今日ものんびり動物園

hanazoo.exblog.jp
ブログトップ

モカちゃん、大放飼場デビュー

今年5月に産まれたシロオリックスのモカちゃん(メス)、ずっとお母さんと小さな放飼場にいましたが、ついに群れの暮らしているサバンナの大放飼場にデビューしました。
b0245634_2214514.jpg
広い広い放飼場。モカちゃんの小ささがより際立ちます。
b0245634_223370.jpg
サバンナの同居人にも興味津々です。羽繕いしているペリカンたちを、じーっ。
b0245634_2235337.jpg
ペリカンがバサッと翼を広げたことに驚いて喜んでみたり(笑)
b0245634_2245690.jpg
何もかもが楽しいのでしょう、ご機嫌そうな口元。瞳は面白いことを探すように、くるくるとよく動いていました。かわいい♪
b0245634_22733.jpg
ペリカンたちの糞のにおいを嗅いでみたり…それはちょっとお勧めしないよ、モカちゃん。
b0245634_2275029.jpg
上空を飛んでいくサギたちを見上げるモカちゃん。楽しそうだね。
b0245634_2293619.jpg
「ほら、一人でいたら危ないでしょう」お母さんに促されて、この日の冒険はおしまいになりました。

今年はモカちゃんと、グレビーシマウマのラスク、キリンのユララとユリネ、サバンナにいる動物たちに全て子供ができ、今は一緒の放飼場で見ることができます。とても貴重な機会です。
今のところ、お転婆なモカちゃんは群れから離れて、一頭で冒険することが多いようですが、シマウマのラスクはまだまだお母さんにべったりでした。ユララやユリネはすっかり放飼場に慣れ、ユリアや他のメスたちに守られながら気ままに過ごしているみたいです。これから、子供たち同士で交流はあるのかな?観察する楽しみが、また増えました。
by hana440 | 2013-10-08 22:18 | 多摩動物公園 | Comments(0)