「ほっ」と。キャンペーン

今日ものんびり動物園

hanazoo.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 02月 ( 12 )   > この月の画像一覧

ジャガーのシズカさん@大牟田市動物園

b0245634_12323255.jpg
ゆるゆると続く冬の九州遠征レポ、ひびき動物ワールドの翌日は、福岡の大牟田市動物園へ。小さな山の上にある動物園でした。
b0245634_12325517.jpg
入園口にある看板(笑)下のほうにきちんと理由も書いてありますね。
b0245634_12342688.jpg
手作りの掲示がとても多く、内容が充実している大牟田市動物園。入り口には、飼育員さんそれぞれのイチオシ動物が!その中でお二人がイチオシに選んでいるジャガーさん♪お会いできるのを楽しみにしていました。
b0245634_123638100.jpg
大牟田で飼育しているのはメスのしずかさん。19歳のジャガーさんです。放飼場につくと、日の当たるところでお休み中…
b0245634_12371853.jpg
シャッター音に気が付いたのか、起き上がってこちらを見てくれました。初めまして〜
b0245634_1241103.jpg
とても落ち着いた静かな佇まい…しずかさんは、私が「これぞジャガー!」と思っているお顔の個体でした(要するに好みだったみたいw)。素敵だなあ。

なんだかしずかさんのところから離れがたくて、大牟田での時間はほとんどしずかさんの前で過ごしました。たくさんの写真は続きから。

お会いできて良かった
by hana440 | 2016-02-29 13:21 | 大牟田市動物園 | Comments(0)

第二放飼場、展示開始!(2015/9/12)

改修のために長らく使用していなかった第二放飼場(参照記事)が、9月に入ってやっと展示を開始しました。構造はこの記事であげた通り、主にトンネル通路に沿ったガラス面から観察できる放飼場です。
b0245634_15215999.jpg
この日の展示はセロ(オス8歳)とミロ(メス10歳)。第二放飼場は今までオオカミたちが入っていなかったおかげで、いい具合に植物が繁茂していました。
b0245634_1524826.jpg
坂を上るとトンネル通路の上に出ます。ここはコンクリートなので暑そうでした。
b0245634_153092.jpg
壁が高く日陰も多いので、どこでも過ごしやすそうなのですが、みんなが常駐場所に選んだのが、ガラス面の真上。こうして際を歩いているのを見るとハラハラしますが、オオカミたちには平気な様子。姿が見えないとき大概は、ここの茂みの中で寝ています。これは現在でも、全頭が同じ場所を好んでいるようです。

みんなが上記の場所を好む理由として一つ考えられるのは、ここから第一放飼場が眺められること。
b0245634_15411542.jpg
こうしてフェンス際をウロウロしていることも多い第二組。先ほどのガラスの上は、写真の右手にあたります。休みながら、第一放飼場のオオカミたちを偵察するにはいい場所のようです。
b0245634_15425610.jpg
最下位になって兄弟から弾かれてしまったセロですが、隔離ですっかり自信を取り戻したらしく、尻尾が上がっていました。警戒している様子でウロウロしていることも多かったです。
b0245634_154737.jpg
第一放飼場のオオカミたちも上が気になるようで、たびたび見つめ合っていました。何を話しているんでしょうね〜
b0245634_1619202.jpg
トンネルの上にいる時間が長いもう一つの理由が、モウコノウマ放飼場や行き交う職員さんを眺められること。セロもみんなと同じく、モウコノウマの赤ちゃん観察に余念がありませんでした(笑)

続きは折り畳みます。セロとミロの様子。

水場の取り合い?
by hana440 | 2016-02-27 16:41 | 多摩動物公園(オオカミ) | Comments(0)

スマトラっ仔 ダマイとミンピ 12 頭上にあるもの

ちょっと時期が飛んで、前回から一カ月半後のダマイとミンピ。生後10カ月、15年5月の様子です。
b0245634_1636135.jpg
ふたりとも、一カ月半で随分と身体が大きくなっていてビックリ!
b0245634_16364330.jpg
デルお母さんと並ぶとまだ小さいですが、体格にトラらしさが出てきました。
b0245634_1637169.jpg
垂れ下がっている葉っぱが気になるミンピ…
b0245634_16374586.jpg
立ち上がったり…(身体、伸びたなあ)
b0245634_16381645.jpg
チョイチョイ♪したりしていると
b0245634_16383964.jpg
横からいきなりダマイが突撃〜!
こういうところは、全然変わっていなくて安心しました(笑)

続きは折り畳みます。

ダイナミックに
by hana440 | 2016-02-23 16:55 | ズーラシア | Comments(0)

ライオンバスとイチゴとニイナ 2

秋口に入った頃、サポーターのイベントで再びライオンバスに乗車することになりました。
b0245634_1933957.jpg
この日は特別に、朝の出勤風景から見せてもらうことに。シュートが開いて、一番に飛び出して来たのはイチゴとニイナとナナお母さん。
b0245634_19355034.jpg
勢い良く走って来たのはイチゴちゃんかな。元気ですね〜
b0245634_19362310.jpg
朝は立場の弱い個体から順番に出していくそうです。母子3頭がシュートから離れたところまで歩いていくのを見計らって、次はメスの個体たちが出てきました。
b0245634_1939413.jpg
メスたちのうち、2頭はシュートの前で待機…(後ろ姿が可愛い)
b0245634_19394828.jpg
しばらくすると、オスの1頭がゆっくりと出てきました。メスたちにおはようと言ってるみたい(^^)
b0245634_19412832.jpg
メスの1頭と連れ立って、放飼場へ出て行きました。もう一頭も、出て来たオス個体と一緒に歩いて行きました。なんだかデートの待ち合わせみたいで、微笑ましい光景でした♪
b0245634_19425449.jpg
轟々と朝の咆哮をしながら出て来たオスもいました。カッコいい〜!

全ての個体が放飼場に出てくると、ライオンバスもゆっくりと移動開始です。続きは折り畳みます。

骨を喰らう
by hana440 | 2016-02-19 20:15 | 多摩動物公園 | Comments(0)

ライオンバスとイチゴとニイナ 1

昨年の夏頃、ライオンバスがしばらくお休みになるとのお知らせを聞いて、久しぶりに乗ることに。このときは、15年4月生まれのイチゴとニイナ(共にメス)がサバンナデビューしたあたりでした。
b0245634_18331656.jpg
この日は生憎の雨で、仔ライオンも始めは櫓の下で雨宿り。可愛い〜
b0245634_18371590.jpg
その後、ナナお母さんと櫓の上でくつろいでくれたので、バスから至近距離で見ることができました。手前のバーが邪魔だけど…毛並みの一本一本までハッキリ見えます!
b0245634_18382839.jpg
ライオン園を一周して、再び双子のいる櫓へ。もうオネムになっちゃったかな〜
b0245634_1839592.jpg
こっちはニイナかな?うつらうつらしてます(笑)何してても可愛いねえ
b0245634_18394221.jpg
ニイナの後ろでかろうじて首を起こしていたイチゴも…
b0245634_1840699.jpg
やっぱりオネムのようでした(^^) もう、可愛い、しか出てこなかった(笑)
b0245634_18414210.jpg
またね〜
久しぶりに乗りましたが、やはり至近距離で、しかも仔ライオンが見られたことに大満足でした♪

続きは折り畳みます。

More
by hana440 | 2016-02-18 18:55 | 多摩動物公園 | Comments(0)

夜間開園のセロとミロ(2015/8/15)

夏休み期間中の多摩ナイトズーでのオオカミたち。前回はネロとマロの様子をお伝えしましたが、今回はセロとミロが出ている日の様子です。
b0245634_179397.jpg
8月の夜間開園日は、ネロ・マロ組と日交代で、夕方から出ていたセロとミロ。この日はもう3日目くらいですが、それでもやっぱりお外は嬉しかったようです。
b0245634_17112958.jpg
ミロもニコニコしながら来園者を眺めていました。可愛い〜
b0245634_17115580.jpg
ネロ・マロのときもそうだったのですが、セロとミロも、出て来て最初のうちはなぜか来園者が気になるようです。セロやミロは表情が明るいので、警戒している様子がないのも興味深いところ。
b0245634_17141035.jpg
一通り来園者を眺めたら、パトロール開始〜
b0245634_17143451.jpg
全ての場所をくまなく歩き回るセロ。モートにも降りたりしていましたが、昼間に出ていた4頭のニオイをさほど気にしていないのも印象的でした。
b0245634_1716737.jpg
ミロはほとんどニオイを嗅ぐことがなく、ずっと首を上げていることが多かったです。檻越しに隣にいるけれど、離れているからもう興味がないんでしょうね。彼女はマイペースで、ゆったりと散策していました。

続きは折り畳みます。

笑顔、笑顔♪
by hana440 | 2016-02-16 17:28 | 多摩動物公園(オオカミ) | Comments(0)

ゴロさんの足跡を求めて 〜ひびき動物ワールド〜

そもそもひびき動物ワールドへ足を運ぶきっかけをくれたのは、ウォンバットのゴロさん(オス・享年24歳)でした。結局、存命のうちに会いに行くことが叶わなかったのが残念です。
ひびき動物ワールド内はもちろん、グリーンパーク内にもウォンバット推しと思われるものがたくさんありました。
b0245634_12563665.jpg
公園へ続く道の看板。
b0245634_12571041.jpg
入園口を入ってすぐの東屋?上をよ〜く見てみると…
b0245634_1257549.jpg
風車にウォンバットとカンガルー!凝ってますね〜

中の様子は折り畳みます。

かつては5頭飼育してた
by hana440 | 2016-02-12 13:36 | ひびき動物ワールド | Comments(2)

大迫力!グレーカンガルーの食事風景 2 〜ひびき動物ワールド

前回からの続き、ひびき動物ワールドのグレーカンガルーお食事風景。
b0245634_14495880.jpg
みんなが餌箱に夢中になっている間、離れた場所に乾草が並べられます。
b0245634_14505994.jpg
一直線に並べられた乾草。既に先客が1頭(^^)
b0245634_1452418.jpg
この仔はニンジンよりも乾草のほうが好きなようでした。たくさんあるところを独り占め〜
b0245634_14535461.jpg
しばらくすると、餌箱のニンジンを食べ終えた個体が、ビョーンビョーンと乾草のほうへ走ってきます。これまた大迫力なのです!
b0245634_14544478.jpg
正面から撮ってみました。次々と走り寄り、一直線に並んでもぐもぐ…なかなか壮観ですよ〜!

続きは折り畳みます。

よく観察できる
by hana440 | 2016-02-10 15:17 | ひびき動物ワールド | Comments(0)

大迫力!グレーカンガルーの食事風景 1 〜ひびき動物ワールド〜

引き続き、ひびき動物ワールドのレポ。シマオイワワラビーと同じく120頭ほど飼育されているのが、イースタングレーカンガルー(オオカンガルー)です。
b0245634_1143658.jpg
全体像を撮ってくるのを忘れてしまいましたので、看板だけでも…。看板の後ろは全部、グレーカンガルーの敷地です。シマオイワワラビーよりも広大で、二面ありました。
b0245634_11444989.jpg
訪問した日はお天気が良くなくて、日向ぼっこできなかったせいで、ちょっと雰囲気が悪かったそうです(苦笑)集まると喧嘩になっちゃう個体もいました。

が、そんなカンガルーたちが一瞬でご機嫌になる時間…、そう、ごはんです!
b0245634_1147896.jpg
遠くから職員さんが荷台を引いてくる音に、ピッと姿勢を正して音に聞き入るカンガルーたち(笑)
b0245634_1148364.jpg
坂を下ってくる職員さんたちを一斉に追いかけ始めます♪
b0245634_11501683.jpg
こんなに集団でいるのに、通用口を塞ぐことなく、少し手前で今か今かと待ちわびてます。可愛い〜

圧巻だったのはこのあと!続きは折り畳みます。

大群襲来
by hana440 | 2016-02-08 12:10 | ひびき動物ワールド | Comments(0)

ロックワラビーの聖地へ 〜ひびき動物ワールド〜 2

前回から引き続き、ひびき動物ワールドのシマオイワワラビーたちを。
b0245634_15362313.jpg
昼間はまったりと、思い思いに放飼場で過ごしている様子のシマオたち。
b0245634_15375591.jpg
岩山を見上げると、本当にたくさんのシマオたちがいるので、ただただ圧倒されるばかりで、きちんとした観察も、撮影もできませんでした。我ながら興奮しすぎ(笑)
b0245634_15424577.jpg
時々、職員さんが中に入って解説をしながら、シマオたちに少しずつおやつをあげたりしています。これは(今のところ)カップルらしいオス(右)とメス。こうして並ぶと随分対格差があります。
多摩の3頭はまだそこまで差がないので、オスのセンくんがこのくらいマッチョ?になってくれるといいなあ。
b0245634_15502935.jpg
お話を伺っていて感動したのは、職員さん全員が、ひびきにいる個体(オオカンガルーやワラルーも含めて)全頭を識別できること!名前や性格だけではなく、健康状態から他の個体との関係性まで、お話の中で普通につるつると出てくることに驚きました。
それに加えて、職員さんのほうから熱心に話しかけてくださいます。みなさんの動物に対する情熱を感じたひとときでした。この徹底した飼育管理と愛情があるからこそ、ここで皆がのびのびと暮らして行けるのでしょうね♪

続きは折り畳みます。圧巻だったのは、午後になってからの給餌でした。

大群襲来
by hana440 | 2016-02-05 16:23 | ひびき動物ワールド | Comments(0)