今日ものんびり動物園

hanazoo.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 09月 ( 10 )   > この月の画像一覧

ネロの寝姿 2

閑話休題。多摩オオカミ一家の(自称)王子様・ネロの可愛い寝姿を拝見〜
b0245634_11101424.jpg
寝ながら前足ペロペロ…
b0245634_11103346.jpg
そして顔を洗います(笑)猫みたい…
b0245634_11105527.jpg
今度は反対の前足もペロペロして
b0245634_11112247.jpg
両前足で顔をぎゅっぎゅっ♡多摩のオオカミたちは、寝ながらこれをやることが多いです。可愛いなあ
b0245634_11121753.jpg
「あっ…見られてた」
b0245634_11124463.jpg
視線を感じた途端に、慌てて身体を起こすネロ。
b0245634_11131334.jpg
「ほら僕、キレイになったでしょ?可愛くない?」
…人が見ていると、必ずきゃるん♪とした顔を作るネロなのです…(笑)ここで「可愛いね」と言うと、調子に乗ってずっと可愛い顔や仕草をし続けたり、前に出てきてガシガシ始めることもあり、彼は人を惹き付けるのがうまいなあ、と感じます。これは賢さなのか、それとも…?

室内でのネロの寝姿、シリーズ化すると誓ったのに、未だ第二弾(苦笑)ストックはいっぱいありますので、忘れた頃にまた。

(2015.9)
by hana440 | 2016-09-30 11:19 | 多摩動物公園(オオカミ) | Comments(0)

東山のオオカミたち・16年春 マイケル&ヒカル&ゲンキ編 2

前回からの続き〜この記事ではヒカルとゲンキの関係を。
b0245634_17595761.jpg
私が見ている時間だけでも、ずーっとじゃれあっていたふたり。
b0245634_1804649.jpg
ヒカルが示威行動をすることもありましたが、見ている限りでは2頭の順位ははっきりせず…。
b0245634_1815279.jpg
順位がよくわからないのは、ゲンキからの示威行動と思われる場面もあったから。ゲンキから挨拶をしたあと…
b0245634_182348.jpg
急に尻尾が上がりました。ヒカルが唇をめくって応えているので…、もしかしたらこの2頭の間ではどっちが上か下か、はハッキリしていないのかもしれません。
b0245634_1844384.jpg
ゲンキのほうから尾を上げて行く時は短時間で終わってしまい、その後は多少不穏な空気を残しつつ戯れ合いになってしまうのがパターン化していました。

続きは折り畳みます。結論は、どこまでも仲のいいふたり(笑)

じゃれじゃれ
by hana440 | 2016-09-27 18:41 | 東山動植物園 | Comments(0)

東山のオオカミたち・16年春 マイケル&ヒカル&ゲンキ編 1

春の東山訪問、オオカミたちのレポ続きです。
b0245634_21492742.jpg
中央の放飼場には、マイケル(6歳)・ヒカル・ゲンキ(共に5歳)のオス兄弟組がいました。
b0245634_21495786.jpg
変わらず黒いマイケル。訪問する少し前にグループ内で諍いがあったらしく、左目の上に傷がありました。現在はこの傷はなくなったようなので、深手ではなかったようです。
b0245634_21515669.jpg
可愛い顔のヒカル。彼も闘争なのか、左目の際に傷がついていましたが、眼球自体には怪我はなかったみたいで一安心。
b0245634_21534787.jpg
昨年より白いところが増えたかな?のゲンキ。彼は特に怪我のあとなどもなく、3頭の中で一番余裕のある雰囲気でした。

観察していた時間内だけでも、この兄弟の関係性が分かる場面をいくつか見ることができました。檻抜きが厳しいため、ピンぼけ写真を多用しますがご了承ください。

続きは折り畳みます。まずは3頭とマイケルを中心に。

マイケルは最下位
by hana440 | 2016-09-25 22:34 | 東山動植物園 | Comments(0)

東山のオオカミたち・16年春 ティト&ノゾミ編

浜松に続き、春先に訪問した東山のレポをゆるゆると綴っていきます。まずはオオカミたちを(昨年の記事はこちら)。
例によってガラスの反射やフェンスでお見苦しい写真が多いですが、心の目で消してやってください〜
b0245634_2231586.jpg
この日、新獣舎のメインに出ていたのはティト(オス6歳)とノゾミ(メス5歳)。ティト、昨年よりももっさり度合いが減ってる気がする…!
b0245634_22332057.jpg
ノゾミは昨年と比べると雰囲気が明るくなった印象でした。
b0245634_22341571.jpg
朝イチだったからか、それともメインに出た時はいつもなのか、放飼場の端から端まで楽しそうに走っていたノゾミ。
b0245634_22354436.jpg
ときどきティトに戯れつきます。元気娘なのは変わりないみたいですね♪
b0245634_22371134.jpg
昨年はノゾミからの遊びの誘いにも応じる様子がなかったティトでしたが…
b0245634_22383428.jpg
なんと、追いかけっこになっていました!2頭で楽しそうに朝の放飼場を駆け回ります。
2頭とも表情が明るくなったのは、関係に変化があったからなんでしょうね〜

続きは折り畳みます。

隣に頼らなくなったノゾミ
by hana440 | 2016-09-19 23:07 | 東山動植物園 | Comments(0)

スマトラっ仔、ダマイとミンピ 16

秋も深まって来た10月最後の日、もうすぐ1歳3ヶ月になるダマイとミンピ。この日はミンピがモートで泳いでいる?姿を見ることができました。
b0245634_22133742.jpg
ズーラシアのスマトラトラ展示場は陸地も広いですが、園路と隔てるための水モートも広さがあります。園路に近いところはとても深くなっているようです。
この日、ダマイとミンピはいつも通りの関係でしたが…
b0245634_22153747.jpg
デルお母さんは、やはりダマイ贔屓になっているようで、彼女に寄り添う時間が多かったです。
b0245634_221718.jpg
一人で離れていることが多いミンピ。おもむろに川の下流に佇むと…
b0245634_22174374.jpg
突然、じゃぼーんと深いところへ。

続きは折り畳みます。

泳いだのかな?
by hana440 | 2016-09-15 22:39 | ズーラシア | Comments(2)

キリンの恋の駆け引き

飛び石で続いている浜松市動物園のレポ。四番目に初めましてだったのが、昨年の9月に誕生したキリンの赤ちゃん・ゴロウマルくん(オス8ヶ月)でした。誕生直後から公式ブログで可愛らしい様子を拝見していて、会えるのを楽しみにしていました。
b0245634_151251.jpg
放飼場へ向かうと、手前のサブスペースに人集りができていて、ゴロウマルくんが近くに来ていました。
b0245634_1515796.jpg
このときはひとりでサブにおり、少々つまらなそうにしておりました。淋しいからなのか、人に興味津々。可愛いなあ♪
ゴロウマルくんがひとりでサブにいた理由は…
b0245634_1532847.jpg
両親であるリョウくんと紫雲ちゃんが、ペアリングをしていたから。ゴロウマルくんをミニサファリで見られなかったのは残念でしたが、今までなかなか見る機会がなかったキリンの恋の駆け引きを、しばらく観察することができました。

続きは折り畳みます。

紫雲ちゃん、小悪魔〜
by hana440 | 2016-09-10 15:30 | 浜松市動物園 | Comments(0)

一瞬で収納!シマオの赤ちゃん

3月に入った頃の多摩のシマオイワワラビーたちの様子です。
前回の記事で、ロミ(メス)の袋から少しだけ顔を見せてくれた赤ちゃんですが、3月に入ると、袋から出ている姿がちらほら目撃されるようになりました。
b0245634_1741167.jpg
春の初めは未だ肌寒い気温でしたが、シマオ舍は日当りがいいので過ごしやすそう。
b0245634_17414373.jpg
ロミちゃんも日向ぼっこをしながら、ウトウト…。よく見ると、お腹の袋から、赤ちゃんの耳がはみ出ています。随分大きくなったようですね♪
b0245634_17425530.jpg
オスのセンくんも、少し離れたところで毛繕い中。私もしばらくここで日向ぼっこをしながら、赤ちゃんが出てくるのを待つことにしました。

しばらくすると、袋の口を緩めたのか、赤ちゃんの顔を見ることができました。続きは折り畳みます。

手品のよう
by hana440 | 2016-09-08 18:01 | 多摩動物公園 | Comments(0)

マーキングの癖(2016/2/13)

今年の冬の繁殖期はほとんどエピソードのない、穏やかな多摩のオオカミ舍。
b0245634_12174919.jpg
冬毛でモコモコのネロ(オス7歳)です。ちょっとタヌキちっく(笑)この日、彼を観察していて気が付いたことと、動きが見られた個体の様子を少し。
b0245634_1219506.jpg
乾燥しているので喉が渇くのか、何度も水場と屋上を往復する姿が見られました。第二放飼場の水場はガラスの目の前にあるので…
b0245634_12205922.jpg
タイミング次第ではものすごく近くで見られます。
b0245634_12214918.jpg
オオカミやイヌは、人間とは違う舌の動きができます。水の飲み方も、舌で掬い上げる方式とはちょっと違うので、どうなっているのか観察する絶好のチャンスなのです。いつ見ても「器用だな〜」と感心してしまいます。
b0245634_12244100.jpg
どアップも撮り放題♪ ネロは人に興味があるので、目線をくれることもしばしば。
実際の水の飲み方は、ぜひ現地で観察してみてくださいね。

第二放飼場に出ている間に何度か水を飲みにきたネロですが、このあと必ずしていたのが
b0245634_12273918.jpg
この岩へのマーキング。稀に、尿が出ていないことも(笑)どうやら水飲みとセットのルーティンになっているようでした。
マーキングをしている場所は個体によって大体決まっていますが、こんなふうに他の行動と結びつけていることはあるのかな?


続きは折り畳みます。その他の個体の目立った動きなど。

遠吠えのタイミングが違う
by hana440 | 2016-09-06 12:50 | 多摩動物公園(オオカミ) | Comments(0)

好々爺のコタロウさん

私にとって浜松の長老といえば、ジャガーのコタロウさん。今年の8月8日、20歳の誕生日に天国へと旅立ちました(公式発表)。追悼の思いを込めて、訪問した日の様子を綴ります。
b0245634_1718344.jpg
この日はほとんどの時間をメイの前で過ごしていたので、2件隣のコタロウさんもちょこちょこと覗いてみましたが、一日を通してのんびりとお休み中の時間が多かったです。
b0245634_17194557.jpg
毎年この時期はコタロウさんの放飼場に菜の花が咲いています。彼と菜の花を一緒に撮るのも楽しみの一つでした。

続きは折り畳みます。

お転婆っ仔を観察
by hana440 | 2016-09-04 17:55 | 浜松市動物園 | Comments(0)

カピバラのピピとララ

春の浜松市動物園での新しい出会い、三番目はカピバラのペアでした。
b0245634_12141145.jpg
昨年までマーラを飼育していた放飼場を改修し、新しくいしかわ動物園からやってきたそうです。交換でマーラたちがいしかわへ行ったそう。
b0245634_12153342.jpg
プールが新設されていました。放飼場はちょっと狭いですが、暖かい地域の動物園にカピバラがいるのはなんだかいいなあ(^^)
b0245634_12165817.jpg
この時はペアの名前を募集していましたが、オスがピピ、メスがララと決まったようです。可愛い名前ですね。2頭は来園したばかりだったためか、付かず離れずで行動していて、人が集まってくると緊張したような面持ちでした。
b0245634_12191832.jpg
オオカミやネコ科のいる中獣舍の隣だったため、ちょこちょこと覗いてみましたが、あまり動きは見られず…プールに入る時間も排泄の時だけだったようです。

午後になって、飼育員さんが様子を見にきました。続きは折り畳みます。

触って健康チェック
by hana440 | 2016-09-02 12:39 | 浜松市動物園 | Comments(0)