「ほっ」と。キャンペーン

今日ものんびり動物園

hanazoo.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 08月 ( 19 )   > この月の画像一覧

イワシャコの雛、生後28日目と35日目

前々回前回に引き続き、その後のイワシャコの雛の様子〜
b0245634_15301794.jpg
まずは生後28日目。自分よりも背の高い岩の上に、キリッと立っております。産毛もとれて、高い場所にも登れるようになったのね〜
b0245634_15325183.jpg
2羽で仲良く餌をつんつん。足が長くなってきました。今のところ、羽の模様はそんなに変化がないみたいですが、身体は少しだけ大きくなっていました。
b0245634_15331256.jpg
相変わらず餌の容器が集合場所みたい(笑)6羽くらい入ってます
b0245634_15335718.jpg
分かりにくいですが、親と比べるとこんな大きさでした。

そして、生後35日目。ケージに行ってみると…
b0245634_15353245.jpg
みんなが入ってしまうからか、餌の容器がなくなっていました。可愛かったのに残念〜。仕方がなさそうに地面に固まる雛たち。危険を回避するためなのかな。丸見えだけど…(笑)
b0245634_15355641.jpg
親の背中に乗っている雛もいました。だいぶ大きくなりましたね〜。
この日は雛たちがあまり動いていなかったので写真が少ないです、すみません。
あれからひと月ほど見に行ってないので、今はどのくらい大きくなっているのか楽しみです。
by hana440 | 2013-08-30 15:44 | 多摩動物公園 | Comments(0)

チーターっ仔のレスリング!

前回の記事の続き〜
b0245634_16312916.jpg
走って逃げる仔に追いついて体当たり!
b0245634_16314371.jpg
ごろんと転がった上に、容赦なく襲いかかるキングチーターの仔(笑)
b0245634_16325696.jpg
「やったなー!?」
b0245634_16324910.jpg
突然立ち上がって、取っ組み合いに!モデルのようなほっそり体型だからか、取っ組み合っても軽快に見えます。
b0245634_1636398.jpg
勝負はどちらともつかず、二足で踏ん張りが利かなくなってしまって終了〜。
b0245634_16412052.jpg
「みんな、はしゃぎすぎて怪我のないようにね」「「「はーーい」」」
スミレもときおり、子供たちと一緒になって駆け回っておりました。5頭の子育ては大変そうですけど、暑さに負けずに頑張ってね。
b0245634_16423620.jpg
遊び終わったらガラス面の前に来て一休み。のびのびと遊ぶ姿を見られて嬉しかったな〜
by hana440 | 2013-08-29 16:48 | 多摩動物公園 | Comments(0)

チーターッ仔、おおはしゃぎ!

酷暑のせいか空いていたので、チーター5つ仔ちゃんたちのはしゃぐ様子を、思う存分楽しんできました♪
b0245634_16423721.jpg
混んでいると避けてしまうので、彼らに会うのも久しぶり。大きくなったな〜
b0245634_16504735.jpg
キリリと。ここにも楽に登れるようになったのね!
b0245634_1652568.jpg
真ん中の仔、狙って〜
b0245634_16541912.jpg
ガシッとな
b0245634_1655365.jpg
鬼ごっこ開始〜!この時はちょうど交代で出て来た直後だったので、スミレ母さんも含め皆ハイテンションでした。カメラが追いつきません(汗)
b0245634_16564314.jpg
足、ながーい!赤ちゃんの時と比べて、遊びの幅が広がってますね。
b0245634_172281.jpg
ガラス面を縦横無尽に駆け回る姿は、子供と言えど迫力のある姿でした。
b0245634_1733845.jpg
もう、ガラス面じゃあ6頭全員の駆けっこには狭すぎるよね。大放飼場のデビューが待ち遠しいです。

チーターッ仔のじゃれあい、次に続きます♪
by hana440 | 2013-08-28 17:07 | 多摩動物公園 | Comments(0)

偉大なる母・モロ 3〜子供たちと〜

モロと言えば、国内で一番といっても過言ではない、子沢山の母オオカミでした。残念ながら亡くなってしまった子供たちも含めると総勢で15頭を産んで、ほとんどを成獣まで立派に育て上げました。
b0245634_16373150.jpg
(左から2番目、ガウッとしているのがモロ)子供たちが成獣になっても、いつも甘えられていたモロ母ちゃん。私が動物園へ通い始めたのは、2008年の後半。真剣にオオカミの群れを観察するようになったのはもっと後になってからです。子育てに一段落してからのモロしか観察してきていないため、彼女の子育てがどんなだったのかは、zoo友のみなさんからのお話やブログでしか知りません。ですから、私の知っているモロはそのまま「みんなの母ちゃん」のイメージです。
この記事では、晩年のモロと子供たちとの関係について、纏めてみました。

多摩の群れではアルファ夫婦の役割がなんとなく分かれていて、ロボは息子たちを、モロは娘たちの面倒を見る傾向にあります。子供同士の諍いが起きたときもそれは同じで、必然的にモロは娘たちと交流する時間が多かったように思います。まずは娘たちとの関係から。
b0245634_1648236.jpg
(2011年12月、ミロとモロ)ミロとは一緒に子育てをした経験があるからか、何もしてなくても心が通い合っている様子でした。しかし、一昨年あたりからミロが「群れから離れたい」意思表示をするようになると、モロは自分からほとんどコミュニケーションを取ろうとしなくなりました。新居に引っ越した後は、オメガになってピリピリしているミロにそっと寄り添うこともありましたが、他の娘たちに比べると、やはり少し距離を置いていたと思います。モロなりに、ミロの自立を容認していたのかもしれません。

b0245634_171237.jpg
(中央がモロ、舌を出している右がチロ、左はマロ)上位個体にヘコヘコしがちなチロは、当然モロに対してもこうして甘えることが多かったです。チロがオメガから脱し、上位になるべく奮闘するようになってから、モロの態度が俄然厳しいものへと変化していきました。最近の娘同士の諍いはチロが起点になることも多く、モロが彼女を止めるべくマークしていたのかもしれません。今年の繁殖期にモロの制止をきかずに暴走してしまったことで、よりモロから厳しく叱られるようになっていました。チロからモロに甘えることは多々ありましたが、モロからチロを舐めてあげたりすることは、ほとんどなかったと思います。ミロとは違った意味で、チロとは距離があったようです。
b0245634_17123634.jpg
最後にモロを外で見た日の、マロとのショット。マロはどちらかというと父ちゃんっこですが、モロにも甘え上手でした。一時オメガに転落して不貞腐れていた時期にも、ときおりモロに甘えることがあり、そのときはマロも穏やかな表情をしていました。新居に引っ越し、上位に上がって昔のように下位を威圧しまくるマロに対して、モロが厳しく叱ることはなく、こうして諭すようにコミュニケーションをとることが多かったかな。
マロとの関係は放任でも過保護でもない、ちょうどいい距離感に見えました。

b0245634_17234897.jpg
(右がモロ、中央がリロ、左はメロ)2008年生まれの末娘2頭はとくに甘えん坊で、モロもとても可愛がっているのがわかりました。
b0245634_17272532.jpg
特にリロはベータという地位にあるからか、一日見ているだけでもモロに甘える回数が一番多かったです。モロも可愛がってはいたけれど、アルファの威厳も保たなくてはならず、自然とガウガウと対応することばかりでしたが、リロもわかっていたのでしょう、お互いにとても楽しそうなやり取りだったのが印象的でした。また、メロに対して特に攻撃的だったリロをうまく抑え、諭す役割も主にモロが引き受けていたため、彼女が亡くなってしまったいま、ロボやロイだけで果たして大丈夫なのか、心配な面が多々あります。
b0245634_17411995.jpg
おそらく夫婦そろって家族の中で一番大事にしていたのがメロ。以前も記事にしましたが、モロのほうから積極的にコミュニケーションをとり、旧獣舎のときはピッタリとそばについている時間が長かったです。新獣舎に移り、メロがだんだんと若狼らしく明るく行動するようになったのを機に、モロも少しだけ子離れしたように思います。メロがお転婆な一面を見せるようになった分、モロが彼女を叱っている場面もよく見られるようになりました。なぜメロだけが過剰に子供扱いされて可愛がられていたのか…それはモロとロボしか分からないことですが、子供たちが成獣になっても群れから出て行かないこと(=子育てが終わってないと思ってしまう?)に対する歪みのようなものが、メロに注がれていたのかも、と推察しています。

モロ母ちゃんと息子たちのことについては折り畳みます。

みんな母ちゃん大好き!
by hana440 | 2013-08-26 11:00 | 多摩動物公園(オオカミ) | Comments(0)

偉大なる母・モロ 2〜夫のロボと〜

生前の(こう表現するのを未だに躊躇ってしまいます)モロと、最愛の夫ロボとの写真を並べてみました。たくさんの子宝に恵まれた夫婦でしたし、相性がとても良かったのだと思います。
b0245634_1428465.jpg
よくこうして夫婦が寄り添って、こちらに視線を向け、どこか自慢するような表情をしていました(笑)
どちらかというと、ロボのほうがモロに夢中な様子で、モロは繁殖期以外はゆったり構えて、ロボがしつこいとガウッと怒ることもありました。モロは、ロボの精神的な支えになっていたと思います。
b0245634_14324060.jpg
(中央の顔がモロ)手前にいる娘・リロを舐めてあげているところに、右からロボがやってきて…
b0245634_14332930.jpg
「モロ、俺にもやって〜」とぎゅ〜と割り込みます(笑)
b0245634_1434409.jpg
娘に「どきなさい」と顔を乗っけるロボと、「仕方がないわねえ」とにっこりしているモロ。
こんなふうに、モロに甘える子供たちに「俺も〜」とロボが割り込む場面もよくありました。
b0245634_14365123.jpg
ロボの腰におでこをつけて眠るモロ(笑)寝ているときも、近くで休んでいることが多かったです。新居では、モロはトンネルで昼寝するのがお気に入りだったので、入り口のそばで守るようにロボが休んでいることもありました。
b0245634_14394484.jpg
今年は交尾の様子を見ることができ、このときにはいつになく、とても積極的な表情のモロを見ることができました。年月を経ても変わらないオオカミ夫婦の絆の強さを感じました。

b0245634_1446591.jpg
モロが室内療養になってから、妻の身体が弱っていることを察してか、ロボはモロに甘えることはなく、静かにそばについているようでした。最後までとても仲の良い夫婦でした。
生きている以上、どちらかが先に亡くなるのは避けようもない現実ですが、残されたロボのことを思うと、ロボの心の面でも、群れの立場という面でも、今後の動向がとても心配です。

モロ母ちゃんと子供たちとの関係は次の記事で。
by hana440 | 2013-08-25 15:03 | 多摩動物公園(オオカミ) | Comments(0)

偉大なる母・モロ 1

公式発表でもあった通り、8月12日、ロボ一家のアルファメス・モロ母ちゃんが亡くなりました。
b0245634_1610161.jpg
ロボ一家の精神的な要として、とても大切な存在だったモロ。ロボ一家をただ観察する立場である私にとっても、モロはとりわけ大好きな狼です。うまく纏まりませんが、この記事では彼女自身のことを綴ってみます。
写真は2012年夏頃からのものです。

b0245634_1625522.jpg
過去の写真を探してみると、いつも穏やかに微笑んでいる表情が多かったです。
b0245634_16351679.jpg
そして、カメラ目線の写真もたくさん残ってました。いつも放飼場前に着くと「あら、来たのね」と必ずこちらを見てくれたモロ母ちゃん。ロボ一家のところへ観察に通ってだいぶ経ちますから、おそらく私の顔を覚えてくれていたのだなと思います。
b0245634_16411183.jpg
家族の中では一番小柄でしたが、とても食いしん坊。キーパーズトークのときには、ホネっこが待ちきれない思いをここで訴えていました(笑)
b0245634_16424792.jpg
時には子供たちの食べ残しを集めて熱心に味わっていたり。亡くなる2、3日前まで、旺盛な食欲は変わらなかったそうです。

折り畳みます。とてもとても長くなりますがおつきあいください。

いろいろな表情と闘病のこと
by hana440 | 2013-08-24 20:37 | 多摩動物公園(オオカミ) | Comments(0)

アマラとヴィドゥラ、お鼻で仲良し♪

いつも付かず離れず…のスリランカゾウ・アマラとヴィドゥラですが、この日はとても仲良しのところを激写〜♪
b0245634_2058566.jpg
左がメスのアマラ(8歳)、右がオスのヴィドゥラ(5歳)。
b0245634_2102212.jpg
お鼻のこんがらがった様子をお楽しみください(笑)
b0245634_211462.jpg
目隠し〜。年上のアマラは、少しのんびりした性格のヴィドゥラをからかっている?ことも多いです(苦笑)こうやって優しく構っているのは珍しいかも。
b0245634_2135188.jpg
ヴィドゥラのお顔が嬉しそうです♪
b0245634_2152858.jpg
はい、いいこいいこ〜ってしながら、アマラはグイグイとヴィドゥラを押しまくってました。後ろはモート。ヴィドゥラが「あ、ぎりぎりかも」とハッとしたときには、アマラはさっさと歩いて行ってしまいます。やっぱり彼で遊んでるのかも〜?!

続きは折り畳みます

僕だってオトコだぞ!
by hana440 | 2013-08-18 21:16 | 多摩動物公園 | Comments(0)

カイカイ〜4 ロイ

カイカイシリーズ、これでラストです。最後はロイのかゆい様子〜
b0245634_22555553.jpg
横を丸太にこすりつけつつ、地面にもゴシゴシするという高等技術(笑)
b0245634_2257690.jpg
足をピーン!シンクロみたい〜
b0245634_22574086.jpg
丸太を抱き枕にして一息ついたら
b0245634_2258627.jpg
がばっと起き上がって、なぜか丸太を一発パンチしてました(笑)
b0245634_22583927.jpg
自分がつけたニオイを嗅いで終了〜
夏は暑さが増すにつれて換毛が進むせいか、どの個体もカイカイしているところを見ることができます。他の個体はどんな掻きかたをしているのかも興味深いところです。

唯一、換毛が進んでいないのはロボ父ちゃん。
b0245634_2301544.jpg
8月上旬でこんな様子です。これで水場が好きなもんだから、固くなってドレッドみたいになってしまってます(苦笑)
ロボだけはゴロゴロしたり、木にゴシゴシするのを見たことがありません。頓着しないのはロボらしいですけど(笑)、この毛の厚さのせいで、最近は夏バテ気味だそうです。
父ちゃん、たまには身だしなみに気をつけてね。みんな元気に夏を乗り切れますように。
by hana440 | 2013-08-15 10:41 | 多摩動物公園(オオカミ) | Comments(0)

カイカイ〜3 ネロ

カイカイシリーズ、お次はネロのちょっと変わったカイカイの様子を。
b0245634_22412588.jpg
腹這いで、匍匐前進のようにズルズルと坂を下ります(笑)
b0245634_22425873.jpg
後ろ足がけっこう踏ん張ってる
b0245634_22432979.jpg
距離はそんなに進んでないのですが、やってる時間が長かったな〜
b0245634_22441052.jpg
おそらく、お腹が痒かったものと思われます。それにしても、こんな体勢ができるとは(笑)

もちろん、普通のカイカイもやってますよ〜

ちーーーん
by hana440 | 2013-08-14 10:39 | 多摩動物公園(オオカミ) | Comments(0)

カイカイ〜2 マロ・リロ

カイカイシリーズ、マロとリロ編です。ちょっと短いですがおつきあいください。
b0245634_22334322.jpg
マロはこうしてゴロゴロするのがいいみたいです。いつもあられもない格好でゴロゴロしております(笑)特徴的なのが、どの個体よりも身体が柔らかいこと。これもすごい体勢です。
b0245634_2235541.jpg
そばの岩を踏ん張りにして、グイグイと草に身体をこすってました。彼女は毛足が長いほうだから、換毛の時期はちょっと大変そうです。

b0245634_22351546.jpg
丘の下の植栽に、ポーカーフェイスでゴシゴシしているリロ。その真剣な顔はいったい…(笑)
b0245634_22363218.jpg
セロほどのけぞりませんが、大口を開けてゴシゴシするのもなんだか不思議〜。「気持ちいい〜!」って叫んでるみたいで可笑しいですね♪
b0245634_22371268.jpg
スッキリしたお顔です。

しつこいですがカイカイシリーズ、まだ続きま〜す
by hana440 | 2013-08-13 10:33 | 多摩動物公園(オオカミ) | Comments(0)