「ほっ」と。キャンペーン

今日ものんびり動物園

hanazoo.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 09月 ( 13 )   > この月の画像一覧

八木山動物公園レポ5 アビシニアコロブスそのいち

まだまだ続く八木山レポ、続いてはアビシニアコロブスの家族の様子です。
b0245634_1511516.jpg
八木山には現在6頭のコロブスが暮らしています。夫婦とその子供たち3頭と、血縁のメス(叔母さん)の家族でした。
b0245634_15141416.jpg
放飼場は縦に長い作りで、木上で生活するコロブスに適した作りになっています。来園者は2階くらいの高さから、上へ下へと移動するコロブスたちを観察することが出来ます。
b0245634_1517234.jpg
もう、とにかく子供たちがとても活発で、見ていて楽しかったです。これは昨年末産まれた女の子、マナちゃん。まだ生後10ヶ月ほどなのであどけないですが、縦横無尽に木の上を走り回る姿はやっぱりコロブスでした。
b0245634_15201375.jpg
お父さん?の立派な尻尾に夢中です♪ぶら下がってバランスとり。
b0245634_1522776.jpg
枝毛探し?
b0245634_15243855.jpg
近くにいるお兄ちゃんに向かって、いないいないばあ〜
b0245634_1528439.jpg
ぐいーんとブランコみたいにぶら下がってみたり…もう、とにかく可愛らしくて楽しくて。
b0245634_15312470.jpg
尻尾を遊び道具にされてる本猿は、ちょっと困った顔をしているものの、怒ったり移動したりすることなくマナちゃんを見守っていました。大人3頭とも、はしゃぎ回る子供たちに嫌な顔一つせず鷹揚に構えていて、その穏やかな雰囲気にとても癒されました。

お兄ちゃんも加わった尻尾遊びの様子は次の記事で♪
by hana440 | 2012-09-30 15:38 | 八木山動物公園 | Comments(2)

八木山動物公園レポ4 アフリカゾウのトレーニング

続いてはアフリカゾウのトレーニングの様子を。室内だったこと、望遠レンズしか持っていなかったことなどの理由で、ちょっと見え難い写真ですが、興味のある方はお付き合い下さい。
b0245634_11331782.jpg
八木山にはメス2頭、オス1頭のアフリカゾウがいます。若いメスのリリー(写真)と、オスのベンが室内でトレーニングをしていました。アジアゾウは様々な園でトレーニングの様子を見ることができますが、アフリカゾウのトレーニングを見るのは初めてでした。リリーのトレーニングも楽しかったのですが、今回はオスのベンのトレーニングと健康チェックの様子を。
b0245634_113824100.jpg
こちらがベンくん。小柄なリリーちゃんと比べてオスらしい、とても迫力のある体つきでした。檻の中が狭く感じます。飼育員さんの手の動きでお鼻を上げてみたり
b0245634_1141963.jpg
檻に近いところに伏せるのですが、牙とかお鼻がぎゅうっと柵に押し付けられるのでキツそうでした(汗)
b0245634_11422125.jpg
伏せたらお耳のチェック。
b0245634_11435332.jpg
指示を受けて、床に横になります。リリーは比較的スムーズに指示を聞いていたのですが、ベンは体格のせいもあるのか、なかなか時間がかかります。
b0245634_11464630.jpg
完全に横になったら、飼育員さんたちが5人ほどで身体全体の様子を見ます。指示を出す飼育員さんは、ベンの見えるところに立って、おやつをあげたり、耳や鼻を撫でたりして落ち着かせていました。
b0245634_11514665.jpg
立ち上がってバックオーライ〜。身体が大きいのでヒヤヒヤしてしまいますが、ベンくんはとてもよく言うことを聞いていました。視線はいつも飼育員さんへ注がれていました。

長くなりますので折り畳みます。
続いては牙のチェックなのですが、牙の中なども見える写真がありますので…苦手な方はご注意を。

牙のお掃除〜
by hana440 | 2012-09-28 11:00 | 八木山動物公園 | Comments(2)

八木山動物公園レポ3 ホッキョクグマ

八木山レポ、続いてはホッキョクグマのみんなを。
b0245634_21483964.jpg
八木山には現在3頭のホッキョクグマがいますが、それぞれに紹介の掲示がありました。まずはオスのカイくん。
b0245634_21485998.jpg
手前の黒い部分は来園者側。建物の中なので影になっています。カイくん、ここが定位置のようです。かなり至近距離です!
b0245634_21485089.jpg
ずっとここにいて、来園者を眺めておりました。子供たちが近寄っても全然平気のカイくん。人間の好みがあるのか、時折、鼻先をしかめたりして、嫌そうな顔をしたりしてました(笑)
b0245634_214953100.jpg
ちょっとうたた寝。今回はトラとホッキョクグマ行ったり来たりだったのですが、カイくんここから動きませんでした。後ろからは直射日光があたります。暑い日だったので心配でした。
b0245634_2150953.jpg
結局、動く様子が見られたのはお昼過ぎの交代時間だけ…カイくん、熱射病になっちゃうよ〜

メス2頭は折り畳みます。

女の子たち
by hana440 | 2012-09-27 11:00 | 八木山動物公園 | Comments(0)

八木山動物公園レポ2 バユ(スマトラトラ)

ケアヒの次は、奥さんのバユを。
b0245634_17553699.jpg
交代したかな〜と思って様子を見に行ったら、奥の草むらでくつろいでいました。バユは、ズーラシアのデルと同胎の姉妹なのです。
b0245634_18022.jpg
当たり前なんですけど、すっごい似てる!バユさんのほうが若干引き締まった顔をしている気がします。顔はそっくりなんですが、いつもソワソワ気味なデルちゃんに比べ、バユさんはゆったりとした雰囲気でした。母になった貫禄でしょうか。
b0245634_1823190.jpg
一人で張り付いて見ていたら、こちらへやってきてくれました。
b0245634_1872144.jpg
目の前まで来てくれました♪もう一つのガラス面で見ていた時も、お客さんが大勢見ていた時もそばに来てくれましたので、サービス精神旺盛なコのようです。
b0245634_18101751.jpg
足が可愛かったので載せてみました。アムールとは少し形が違うように見えます。
b0245634_18164527.jpg
一通りご挨拶がすんだら、放飼場をゆったりと散策。オスのケアヒと違って、メスらしい丸みのある後ろ姿です。
b0245634_18195728.jpg
閉園前にはデッキの上に乗ってまったりモードでした。
b0245634_18211970.jpg
舌チロが可愛い♪
この夏にケアヒとの間に3頭の赤ちゃんが産まれました。残念ながら2頭は亡くなり、残された1頭は人工哺育に切り替えて育てられています。バユの子育てが見られないのは残念でしたが、新しい命を産んでくれたバユに心からの感謝を伝えました。今度行く時は子供も公開されているでしょう。また、会いにいくからね!
by hana440 | 2012-09-25 11:00 | 八木山動物公園 | Comments(2)

八木山動物公園レポ1 ケアヒ(スマトラトラ)

9月初めに行った八木山動物公園のレポ、1本目は会いたかったスマトラトラ!まずはオスのケアヒから。
b0245634_16571662.jpg
3月11日の震災が起こってまもなく、ハワイのホノルルから「復興のシンボルに」「頑張れ!」というメッセージを託されて、仙台へ贈られてきました。
b0245634_1724425.jpg
「ケアヒ」という名前はハワイ語で「炎」の意味があるそうです。カッコイイお名前の通り、とってもイケメンでした♪
b0245634_1781576.jpg
この日は開園からお昼過ぎまでの当番だったせいか、暑いためにずっとデッキの影でお休みでした。ちょっと体勢を変える時にしか全身像が見られなくって残念。スマトラは縞模様がとても鮮やかですね。
b0245634_17163545.jpg
こちらを見てくれました。クリアに写ってないけどやっぱり好みのお顔です♪八木山の放飼場はガラス面が多いので、お天気の日は反射がきつくて撮影は厳しいところもありますが、トラにとっては快適そうな住まいでした。
b0245634_17225564.jpg
「…ずっとこっち見てる…なんなの?」って顔でじいっとみられました(笑)
b0245634_1726646.jpg
今年の夏にパパになったケアヒ。八木山で次代への命を繋いでくれたことに感謝します。
by hana440 | 2012-09-24 11:00 | 八木山動物公園 | Comments(2)

モロ母ちゃんの敬老の日(2012/9/16)

9月15〜17日の連休、多摩では「長寿動物キーパーズトーク」が開かれていました。昨年からモロもその仲間入りをしています。
b0245634_12354076.jpg
御歳14歳。「14歳でもう長寿なの?」という声がよく聞かれましたけど、飼育下のオオカミの平均寿命は15歳といわれていますので、十分長寿だといえそうです。
b0245634_12562240.jpg
2歳年下のロボも、来年は13歳になります。夫婦揃って敬老をお祝いすることになるのでしょうか。その時は新放飼場にお引っ越ししているでしょうね〜楽しみです♪
さて、時間になって飼育員さんがやってきました。
b0245634_1321653.jpg
バケツの中身が、いつもの牛骨ではないように見えます。気になります。
b0245634_133361.jpg
この日はモロが主役、ということで、モロを中心としたエピソードが軸になっていました。ロボとモロ2頭の話をしている時にちょうど寄り添ってくれたのでパチリ。
b0245634_1383134.jpg
人工哺育で育ったロボと違い、モロは野生からの保護個体のため警戒心が強く、野生のオオカミとして育ってきたことから、子育ても野生に近い作法で行っていたとのこと。今まで17頭の子を産み、育ててきた肝っ玉母ちゃんらしく、頭が良くて肝が据わっている性格だそうです。(17頭の子供のうち、4頭はミロと同じ05年生まれで、時期は違いますが亡くなっています。2頭は09年に産まれていますが生後数日で死亡。現在残っている仔全頭が多摩の個体です)
b0245634_13235052.jpg
今回はモロの話に始まり、飼育環境のこと、新しい放飼場が建設中だということまで、いつものキーパーズトークよりもより詳しいお話を聞くことが出来ました。
以前の記事で、閉園時にしめ出しをくらったロトの様子を記事にしましたが、閉園時に一旦室内に収容して外を掃除したあとは、室内と行き来を自由にしておくそうです。これは飼育員さんに対して警戒心が強いことと、12頭もいるために室内に閉じ込めると落ち着かないから、との理由でした。(ということは、隔離されてるロンはお外に出してもらえる日がないのかな…気になります)
解説の時間が長かったせいか、おやつが待ちきれないモロ母ちゃん、「早く〜〜!」とばかりに土をほりほりほりほり、せわしなかったです(笑)
ということで、いよいよおやつタイムになりました。
b0245634_13325877.jpg
今回はモロの敬老お祝いということで、もう牙がすり減っている彼女のために、牛骨よりも食べやすい馬のアバラ骨をプレゼント。

かなり長くなりますので折り畳みます。

あばら骨争奪戦〜
by hana440 | 2012-09-23 14:22 | 多摩動物公園(オオカミ) | Comments(0)

お詫び(ロボ一家の個体紹介について)

当ブログで紹介していたロボ一家の個体識別ですが、「ミロ」と「メロ」の識別が反対だったことが分かりました。心からお詫び申し上げます。
個体紹介の記事および、これまでの観察日記も、改めてきちんとした視点から訂正させて頂きました。
・多摩動物公園・オオカミの個体紹介(全頭分)
観察日記のほうは少し加筆修正をしましたが、違う個体であると認識した上で観察していましたので、愛称以外の基本的なことは変わっていません。

以前からミロとメロの識別に関しては、私自身もハッキリしていない点があり、今回ご指摘を受けたことで改めて確認作業をしたところ、個体の愛称が反対だったことが分かりました。
「個体の紹介が間違っていたら教えてください〜」とは書いてあるものの、お恥ずかしい限りです。
しかし、唯一の懸念がなくなったので、これで個体識別は完全版になった、と思います。あとは観察した上での解釈を重ねていこうと思います。
ご指摘をいただいた方、識別にご協力くださった方々にお礼申し上げます。いままでご参照くださっていた方々には、本当に申し訳ないです。ごめんなさい!
認識を改めてまた観察日記を続けていきますので、これからもどうぞよろしくお願い致します。そして、間違った内容や解釈だった場合は、どうぞコメント欄で突っ込んでやって下さい。
by hana440 | 2012-09-22 22:26 | 多摩動物公園(オオカミ) | Comments(0)

ありがとう

多摩のユキヒョウ、マユさんが9月14日に亡くなったそうです。
b0245634_11521269.jpg
閉園のときに起きた、痛ましい事故…。第一報を聞いたときは愕然としました。あまりに突然のことで…この掲示と献花台を実際に見るまでは、全く実感がなかったです。…彼女は本当に、いなくなってしまったのですね。とても悲しく、残念です。

弔いの意味も込めて、今年の写真を少し、載せようと思います。
b0245634_11565425.jpg
まだミストが設置されていなかった暑い日。「今日も暑いねえ〜」と話しかけたら、「暑いわねえ〜なのに子供たちが元気でクタクタなのよ」とこの表情を返してくれました。どんなときでも、どことなく笑顔なのがマユさんでした。
b0245634_11592768.jpg
やっぱり子供たちと一緒の写真が多かったです。大きなほねっこをかじる姿が、子供とシンクロ♪
b0245634_1214381.jpg
とってもとっても、優しくいいお母さんでした。シンギズとの間に産まれた、たくさんの子供たちを愛情いっぱいに育ててくれたマユさん。こんなに偉大なお母さんは、他にいませんでした。
b0245634_1273927.jpg
これが、最近撮った最後の写真になりました。この視線の先には、檻によじのぼっているアサヒちゃんが。いつでも、子供たちを温かく見守っている姿がありました。
b0245634_1219021.jpg
三つ子たちは動きが速くて私の腕ではなかなか撮ることが難しく、そんなときはマユさんに「撮らせてね」と声をかけながらパチリ。穏やかな表情ばかりが残っています。こんなに優しい表情を見せてくれるユキヒョウは、他にはいません。もう多摩に行っても、この微笑みが見られないと思うと本当に淋しいです。

穏やかな笑顔でいつも癒してくれたマユさん、ありがとう。たくさんの楽しい思い出と、可愛い子供たちを残してくれたことに感謝して…ご冥福をお祈りしたいと思います。
by hana440 | 2012-09-18 11:00 | 多摩動物公園 | Comments(0)

大森山動物園レポ4 続・シンリンオオカミの恋の行方

前回の記事の続きです。ジュディーの小悪魔チックな振る舞いにすっかり転がされているシン。
b0245634_21362055.jpg
また自分からアプローチしにいきます。
b0245634_21371594.jpg
またいいとこで袖にされるんじゃないの〜と思っていたのですが
b0245634_21374911.jpg
なんとジュディーさんお腹を見せました!このあとラブラブにじゃれるのかと期待していたら
b0245634_21393637.jpg
まさかのここで強制終了(笑)ジュディーが上目遣いにシンを見ているの、分かりますか?何かの試練のようだ〜
b0245634_21412514.jpg
本当に巧みな恋の駆け引き、見ていて飽きません。ジュディーすごい!

続きは折り畳みます。

魅惑の小悪魔テク
by hana440 | 2012-09-15 11:00 | 大森山動物園 | Comments(0)

大森山動物園レポ3 シンリンオオカミの恋の行方

さて、個体紹介?も終わったところで、シンとジュディー2頭の様子をたっぷりお届けします。長くなりますがおつきあいくださいね。
b0245634_21102057.jpg
開園直後、飼育員さんが中で作業をしている音を聞きつけて、シュートの前に張り付いたジュディー。
b0245634_21115757.jpg
シュートが開きました。シンはしばらく出てこなかったのですが、痺れを切らしたジュディーが半分シュートへ入ると
b0245634_21123438.jpg
出てくる時にはもう、じゃれじゃれの状態(笑)そのまま櫓の後ろに行ってしまったので写真は撮れず〜
b0245634_21141747.jpg
そのあとは放飼場をめいっぱい追いかけっこしてましたが、じゃれる時に限って櫓の奥に行ってしまい、なかなか写真が撮れませんでした(苦笑)すみません。でも、関係はとってもいいみたいです。
b0245634_21153390.jpg
駆けっこの時間も意外とあっさりと終了。シンはジュディーのマーキングのあと?を熱心にパトロール。何度も何度もマーキングを繰り返していました。

長くなるので折り畳みます。

小悪魔ジュディー
by hana440 | 2012-09-13 11:00 | 大森山動物園 | Comments(0)