今日ものんびり動物園

hanazoo.exblog.jp
ブログトップ

緑の中のチーターたち@安佐

一昨年にできたばかりの、安佐のチーター放飼場。多摩からは、キキョウの息子・ギーマ(アーサー)がお婿に行きました。逆光なのと、フェンス&ガラスの放飼場なので写真は悪いですが、見てきた感想などを。
b0245634_12564279.jpg
こちらが第一放飼場を横から見たところ。来園者は三辺をぐるっと見られるようになっています。横に広くて走り回るのが楽しそうな放飼場でした。緑も鮮やか。写真の左手にはこの半分くらいの広さの第二放飼場、右の奥にガラス観覧と、室内展示(ガラス)があります。室内は小さめでした。

安佐には現在、オスメス2頭ずつ飼育されています。
b0245634_12595777.jpg
この日、室内は展示なしで第一にオス2頭メス1頭、第二にメス1頭が展示されていました。第一放飼場でわりと動いていたのはアーサー(オス3歳)。「ギーマ」という多摩で付けられた名前は改名されてしまいましたが、地元の皆さんには覚えやすい名前かも知れませんね。相変わらず、可愛らしい顔をしています。
b0245634_136130.jpg
表情もわりと明るいかな?彼は飼育員さんが大好きで、フェンス際を常同していることが多いそうです。人懐っこいのは良いんだけども…オスとしても頑張ってほしいところです。
b0245634_13103451.jpg
そしてもう一頭のオス、ジョージ(3歳)。南アフリカからやってきた個体です。ジョージ、と小さい声で呼んでみたら
b0245634_1313325.jpg
尻尾でお返事された気がしました(笑)ジョージは目の色が薄くて鋭い顔つき、とてもカッコいい個体でした♡
b0245634_13171625.jpg
南アフリカ出身だからでしょうか…、野性味を感じさせる表情をしていて肉食獣らしい感じです。

続きは折り畳みます。




b0245634_13174182.jpg
オスたちと一緒にいたのは、メスのサクラさん(4歳)。彼女はフェンス際にいたものの、来園者に背を向けていることが多くて、まともに撮れたのがこんな写真しかなく…
b0245634_13195391.jpg
彼女も可愛らしいお顔をしていました。でも、私が多摩で馴染みのあるメスのチーターたちとは随分と雰囲気が違っていて、こちらもジョージと同じく野性味のある、すごみを感じる個体でした。

安佐では、メスに繁殖相手を選ばせる、という方式をとっているんだそうです。サクラさんは今のところ、どちらかを選んでいるわけではなさそうですが、ジョージのほうが一歩リードしているみたい。
b0245634_13264986.jpg
どうも、アーサーは他の2頭に空気が読めない個、と思われているそうで…、時々イラッとしたジョージから突っ込まれているみたいです。この写真(手前がアーサー)はそれが見られた直後でした。うーん、微妙な空気…(^^;)
b0245634_1330366.jpg
アーサーはマイペースに過ごしているみたいなんですが、ジョージやサクラに対しては一定の距離をとり、少し及び腰でした。一緒にいるものの、2頭とはあまり馴染めていない様子。
b0245634_1332119.jpg
一方、ジョージは頼もしい姿を見せてくれました。放飼場の前で子供が大声で泣き喚いていたときに、真っ先に警戒しにきて、力強く威嚇。この姿には迫力がありました。サクラやアーサーはその場で固まっていました。
b0245634_1334413.jpg
この表情、カッコいいですね。雄々しさでは、ジョージのほうが数倍勝っているように思いました。この雰囲気だと、発情中のメスにも積極的に攻めていきそうな感じがします。また、彼はサクラと同じくアフリカ出身だと言うこともポイントが高そうです。
b0245634_13375781.jpg
アーサーには彼なりのいいところもあるんですが…、サクラさんがどちらを選ぶのか、興味深いですね。この試みがうまく行って、チーターの新しい血統ができることを期待しています。

b0245634_1341691.jpg
第二放飼場にいたチーコさん(メス4歳)。彼女も目つきが鋭く、ジョージのような雰囲気がありました。安佐PTAのお二方によると、チーコさんはちょっと変わった性格の個体なんだそうです(^^)
サクラさんに選ばれなかったオスが彼女と組むことになるのかな?それも含めて、これからが楽しみな安佐のチーターたちでした。

(2014.9)
by hana440 | 2015-01-18 13:50 | 安佐動物公園 | Comments(0)