「ほっ」と。キャンペーン

今日ものんびり動物園

hanazoo.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:多摩動物公園( 169 )

アピくんと手箕

とある夏の日の、多摩オランウータン放飼場にて。
b0245634_16293242.jpg
オレンジの手箕のうえで、どうやって遊ぼうか考えているのはアピくん(2歳)。
b0245634_16301189.jpg
とりあえず立ててみる?
b0245634_16303279.jpg
もう一度、今度はちゃんと表にして、中に入ります。真剣に考えてるお顔だったけど、とても楽しそうです(^^)
b0245634_16313917.jpg
中に入ったからには、やっぱり背もたれにしてぐらぐら〜ん。…これ、家族みんなやるイメージ。ジプシーさんからの伝統技なんでしょうか(笑)
b0245634_16331022.jpg
ゆっくり倒れて行きました(笑)
b0245634_16332724.jpg
「た〜お〜れ〜た〜あ〜」アピくん、アクションが可愛すぎる〜♪
b0245634_16341992.jpg
「何かもっと面白いことできないかな」って考えてる風でした。

アピくん、次は何を見せてくれるかな?続きは折り畳みます。

いきなり!
by hana440 | 2017-02-13 16:47 | 多摩動物公園 | Comments(0)

シマオっ仔とお隣さん

多摩で16年3月頃に出袋したシマオイワワラビーの赤ちゃん。出袋から3カ月も経つと、徐々にひとりで行動する時間も増えてきました。
b0245634_1150848.jpg
シマオ前に行くと、両親は奥のコンクリのところでひと休み中。お母さんのロミ(右)のお腹は、またふくらみが目立ってきました。
チビちゃんはどこにいるかな?と見渡してみると…
b0245634_11515629.jpg
ちょっと影になって見え難いところにいました。小さな後ろ姿が可愛い(^^)
b0245634_11525338.jpg
落葉を食べているところでした。険しい岩場に暮らすロックワラビーたちには、落葉も貴重な食料です。
b0245634_1156572.jpg
動物園の個体は食料には困ることはないけれど、やはり落葉も食べるようですね。
落葉をもぐもぐしながら、お隣とのフェンス際までやってきたチビちゃん。

続きは折り畳みます。

赤ちゃんが気になるみたい
by hana440 | 2017-01-20 12:41 | 多摩動物公園 | Comments(0)

雪とモウコノウマ

昨年の今頃の多摩はどんなだったかな〜と写真を掘り出してみました。
b0245634_1733895.jpg
この時期に雪が降ったんですね。オオカミとレッサーパンダは記事にしたので、モウコノウマをちょこっとだけ。
b0245634_17343087.jpg
みんないつも通りでした。まあザルツァたち海外勢の故郷はもっと降雪のあるところだしね〜
b0245634_173586.jpg
小さかったイルムーン(当時6カ月くらい)とフルールは、ちょっとだけウキウキしていたようでした♪
b0245634_17365232.jpg
水モートにやってきたザルツァお母さん。
b0245634_17372185.jpg
お水を飲みにきたのか?それとも凍ったモートが珍しかったのか?じっ…と氷面を見つめていました。

話は続かないけど…、続きは折り畳みます。

大きくなったな〜
by hana440 | 2017-01-18 17:42 | 多摩動物公園 | Comments(0)

ジャスミンの周りに流れる優しい時間

前回に引き続き、16年3月に産まれたモウコノウマっ仔のジャスミンと家族の様子〜
b0245634_1763281.jpg
前回から一週間後、群れ入りを果たしたジャスミンは、単独で放飼場を歩いたりするように。まだ生後1カ月くらいですが、パーニャお母さんから離れて行動する時間も多くなってきました。
b0245634_1784889.jpg
ひとりで気ままに歩き回るジャスミンの後ろを、ずっと付いて回るイルムーン…(笑)4月生まれの仔馬2頭が群れに加わるまでは、イルムーンはほぼ一日、ずっとジャスミンのそばにいました。初めての妹に興味津々だったようです。
b0245634_17124224.jpg
この日は春のぽかぽか陽気。日向に佇むジャスミンですが…
b0245634_17131335.jpg
だんだんと、目蓋が…(笑)
b0245634_17133181.jpg
そして、大胆にもその場で横臥してしまいました。なんだか平べったい〜
それにしても、放飼場のど真ん中、何も隠れるものがない場所でこんなに堂々と横になるとは思いませんでした(笑)

続きは折り畳みます。

心配される
by hana440 | 2016-12-22 17:31 | 多摩動物公園 | Comments(0)

モウコノウマっ仔・ジャスミンの群れ入り

だいぶ前にイルムーンの群れ入りの様子を記事にしましたが、同じような場面の比較として、16年3月に産まれたパーニャの仔・ジャスミン(メス)が群れに入った当初の様子を綴ってみたいと思います。
b0245634_12363083.jpg
イルムーンの時は生後2カ月を過ぎてから父親のクヴァジーとの同居を皮切りに、ふた月ほどかけて段階的に群れ入りをさせていましたが、ジャスミンの場合は、生後一カ月経たないうちに群れ全頭との同居を果たしました。
b0245634_12421848.jpg
イルムーンの母・ザルツァと比べ、パーニャお母さん(左)は性格が穏やかであること、子育てがわりと放任主義なこと、群れの中での順位が低いため隔離に影響がなかったこと、出産後の隔離期間が短かったことなどが、すんなりと群れ入りできた要因かなと考えています。イルムーンがいたおかげで、群れのみんなが仔馬に対しての接しかたを覚えたというのも、あるのかもしれません。
b0245634_12514440.jpg
上述した通り、パーニャお母さんは放任主義のようで、ジャスミンが自由にしているのを少し離れたところから見守っていたり、他の個体が近付いても神経質に追い払うような行動は見られませんでした。ジャスミンもパーニャお母さんに似て、仔馬らしいところはあるものの、お転婆ではなく物静かな印象です。新獣舍で母親になった個体の中では、一番穏やかで静かな公開と群れ入りだったと思います。

群れに入った当初からジャスミンに興味津々だったイルムーン(メス10カ月)との交流の様子は、続きからどうぞ〜

みんな優しい
by hana440 | 2016-12-20 13:22 | 多摩動物公園 | Comments(0)

シマオの赤ちゃんとセンお父さん

多摩で16年3月頃に出袋したシマオイワワラビーの赤ちゃん。前回から一ヶ月半経ち、だんだんと初夏の陽気になってきたからか、放飼場で過ごす時間も多くなってきました。いままであまりやり取りが見られなかった、オスのセンくんと赤ちゃんのやり取りが観察できたので綴ります。
b0245634_12273222.jpg
着いた時、放飼場に誰も出ておらず探していると、室内からロミお母さん(右)とセンくんが出てきました。警戒心の強いシマオたちですので、こちらに引っ越してからは常時、室内外出入り自由にしてくださっています。誰にも見られない空間があるだけでも、シマオたちには安心ですね〜
b0245634_1231331.jpg
部屋の奥から、ぴょこんと出てきた赤ちゃん。センくんの隣に佇んで、クンクン…
b0245634_1232176.jpg
ほっぺ?にチュッ♡と、その瞬間
b0245634_1233142.jpg
センくん、反射的に手を挙げて赤ちゃんを退けようとしますが
b0245634_12334848.jpg
相手が赤ちゃんということに気が付き、このままの姿勢でぐっと堪えたようです。…しばらく、手の指がパーのまま固まっていました(笑)センくん偉い!
b0245634_12361084.jpg
謝るように鼻を合わせるセンくん。赤ちゃんも嬉しそうでした(^^) かわいい〜

続きは折り畳みます。

雌雄の確認
by hana440 | 2016-12-17 13:08 | 多摩動物公園 | Comments(0)

いってらっしゃい、嶺花!

多摩のゴールデンターキン、嶺花(メス2歳/父は故ボウズ、母ホイ)が、和歌山のアドベンチャーワールドへ移動することになりました(公式発表)。独り立ち(お嫁入り)の門出を祝して、これまでの成長過程を少し綴っていこうと思います。
b0245634_22585440.jpg
(2014年4月)
嶺花は生後1ヶ月で一般公開されました。鶯巓以来、久しぶりに見るターキンっ仔のあまりの可愛さに、連写の指が止められませんでした(笑)
b0245634_2305069.jpg
同時期に産まれた踊巓(15年死亡)と比べて、とても活発で、チャレンジャーだった印象の嶺花です。
b0245634_2314448.jpg
ホイお母さんは初めての子育てだからか、わりとスパルタ教育だったと思います。色んな場所の岩登りに挑戦させていました。嶺花もめげずに頑張っていました。
b0245634_234493.jpg
(2014年11月)
大放飼場に出るようになり、オスの鶯巓(オウテン)と母仔で同居を始めた頃の一枚。オスから我が子を守ろうと警戒心いっぱい、動揺を見せていたホイお母さんを、静かに宥めていた嶺花。鶯巓に対して積極的に近付くことはしませんでしたが、ホイお母さんの慌てっぷりが滑稽なくらい落ち着いていました。度胸があるんだなあと感心しました。
b0245634_238495.jpg
この写真の2ヶ月前から角が生え始めましたが、直後に先端が折れてしまいました。遊んでて折っちゃったのかな?この名残は今も残っていて、嶺花は角が少し短く、先端は丸まったままです。

続きは折り畳みます。15年と16年。

大きく美しく育ちました
by hana440 | 2016-12-05 12:12 | 多摩動物公園 | Comments(4)

シマオの赤ちゃん、小屋でぬくぬく♪

前回から間が開いてしまいましたが、多摩のシマオイワワラビー、16年3月頃に出袋した赤ちゃんの様子です。
b0245634_12562261.jpg
3月に入って、袋から出ている姿が少しずつ見られるようになった赤ちゃん。
b0245634_1374943.jpg
そのタイミングで、シマオ舍にある大きな小屋に、ライト型のヒーターをつけてもらっていました。朝夕は気温が低いですしね。小さな気遣いですがとても嬉しい。
b0245634_12594078.jpg
春の初め頃は、必ずと言っていいほどここで過ごしていた赤ちゃんです。くつろぎ姿〜
b0245634_1314957.jpg
逆に親たちはあまり小屋の中やヒーターの下にいることがなく、外で過ごしていました。ときどき、ロミお母さんが様子を見に来ます。
b0245634_1324979.jpg
ちょっとだけ会話をしたけど、赤ちゃんに動く意志がないのが分かったところで
b0245634_1332893.jpg
すぐに出て行っちゃいました。本当はどんな会話をしてたのかな。
b0245634_135024.jpg
子供は元気に遊び回るもの…と思っていたのですが、私が見に行った時も、複数のzoo友さんがたが見た姿も、毎回ヒーターの下でぬくぬくしている姿ばかり。もしかして具合が悪いの?なんて心配した時期もありました。
b0245634_1384632.jpg
でもワラビーの場合は「子供は元気に遊び回る」というのは固定観念で、実際はその仔の性格によるのだそうです。よかった〜!
b0245634_13103394.jpg
この赤ちゃんは静かで慎重な性格だったみたい。わりと活発なロミお母さんとは対照的ですね。
b0245634_1312185.jpg
でも小屋にいてくれると、わりと近くで赤ちゃんをじっくり見られるのは嬉しかったなあ。手が可愛いです♪もう少し暖かい陽気になってきたら、小屋の外で動いてくれるかな?と期待しながら、ぬくぬくする赤ちゃんを静かに見守る初春でした。

暖かくなってきて引きこもり?をやめた赤ちゃんの様子は、また次回のシマオ記事で♪

(2016.4)
by hana440 | 2016-11-16 13:18 | 多摩動物公園 | Comments(0)

おべんと、ついてるよ

とある日の、朝のキントンさん。
b0245634_17114144.jpg
久しぶりに起きているところに出会えた日。上の方を探索中でした。春先だったので、まだ毛がもふもふ♪体もまるっこいのでさらに愛らしいです。
b0245634_17125349.jpg
朝、みんながやってくるいろんな匂いを嗅いで楽しんでいるみたい。
b0245634_1713388.jpg
おや?キントンさん、お鼻におべんとがついてるよ〜!(笑)かわいい…
b0245634_17152036.jpg
朝のご飯かなあ、それともお部屋の寝藁かなあなんて思いながら眺めていると、足早に壁の方へ向かっていくキントンさん…
b0245634_17162086.jpg
なんと、壁でお顔をゴシゴシし始めたのです!ちょうど鼻の真ん中にくっついてヒラヒラしているから、邪魔だったのかな?
b0245634_17172390.jpg
鼻から頬にかけて、念入りにゴシゴシしていました。気持ち良さそうな表情(^^)
b0245634_1718191.jpg
でも…おべんとはついたままでした(笑)キントンさん、かわいすぎる〜♪

(2016.3)
by hana440 | 2016-10-06 17:20 | 多摩動物公園 | Comments(0)

一瞬で収納!シマオの赤ちゃん

3月に入った頃の多摩のシマオイワワラビーたちの様子です。
前回の記事で、ロミ(メス)の袋から少しだけ顔を見せてくれた赤ちゃんですが、3月に入ると、袋から出ている姿がちらほら目撃されるようになりました。
b0245634_1741167.jpg
春の初めは未だ肌寒い気温でしたが、シマオ舍は日当りがいいので過ごしやすそう。
b0245634_17414373.jpg
ロミちゃんも日向ぼっこをしながら、ウトウト…。よく見ると、お腹の袋から、赤ちゃんの耳がはみ出ています。随分大きくなったようですね♪
b0245634_17425530.jpg
オスのセンくんも、少し離れたところで毛繕い中。私もしばらくここで日向ぼっこをしながら、赤ちゃんが出てくるのを待つことにしました。

しばらくすると、袋の口を緩めたのか、赤ちゃんの顔を見ることができました。続きは折り畳みます。

手品のよう
by hana440 | 2016-09-08 18:01 | 多摩動物公園 | Comments(0)