今日ものんびり動物園

hanazoo.exblog.jp
ブログトップ

タグ:訃報 ( 33 ) タグの人気記事

麗しき東山の母、ソニア

東山動植物園のシンリンオオカミ、ソニア(メス8歳)が、乳腺腫瘍で3月22日に亡くなりました(公式発表)。追悼の意味を込めて、今まで私が撮ったソニアの写真を並べます。再掲もありますがご了承ください。

私が初めてソニアに会いにいったのは2010年の春、マイケル・ティト・ジャネットの子育て中のことでした。オオカミに興味を持ってから、初めて仔狼を見に行ったのが東山。残念ながら、当時の写真データは消失してしまったのですが(涙)、とても落ち着いた、赤ちゃんたちのあしらいのうまいクールなお母さんといった印象でした。
b0245634_1726272.jpg
(以下2011年撮影)MTJの翌年にはゲンキ・ヒカル・ノゾミが生まれ、訪問した当時は、母子で旧獣舎の小さいほうにいたソニアと3兄妹。
b0245634_1730159.jpg
前年よりもさらに余裕のある雰囲気で、あまり仔狼と遊ぶような場面は見られず、優しく見守るように休んでいました。
b0245634_17432795.jpg
(以下2012年撮影)12年4月には、北園に今の新獣舎がオープンし、広い芝生の上で楽しそうに寛ぐソニアがいました。
b0245634_17451237.jpg
新しい放飼場が快適なのか、以前よりもウキウキとした雰囲気ではしゃぎ回る家族の様子を見ることができました。理知的でクールな印象だったソニアも、自分からジャックにじゃれつき、子供たちをレスリングに誘うなど、今までとは違う可愛らしい一面を見せてくれました♪ 彼女の無邪気な表情を見たのは初めてで嬉しかったです。
b0245634_1749185.jpg
家族での遠吠えでは、真っすぐ上に顎を上げ、綺麗な姿勢で長く吠えていたのが印象的でした。

13年以降は折り畳みます。

群れを離れて
by hana440 | 2017-03-26 21:46 | 東山動植物園 | Comments(0)

ミロ、波瀾万丈の狼生 4(2015〜2016年11月まで)

前々前回から続くミロのオオカミ生、最期までの2年間を振り返ります。
14末〜15年にかけての繁殖期は、メス同士の闘争が再び激化し、アルファが存在しない影響で大怪我を負う個体が増えました。そのため、次々と群れのメンバーが入れ替わりました。
b0245634_15112321.jpg
(以下2015年撮影)
15年初は、一番の味方だったリロと、積極的にミロを威圧していたチロが怪我をして隔離になり、ミロとメロのメス2頭・オス4頭の群れで展示されていました。メロはもともと中位が長く、好戦的ではなかったため、彼女と一緒の時期は序列確認のみで激しい闘争に発展することはありませんでした。その点では、このグループ分けのときまでが、弟妹と一緒にいる比較的穏やかな時期だったと思います。
b0245634_15144734.jpg
ところが、2月の中旬からメロと入れ替わりにチロが合流すると、雰囲気は一変。チロは1位のロイとともに、頻繁にミロを追いつめるようになります。
b0245634_15164984.jpg
それでも春くらいまでは外で休んでいたミロ。トンネルは同じく下位のセロが逃げ込む場所でもあったので、ミロが寝る場所はガラス面の角のほうと決めていたようです。これは担当さんが入れてくれたオモチャを楽しんでいるところ。このときは少し余裕もあったようでした。ただ仲間同士の遠吠えに積極的に加わる様子はなく、いつも上位からは離れた位置にいて、他個体とコミュニケーションをとることはありませんでした。
b0245634_15205634.jpg
余談ですが、この冬のミロがオオカミ生いち、おデブだった時期でした。冬毛だけでモコモコしてるのではなく、お腹の辺りが明らかにポッコリ。このあと糖尿病を患うことも予想できる体型ではありました。
ただ、病気の要因は給餌が原因ではないことが後々判明しましたので、それは後述します。

b0245634_15255764.jpg
繁殖期が終わるにつれてミロへの攻撃が沈静化するかと思っていましたが、逆にオス個体が加わったことにより激しさを増していきます。収容間際になると、必ずと言っていいほどシュート前で上位がミロを攻撃する様子が見られるようになりました。
b0245634_15282240.jpg
早春以降は、ミロは再び複雑な表情を浮かべるようになり、上位個体を恐れてトンネルの中で過ごす時間が多くなっていきました。また攻撃により、過去に負った頭の怪我が再び裂けてしまったり、新たに負傷することにもなりました。5月には決定的な大怪我を負ったため、ミロは弟妹から隔離されることになりました。

ここまで振り返った5年間、ほとんどをオメガとして虐げられて来たミロ。やっとやっと、その役目から解放されました。ここから晩年までは、のんびりと余生を過ごすことになります。
長くなります。続きは折り畳みます。

いつも穏やかな表情だった
by hana440 | 2016-12-31 17:56 | 多摩動物公園(オオカミ) | Comments(0)

ミロ、波瀾万丈の狼生 3(2013・新獣舎時代〜2014年)

前々回から、ミロのオオカミ生を振り返る記事の続きです。
2013年の4月下旬に、待望の新獣舎が「アジアの平原」エリアとして公開になりました。ロボ一家は全頭が、今までの倍以上の広さがある大放飼場に展示されることになります。

引っ越し前、まだ繁殖期が終わっていないまま、弱いオメガの状態で移動を経験することになったミロ。4月中旬に放飼練習を開始するまでは、家族とともに、狭い獣舎の中で過ごしていました。
b0245634_13104688.jpg
(以下2013年撮影)
おそらくまた激しい闘争があったのでしょう。新放飼場で出会ったミロの姿は、無事だった左耳が折れ、再び頭部を怪我した痛々しい状態でした。新しい放飼場を満喫する家族を尻目に、ほとんどの時間をトンネルの中で過ごしていました。繁殖期が完全に終わる初夏までは、こうしてトンネルを中心にした生活をしていたと思います。
b0245634_13142490.jpg
初夏になると頭の怪我も回復し、徐々に外で過ごす姿が見られるようになりました。
b0245634_1315156.jpg
家族みんなでパトロール。ミロは後ろのほうに加わっています。
b0245634_13175133.jpg
笑顔の写真もたくさん撮れていて、選ぶのが大変でした(笑)

長くなります。続きは折り畳みます。

穏やかな二年間
by hana440 | 2016-12-31 14:13 | 多摩動物公園(オオカミ) | Comments(0)

ミロ、波瀾万丈の狼生 2(2012〜2013年・旧獣舎時代)

前回からの続きで、ミロのオオカミ生を振り返ります。
b0245634_20111627.jpg
(以下2012年撮影)
ミロがオメガの地位にまで落ちてしまったのは、2012年の1月に起こった、繁殖期のメス同士の序列闘争がきっかけだったと思われます。
b0245634_2012473.jpg
前年の秋にオメガになったマロとは、最下位を巡って牽制し合う関係になりました。ここでミロはおそらく、マロの容量の良さや気の強さに負けてしまったんだろうなと推測しています。ここから長い長いオメガ生活が続くことになりました。
b0245634_20134663.jpg
家族みんなで挨拶合戦が始まったときに、少し離れたところから見ているだけで加わらないことも多くなりました。この頃は自立心が高まってきて、独り立ちしたいという意志の現れでもあったようです。その態度が弟妹の反感を買い、オメガへの転落を加速させた要因にもなりました。
b0245634_20191457.jpg
12年始はメス同士の闘争がとても激しく、ミロ(黄矢印)はメス個体だけでなく上位の弟たちからも集団で攻撃されることがありました。そんな中、メス上位の末妹・リロ(赤矢印)だけは、ミロを攻撃するメス個体を牽制し、守るような行動をとっていました。
これは今回、改めて過去の写真を見返していたときに発見できた事項です。ロボ一家が現在のようなグループ分けになる直前、リロはミロの味方をしていましたが、それはもう随分と昔から続いていたことだったようです。あまり交流はないふたりでしたけど、リロはミロのことをずっと想っていたのだなと分かり、嬉しくなりました。

続きは折り畳みます。

まだ家族の交流はあった
by hana440 | 2016-12-30 21:09 | 多摩動物公園(オオカミ) | Comments(0)

ミロ、波瀾万丈の狼生 1(2010〜2011年)

b0245634_17213014.jpg
16年11月に亡くなった多摩オオカミ一家の長女・ミロ(享年11歳)。追悼の意味を込めて、彼女のオオカミ生を振り返ってみたいと思います。
まずは旧獣舎時代の、2010年から2011年末まで。
b0245634_17234984.jpg
(以下2010年撮影)
コンデジ撮影分の2008〜2010年の秋ぐらいまでの写真は見つからず…。かろうじて見つけたこの写真、ミロは中断の左から2番目の個体です。みんな、若いですね〜
この頃私は個体識別ができていなかったので、ミロはzoo友さんに「良きお姉さん個体」と教えて頂きました。
b0245634_172645.jpg
確かに今当時の写真を掘り返してみると、メス同士の諍いを仲裁したり、母モロの補佐的な役割を担っていました。モロのようにガウガウと激しく叱る場面はあまり見られず、穏やかな対応をしていたため、印象に残る個体ではなかった記憶があります。それ故か、私が識別できるようになったのは消去法で最後のほうでした。

長くなります。2011年以降は折り畳みます。

下位に転落、そしてオメガへ
by hana440 | 2016-12-30 17:56 | 多摩動物公園(オオカミ) | Comments(0)

ミロ姉、ありがとう。

11月5日、多摩のオオカミ兄弟の長女・ミロ(11歳)が亡くなりました。
b0245634_1657144.jpg
ここ1年くらいはずっと体調を崩しており、その日その日の調子を見ながら放飼場に出している状態でした。
b0245634_171762.jpg
暑い夏の間は放飼場には出さず、空調のきいた獣舎で過ごしていたミロ。9月の中旬に体調が悪化して、動物病院に入院していました。
b0245634_16583029.jpg
昨年から少しずつ、目や足腰が衰えていって、障害物の多い放飼場での暮らしは大変そうでしたが、それでも苛つくことなく穏やかな表情を浮かべていたのが印象的でした。病院での治療も、抵抗することなく、大人しく受け入れていたそうです。モロ母ちゃん譲りの、本当に賢い個体だったなと思います。
b0245634_178561.jpg
ここ数ヶ月は一進一退の様子で、こちらも応援するのが辛いくらいでした。頑張るミロを、ただ見守るしかできませんでした。
ミロ、やっと開放されたね…本当にお疲れさまでした。ありがとう。でも、とてもとても淋しいです。

気持ちが落ち着いたら、改めてミロのオオカミ生を振り返りたいと思います。ひとまずお知らせまで。

(写真は全て16年中のものです)
by hana440 | 2016-11-06 17:23 | 多摩動物公園(オオカミ) | Comments(2)

好々爺のコタロウさん

私にとって浜松の長老といえば、ジャガーのコタロウさん。今年の8月8日、20歳の誕生日に天国へと旅立ちました(公式発表)。追悼の思いを込めて、訪問した日の様子を綴ります。
b0245634_1718344.jpg
この日はほとんどの時間をメイの前で過ごしていたので、2件隣のコタロウさんもちょこちょこと覗いてみましたが、一日を通してのんびりとお休み中の時間が多かったです。
b0245634_17194557.jpg
毎年この時期はコタロウさんの放飼場に菜の花が咲いています。彼と菜の花を一緒に撮るのも楽しみの一つでした。

続きは折り畳みます。

お転婆っ仔を観察
by hana440 | 2016-09-04 17:55 | 浜松市動物園 | Comments(0)

シマオたちの引っ越し、別れ、新しい命

ちょっと前ですが、2015年12月末から、16年2月中旬までのシマオイワワラビーたちを。
b0245634_2032275.jpg
12月末、トラ舎横を登ったところにある放飼場は、ガラーンとして何もいませんでした。シマオたち、どこに行ったのかな?と道なりに進むと…
b0245634_20341924.jpg
あっ、いたいた!パルマワラビーたちのおうちに引っ越したみたいでした。
b0245634_2035109.jpg
とはいえパルマたちと同居していたわけではなく、今までのパルマの放飼場を横に分けて、一方をシマオ放飼場、もう一方をパルマとカササギガンの放飼場としたようです。イワ(岩)ワラビーなのに、登る場所のない放飼場になってしまいましたね…。
b0245634_2038891.jpg
この場所は陽当たりがいいのが利点でしょうか。3頭、ここで思い思いに寛いでいました。左から、ロミちゃん、センくん、むすめちゃん。
b0245634_2039205.jpg
ロミちゃんはこの日、しきりに袋の中を舐めていました。どうやら、ひびき動物ワールドから授かってきた、新しい命が宿っていたみたいです。
b0245634_20395737.jpg
こうして大胆に寝そべったりしてましたが、まだ小さいのか、袋の中が見えることはありませんでした。メスがこうして袋を干しているの、ちょっと面白いですね。

続きは折り畳みます。新居での様子などと、ちょっと重めの内容です。

どうして?ばかり…
by hana440 | 2016-07-17 22:10 | 多摩動物公園 | Comments(4)

お疲れさま、サーシャ

多摩動物公園のモウコノウマ、サーシャ(メス24歳)が7月7日に亡くなったそうです。
b0245634_224957.jpg
彼女もまた、私が敬愛する多摩の長老のひとりでした。晩年は蹄葉炎を患い、長い間ずっと闘病してきました。
少しですが、亡くなるまでの写真を並べてみます。
b0245634_22513488.jpg
(2012年9月撮影)
ハーンが一歳を過ぎた頃から、あまり構わなくなったサーシャ。何となく蹄を気にするそぶりが写っていました。このときにはもう蹄葉炎に罹っていたのですね…。
b0245634_22555836.jpg
(2013年2月撮影)
日中会いにいくと、放飼場でひとり遊び回るハーンがいる一方で、サーシャはこうして獣舎の入り口でじっと立っている時間が多くなっていました。
b0245634_22583062.jpg
20歳を過ぎ、高齢での出産と子育てで疲れていたのもあったと思います。ときどきハーンが構って欲しそうに身体をぶつけますが、押されるまま、あまり反応しないときのほうが多かったです。
b0245634_2304812.jpg
(2013年6月撮影)
有り余るパワーを発散するあまり、サーシャに力一杯挑んでいたやんちゃ盛りのハーンですが、母親の元気がないのは分かっているのか、たまに気を使っている場面も見られました。サーシャの鬣がぽっかりとなくなってしまったのは、ハーンが遊び半分に齧ってしまったからではないかと(苦笑)

続きは折り畳みます。

本当にお疲れさま
by hana440 | 2016-07-12 23:42 | 多摩動物公園 | Comments(2)

ターキンっ仔・踊巓、1歳9ヶ月の成長記録 2

前回からの続き。踊巓の成長記録、2015年3月から亡くなるちょっと前までです。
b0245634_2143699.jpg
(2015年3月撮影)
1歳を迎える3月、放飼場が右の広い方になりました。もちろん、オーキお母さんも一緒ですが…
b0245634_21455070.jpg
なんとそこには、テンお父さんも同居。踊巓はテンお父さんに興味津々のようでしたが、しつこいと追い払われるのが分かっているので、初めは控えめで謙虚な態度だったように記憶しています。
テンお父さんも最初はぎくしゃくした様子でしたが、時間が経つうちに馴染んでいきました(参照記事)。
b0245634_2149679.jpg
(2015年5月撮影)
春の終わり頃には冬毛がなくなり、体つきがターキンらしくなって来たのが分かりました。
b0245634_2150665.jpg
角は根元のほうが太く成長してきました。
余談ですが、6月頃から裏で暮らしていた風華(メス11歳)が同居するようになり、大放飼場は親子+風華で4頭と、賑やかな構成になりました。踊巓は風華に興味がある様子だったものの、近づくと風華が怒る&オーキお母さんが心配するため、その後は一定の距離を保っていたように思います。
b0245634_21512134.jpg
(2015年7月撮影)
上下で比べると分かりやすいですね。この頃には、根元がカーブする準備に入っているのが分かります。顔つきも鼻が長くなって、だんだんと大人っぽくなってきました。

続きは折り畳みます。

成長を見届けたかった
by hana440 | 2015-12-29 23:14 | 多摩動物公園 | Comments(2)