「ほっ」と。キャンペーン

今日ものんびり動物園

hanazoo.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 12月 ( 22 )   > この月の画像一覧

良いお年を 2013

色々ありましたが、今年も無事、動物観察とブログを続けることができました。
b0245634_1649935.jpg
ブログを読んでくださっている皆様に、心からお礼を申し上げます。ありがとうございました。
今年は昨年よりも動物園へ足を運ぶ回数が多くなり、また遠征で訪れた園も増えて、動物たちとの幸せな時間をたくさん過ごすことのできた一年でした。
昨年に引き続き、ネットや遠征などで動物好きの皆さんと交流できたことも、大きな宝物です。大変お世話になり、ありがとうございました。どうぞ良いお年をお過ごしください。


長くなりますので、以下は興味のある方だけどうぞ〜

2013年の国内オオカミ総括
by hana440 | 2013-12-31 19:11 | 多摩動物公園(オオカミ) | Comments(0)

オオカミ弾 3

b0245634_23382477.jpg
さーん
b0245634_23383596.jpg
にー(何してるの?って邪魔する弟が左にww)
b0245634_23393768.jpg
いーち(かまわず)
b0245634_23395837.jpg
発射!
b0245634_23401594.jpg
標的は奥に佇んでいます
b0245634_23405097.jpg
「かくごーーー!」「なぬっ!?」
b0245634_23412434.jpg
どっかーん!
b0245634_23414348.jpg
発射したのはロイ、標的はロトでした。ぼーっと立っていたところに奇襲を食らって、驚いたのかへっぴり腰のロト(笑)ロイが狙っていることを、全く気がついていませんでした。

続きは折り畳みます。

しつこいっちゅーの
by hana440 | 2013-12-31 10:37 | 多摩動物公園(オオカミ) | Comments(0)

ほのぼのヌートリア

ヌートリア、関東では聞き慣れない名前ですが、関西では街中の水辺などにも生息するネズミの仲間です。天王寺では「特定外来生物の展示」として、ミシシッピーアカミミガメ(ミドリガメ)と一緒に展示されています。
b0245634_18272722.jpg
植木鉢が並んでいる、小学校の庭のようなレイアウトに住んでいました。おうちの入り口から、長〜い尻尾が見えています。
b0245634_18315326.jpg
そのうち、ひょっこりとお顔を出しました♪ ヒゲが立派ですが、全体的にカピバラにも似ている気がします。本当の生息地は南米だそうです。
b0245634_183352100.jpg
全身はこんな形をしています。大きさはチワワくらい。写真でしか見たことがなかったので、意外に小さくて驚きました。
ヌートリアは、戦前に毛皮を利用するために輸入され、増やした個体が逃げて、野生化してしまったそうです。調べてみたところ、関東には生息しておらず、主に関西で見られる外来種のようです。大阪だと、お城のお堀にも住んでいる身近な動物なんだそう。
b0245634_18363494.jpg
前足もですが、後ろ足の水かきが大きくて立派でした。動きは結構のんびりしていて可愛いです。
b0245634_18472399.jpg
泳ぐとビーバーのようにも見えます(笑)この、長い尻尾は何のためにあるのかなあ。尻尾で舵を取っているようにも見えませんでしたが…。
b0245634_18492047.jpg
天王寺には親子3頭が暮らしているそうです。下の個体はすこし身体が小さかったので、子供かな?
b0245634_18493816.jpg
上の写真の親個体と比べると、幼い顔つきで可愛い♪
b0245634_18444261.jpg
飼育動物はヌートリアとアカミミガメの2種だけなのですが、網などを張っていないため、野生のドブネズミも一緒に住んでいてビックリ!(笑)ドブネズミの左下にアカミミガメが沈んでいますね。
外来種に特化した展示は他の園ではあまり見られないので、なかなか興味深かったです。無闇に動物を捨ててはいけない、という教訓になっているといいなあ。

閉園前のゆったりした時間をここで過ごして、天王寺をあとにしました。見逃した動物もかなりありましたので、またゆっくり、訪れたいと思います。
天王寺動物園のレポはこれでおしまいです。次回からは遠征の最後に訪れた王子動物園のレポを書いていきます♪(もちろんいつもの多摩の記事も挟んでいきます)
by hana440 | 2013-12-30 19:03 | 天王寺動物園 | Comments(2)

天王寺の長老と担当さんの絆

天王寺動物園の南園、中心には静かな森に囲まれた広いアジアゾウ舎があります。ここにはアジアゾウのメスが2頭暮らしていました。
b0245634_23405790.jpg
個体紹介はこちら。春子さんはなんと65歳!井の頭の花子さんと同じくらいの長老ですね〜。春子さんは若いラニー博子さんとは立場を巡って喧嘩になってしまうそうで、隣り合った放飼場で別々に展示されています。
夕方の収容前に訪ねたときの春子さんの様子を少しだけ。
b0245634_23442036.jpg
天王寺は直接飼育なんですね。放飼場に担当さんが出てきて、春子さんへ歩いていきます。奥にはラニー博子さんがいます。
b0245634_234438100.jpg
近寄って春子さんとお話をする担当さん。この光景は横浜でも見かけますが、手鉤なども持たずにおやつだけで近づいていくことに、とても驚きました。(もしかしたらベルトに下げているかもしれませんが…)
b0245634_23491817.jpg
お話が終わったあと、優しく春子さんを撫でて、担当さんはラニー博子さんのほうへ…普通に背中を見せて離れていくことにも、とても驚きました。この少しの間のやり取りで、担当さんと春子さんの信頼関係が垣間みれて、とても幸運だったと思います。いい光景を見せて頂きました。

b0245634_2350066.jpg
担当さんが春子さんに構っているときの博子さん。ちょっと拗ねたように砂浴び。春子さんのほうが年上なので、序列をハッキリさせるためにも、何事も春子さんから始めるそうです。彼女はそういったこともきちんと分かっていて、頑張って我慢しているそう。

b0245634_2355975.jpg
春子さん、担当さんとお話ししたあと、ご機嫌良さそうに砂浴びをしていました。
b0245634_23554842.jpg
動きはゆっくりでしたけど、まだまだお元気そうです。アジアゾウの放飼場はまるで別空間のようになっていて、外の喧騒とは無縁の作り。ゆっくり観察するにはとてもいい放飼場でした。
b0245634_2359986.jpg
お年のようには見えない、とても綺麗な肌をしている春子さんでした。落ち着いた環境も幸いしているのかな。これからも、元気で長生きしてほしいですね〜。次回の訪問で、また会えるのを楽しみにしています。
by hana440 | 2013-12-29 23:38 | 天王寺動物園 | Comments(0)

クール系美虎と、ワラビー風味?のトラ夫婦

天王寺には多摩の血縁であるアムールトラのセンイチくんと、パートナーのアヤコさんが暮らしています。関西のzoo友さんから予々噂を伺っていて、会えるのを楽しみにしていました。
b0245634_1659733.jpg
個体紹介はこちら。多摩生まれのセンイチくんは4カ月で天王寺に来たんですね〜
b0245634_16522362.jpg
こちらがメスのアヤコさん。今まで会ったことのあるアムールトラの中で、一番毛色が濃く、鮮やかだったように思います。
b0245634_1652544.jpg
放飼場の緑に映えますね〜。第一印象は、賢くてクールな美トラさんといったところ。
b0245634_16542910.jpg
整ったお顔をしています。京都のアオイ姫は繊細な美しさですが、アヤコさんはもっとこう、凛々しくしっかりした雰囲気の美しさがありました。
b0245634_16575751.jpg
この日はいつも同居している夫のセンイチくんを気にしつつ、草にじゃれたりなど可愛らしい姿も見せてくれました♪

そしてそして、とっても会いたかったセンイチくん。
b0245634_1721526.jpg
父親のビクトルに似て、大きく立派な体躯をしています。そして、やっぱり口が開いている…(笑)
b0245634_1722139.jpg
一番カッコ良く撮れた写真がこれ。センイチくんは多摩のシズカのお兄ちゃんです。会えて嬉しいな〜
b0245634_1729060.jpg
大きな体格に見合わず、雰囲気はとても柔らかく、10歳なのにおこちゃまな感じ。前々から噂は聞いていたけれど、実物を見ても「あまりトラらしくない…」と思ったトラは初めて会いました(苦笑)なかなか希有な存在です。
この日ご一緒したlucrezia4さんに、多摩時代は生まれてすぐ人工哺育になったことや、現在のパルマワラビー舍で育てられたため、トラの匂いを知らずに天王寺に来たことなど、センイチくんのお話を色々と伺いました。トラらしくない雰囲気なのは、こういったことが重なった故なのかもしれませんね。言わずもがな、センイチくんのトラとしての自覚の無さ?がアヤコさんとのペアリングにも影響しているそうです。

夕方の収容前に、夫婦でのやり取りが見られたので折り畳みます。

恋の駆け引きができない…
by hana440 | 2013-12-26 18:24 | 天王寺動物園 | Comments(0)

天王寺のアイドル・ゴーゴ!

天王寺のレポ、まだまだ続きます。クリスマスの更新ということで、ホッキョクグマのゴーゴくんを♪
b0245634_21553410.jpg
午後にバフィンさんと交代で出ているのは知っていましたが、色々なところに引っかかってしまい(笑)、おやつタイムが終わった頃に初めて会いにいきました。短時間しかいなかったので、可愛いショットを並べてみます。
b0245634_2156618.jpg
ついた早々、おやつめがけてダイブする姿を見られて嬉しかった〜
b0245634_21563475.jpg
ちょうど看板が入っちゃいましたが(苦笑)見事な飛び込み姿勢です!おしりが可愛い♪
b0245634_21584014.jpg
思っていた通り、お顔がとっても可愛い♪顔の輪郭がまるいから余計にそう感じます。9歳とまだ若いし、頭のいいイタズラっ子な雰囲気がしました。実際はどうなのかな?
b0245634_2213146.jpg
真下でお魚を食べているゴーゴくんを撮ってみました。天王寺のホッキョクグマ舎は、左右にアクリルデッキがあり、足下に来たホッキョクグマを見ることができます。

続きは折り畳みます。

甘えん坊なのかな?
by hana440 | 2013-12-24 22:21 | 天王寺動物園 | Comments(0)

守役を務めるセロの奮闘(2013/10/27)

前回お伝えした通り、ネロが群れの最下位に転落してから2週間後の様子です。
b0245634_15431774.jpg
この日もネロの立場はあまり好転してないようで、この日はベータのロイに加えて、ロトがしきりに示威行動をとっていました。幸いなのは、ロトはロイのように牙を出す割合はほとんどないこと。
b0245634_15452882.jpg
ロイとロトが協力してネロを責め立てる場面もありましたが、この日はネロの怪我が悪化することはありませんでした。上の写真からも分かるように、ネロのそばにはセロがついて、しっかりと守役を務めていることも、大怪我が少ない要因に思います。
b0245634_15491869.jpg
2週間前よりも、ネロはなんとなく群れの中にいられる時間も増えました。今回は、ネロのお守(笑)に奮闘するセロの様子を纏めてみました。

b0245634_15541297.jpg
ネロが怪我をしてから、ほぼ毎回見られている光景がこれ。セロがネロの傷を舐めて、まるで慰めるようにそばにいる時間が長いのです。
b0245634_15555797.jpg
(左がネロ、右の2頭がセロとロイ)また、ロイがネロを威圧しにいこうと動き出すと、セロが必死にロイにちょっかいを出します。このときは体当たりをして首を甘噛み。
b0245634_15575845.jpg
まるで「鬼さんこちらー!」とけしかけるように、あくまでも下からの態度で、ロイの気が自分へ向くようにしていました。半分は遊びに誘っているような雰囲気も出していて、ロイが乗り気になるとそのまま駆けっこへ突入することも。

続きは折り畳みます。

自らを標的に
by hana440 | 2013-12-23 16:57 | 多摩動物公園(オオカミ) | Comments(0)

天王寺・サバンナの草食さんたちと、キリンの室内展示に思うこと

前回に続いて、天王寺のサバンナにいる草食動物たちを。
b0245634_15121842.jpg
カバの放飼場はとにかく広くて、水中からも陸からも見られる作りでした。カバのほうはほとんど動きがなかったので、こんな後ろ姿のみ。夫婦同居の期間は、観察が楽しそうです。
クロサイはシュートのそばにいたのか、全く姿を見ることができなかったので割愛。

b0245634_15162018.jpg
広いサバンナ。芝生も青々としていて綺麗です。これは全景ではありませんが、中央に広いサバンナがあり、その周囲に肉食動物たちが展示されています。何カ所かある観覧デッキを回ると、ぐるりと一周できる仕組みです。
b0245634_1516410.jpg
人がたくさん見られる観覧スポットにはこんな掲示。やはり大阪の動物園、個性が光っていて楽しい(笑)動物のことが知りたくなったら、園のブログにすぐアクセスできるのも嬉しいですね。
b0245634_1514529.jpg
グラントシマウマ2頭、仲良し♪左がミカさんで右がヒデヨシくんかな?
b0245634_1515325.jpg
戯れたあとは並んでお散歩〜。ヒデヨシくんはやんちゃで有名だと思ってましたが、この日は特にそんなに走り回る様子も見られず、穏やかでした。
b0245634_15222431.jpg
エランドのルティーさん(オス6歳)。体格がとても立派でした。ずっと奥のほうにいたので、お顔を見たいなと粘って…
b0245634_1524230.jpg
丘の向こうに見えたところを、なんとかパチリ!カッコいい〜!
エランドは円山の室内で見たことがあるのみでした。ルティさんは体格もいいのか、広いサバンナでもその迫力を感じることができました。またお会いしたいなあ。

そしてサバンナで一番若い新人さんが、キリンの幸弥くん(1歳)。
b0245634_15292451.jpg
まだ放飼場にはあまり慣れていないそうで、奥のほうで植栽をもぐもぐしていました。近くにはシマウマがいますね。普通に撮影してこんな景色が撮れるのも、このサバンナの魅力だと思います。

続きは折り畳みます。

奇声を上げないで
by hana440 | 2013-12-22 16:37 | 天王寺動物園 | Comments(0)

天王寺・サバンナの肉食さんたち

天王寺のサバンナエリアには、ブチハイエナの他にも様々な動物がいました。モートで区切られてはいますが、ほぼ同じ景色の中で、サバンナを模した風景を見ることができます。
可愛かった肉食さんたちの写真を並べてみます。
b0245634_1750678.jpg
サバンナの王者、ライオン。これはモナカちゃんかな?垣根越しにシマウマがちょこっと写ってます。
b0245634_17522224.jpg
こちらはオスのガオウくん。カッコいい名前ですね。この日出ていたオス1頭メス2頭の群れは、昨年天王寺にやってきた若い個体だそう。3頭とも、とても美形でした。
b0245634_17524569.jpg
午後に入るとお昼寝タイム。垂れた姿も可愛い♪
b0245634_17542621.jpg
かわゆいポーズ、頂きました(笑)

ライオンに近い場所にいた(と思う)アフリカハゲコウ。彼らも見たことがなかったので、会えるのを楽しみにしていたのですが…
b0245634_17571688.jpg
なかなか姿が見られず、夫婦揃ったところをなんとか撮れたのがこれでした(苦笑)地元の皆さんに聞くと、あまり見えるところには出てきてくれないそう。
b0245634_17583725.jpg
一番良く撮れていたのが後ろ姿でした(^^;) 羽の光沢は綺麗だけど、やっぱりお顔を良く見てみたかった〜。次回、リベンジしたいと思います(こればっかり・苦笑)

続きは折り畳みます。

もきゅーん
by hana440 | 2013-12-20 18:13 | 天王寺動物園 | Comments(0)

ブチハイエナのおやつタイム

いままでシマハイエナは羽村や東山で見たことがありましたが、ブチハイエナを見るのは天王寺が初めて。会えるのをとても楽しみにしていました。
b0245634_22162817.jpg
午前中に少し覗きにいったところ、メスのアイさん(12歳)がガラス面の前でお休み中。可愛い〜♪シマハイエナよりも体格は大きく、毛足は短めです。丸いブチ模様が可愛らしく、雰囲気が柔らかく見えて親しみやすく感じます。
しばらく見ていましたが動きが全くなくて、午後におやつタイムがあると知り、また時間を置いて訪ねることにしました。

b0245634_22203585.jpg
おやつタイムの時間が迫り、担当さんが放飼場のそばをウロウロし始めると、アイさんはガラス面前で待機。心なしか嬉しそうな表情に見えます♪
b0245634_2222343.jpg
喧騒を聞きつけたのか、見えない場所からオスのレイくん(6歳)も出てきました。レイくんはかなり細身です。
b0245634_22231715.jpg
レイくんも可愛い!ちょっと気の弱そうなお顔に見えるのは気のせいでしょうか(笑)
b0245634_22267100.jpg
ちょっと見え難い写真ですが、夫婦揃ってガラス面に来て担当さんを見つめていました。
b0245634_22264638.jpg
アイさんはおやつが待ちきれないのかせわしなく動いていて、それに気圧されたのか、レイくんはまた見えない場所に引っ込んでしまいました(笑)ハイエナはメスの立場のほうが上なので、オスのレイくんはおやつはもらえないと判断したようです。

おやつタイムの様子は折り畳みます。

鶏一羽分を数秒で
by hana440 | 2013-12-19 10:12 | 天王寺動物園 | Comments(0)