人気ブログランキング |

今日ものんびり動物園

hanazoo.exblog.jp
ブログトップ

ロト、ありがとう

b0245634_21472165.jpg
多摩オオカミ一家の次男のひとり、ロト(オス・当時11歳)が胃捻転のため、19年4月3日に急逝しました(公式発表)。一報からずいぶんと時間が経ってしまいましたが、新盆を迎えたので、改めてここに記しておきます。

b0245634_21483191.jpg
大放飼場で弟のロキ(現在11歳)とともに、2頭で過ごしていたロト。ここ数年、きょうだいの中では一番遠吠えをしたがる個体でもあったので、日に何度か、ロキと、あるいは独りで遠吠えをしている姿を見かけた方も多かったのではないでしょうか。

b0245634_21512619.jpg
弟のロキとは最後まで良好な関係を築いていました。旧獣舎の時からとてもウマの合う様子で、過去にはふたりで共闘し、群れの2位だったロイに歯向かったこともありました。

b0245634_21530147.jpg
ロト自身はずっと群れの中位にいたせいか、特に好戦的になる様子もなく、また上位になりたいという野心も強くなさそうで、きょうだいの中では欲のない個体だったと思っています。ロイ・チロと4頭群れだった頃はオスの中では最下位で、たびたび起こるロイとロキの諍いを諌める役割を担っていました。
ロキと2頭になってからはどちらが序列の上か曖昧な期間が続き、日によって上下が入れ替わっていたように推察されましたが、ロトは殊更に自分の序列を主張する個体ではなく、ロキとはのんびりと平和に暮らしていました。

b0245634_22014804.jpg
群れの中ではあまり目立たなかった彼ですが、日常の中で個性を発揮する個体でもありました。特に良く見られたのが、このニオイ付け!昔からあらゆるニオイにとても敏感で、放飼場で何かを見つけてはスリスリ、ゴロゴロする姿が印象的でした。私は密かにロトをニオイフェチと呼んでいました(笑)彼のお眼鏡にかなったものは、骨、肉のかけら、ウンチ、昆虫、ミミズ、雑草、枝…はたまた飛んで来たゴミ(人工物)まで、多岐にわたります。オオカミがどんなもののどんなニオイに興味を持つのか、たくさんの答えを導き出してくれました。
また、きょうだいの中では底なしの体力を誇る個体でもありました。一度走り出すとなかなか止まりません。きょうだいたちと鬼ごっこになると、相手が諦めるまで走り回っていたこともありました。
晩年はあまりはしゃぐ場面は見られませんでしたが、その体力と引き締まった身体を見ていれば、園の訃報で「獣医泣かせではない元気な個体」と言われたことも納得。私も、何も起こらなかったら一番長生きするのでは…と思っていたのです。

b0245634_22131174.jpg
胃捻転は大型犬がなりやすい病気で、給餌をきっかけに急に発症する事例も多いそう。
ロトも4月2日の給餌後すぐに異変が起き、その場に副担当さんがいらしたため、すぐに開腹手術になったそうです。早急に対処して頂けたとのことで、ロトの苦痛は最短の時間で済んだのだと思います。その日は手術後、ロトが麻酔から目覚めるのを待って帰宅されたそうですが、翌朝、獣医さんが出勤した時には亡くなっていたとのこと…。
胃捻転は一度起きると、助かるのが難しいとも聞いています。術後に覚醒できたロトは、すごく頑張ったんだなと思います。

b0245634_22304050.jpg
私がロトに最後に会ったのは、亡くなる3日前。閉園の音楽が鳴り、帰る前に撮った最後のショットです。いつも帰り際に「またね」と念を送ると、必ずチラッと視線をくれるロト。この日も同じようにしてくれました。もう会えなくなるなんて、思いもしなかった。
訃報を聞いた時は突然のことで、受け入れるのに時間がかかりました。未だにすごく淋しいけれど…いまは、彼が天国で安らかにあることを祈ります。
ロト、本当にありがとう。できればもっともっと活き活きとした君を見ていたかった。ロトが教えてくれた色々な知見を、これからも大切にしていくからね。

(写真は緑の景色=18年8月、それ以外は19年内)

b0245634_22292014.jpg
これは19年8月、お盆の放飼場。今年も緑が青々と茂って、酷暑でも過ごしやすそうです。
今年は亡くなったマロ・チロ・リロ、そしてロトの新盆。この1年で、4頭のきょうだいが亡くなり、淋しい限りです。ロボやモロ、そして亡くなった兄姉たちと一緒に、多摩に帰ってきてるといいな。
改めて、亡くなった個体と、いま多摩で暮らし続けているオオカミたちに、感謝の気持ちを伝える夏になりました。


# by hana440 | 2019-08-18 22:43 | 多摩動物公園(オオカミ) | Comments(0)

リロに敢闘賞を

19年2月5日、多摩オオカミ末っ子の一頭、リロが多臓器不全で死亡しました(公式発表)。
b0245634_22200246.jpg
とってもお転婆で明るくて遊び好き。家族の中で一番小さかったのに、いつもエネルギッシュな行動を見せてくれたリロ。群れの中では常に上位に居続け、強い権威を発揮していた個体でもありました。群れの中の彼女を観察するのはとても楽しかったです。
b0245634_22305841.jpg
きょうだいの中で一番最初に糖尿病を発症して、闘病すること4年あまり…。食事療法しか手立てがなかったのに、長い間本当に本当に、よく頑張ったなと思います。
b0245634_22332885.jpg
群れを離れてからは、同胎のネロと一緒に小放飼場で暮らしてきました。失明してから出るようになった小放飼場ですが、運動神経の良いリロはあっという間に地形に慣れて、どこにでもスイスイと行けるようになりました。リロが室内外で不自由なく過ごせていたのは、一緒にいたネロの補助もあったようです。
b0245634_22370438.jpg
ネロはリロと一緒の期間が長かったため、介護的な役割をしている場面がたくさん観察されました。ネロは亡くなる直前までリロを労り、自分のパートナーと想っていたようです。
b0245634_22441860.jpg
昨年立て続けにマロ、チロが亡くなり、闘病している個体はリロだけになりました。今年の年始に訪問した時に、いつも通り放飼場に出て寛いでいるリロの様子を見て「まだもう少し、会える時間があるかな」と思っていたのですが…残念です。
b0245634_22553215.jpg
亡くなる前週は飛び跳ねて給餌を待つほど食欲もあり、檻越しにアピールしてくるメロを威圧するなど、本当にいつも通りのリロの様子を見ることができました。
b0245634_22573184.jpg
私がリロに最後に会えたのは亡くなる三日前。トンネルの中でお休み中のところをパチリ。これが最後の写真になってしまいました。粘って顔を撮っておけば良かったな…。この日の様子も、いつも通りのリロに見えました。
b0245634_22462456.jpg
亡くなる3日前くらいから療養食のドッグフードを口にしなくなったものの、馬肉と鶏頭は定量平らげていたそう。当日の朝、リロが動けなくなっており、色々と準備をしている間に眠るように亡くなっていたとのこと…。亡くなる前日も元気に夕飯を完食していたので、担当さんもこんなに早く亡くなるとは思っていなかったそうです。
お話を伺って、弱気な様子を見せることなく最期を迎えたリロは、最期まで、「強い」リロらしかったんだなと感動しました。
b0245634_22595816.jpg
リロ、長い間本当に、本当にありがとう。よく頑張ったね。病気になっても変わらず、お転婆で強気で可愛いリロが大好きでした。
亡くなるまでずっと戦い続けたリロに敢闘賞をあげたいです。賞金は、大好きな馬肉好きなだけ、がいいかな(^^)
発症を聞いてからずっと覚悟はしてきてて、でも淋しいことに変わりはないですけども、それよりも、リロが生きているうちにもっともっと感謝を伝えておけば良かったと後悔しています。
今までありがとう。どうか、安らかに…。向こうでも走り回ってる姿を、こっそり眺められたら嬉しいな。

(写真は全て2018年10月〜2019年2月までのものです)

# by hana440 | 2019-02-17 23:17 | 多摩動物公園(オオカミ) | Comments(0)