて、顔写真とともに掲示してほしいものです。
b0245634_1313425.jpg
とても仲のいい2頭、いつもこうしてくっついて寝ています。展示場は日陰が極端に少ないので、建物の影しか休む場所がないのが心配です。
b0245634_1314254.jpg
仲良し〜♪
ズーラシアには全部で6頭導入し、ゆくゆくは繁殖を目指していくそう。大家族で暮らすこともあるリカオン、これからどんな展示になっていくのか楽しみです。

(2015.6)

ズーラシアにリカオンがやって来たことにより、都内と横浜だけでも様々なイヌ科が見られるようになりました。生態を見比べるのがますます楽しくなりそうです。
以下に主な飼育園とイヌ科の種類を並べてみました。イヌ科巡りもいいですね♪

都内
・上野動物園(タテガミオオカミ、ドール(現在非展示)
・井の頭動物園(フェネック、ホンドギツネ、ホンドタヌキ)
・多摩動物公園(タイリクオオカミ、ホンドタヌキ)
横浜
・ズーラシア(ドール、ヤブイヌ、リカオン、ホンドギツネ、ホンドタヌキ)
・野毛山動物園(ホンドタヌキ)

羅列すると、一番イヌ科がいる園はズーラシアなんですね〜。他園にいない珍しい種を飼育しているのもポイントですね。
by hana440 | 2015-06-30 13:41 | ズーラシア | Comments(0)