今日ものんびり動物園

hanazoo.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:群馬サファリパーク( 8 )

猛獣ゾーンのトラとライオンたち@群馬

群馬サファリのレポ、次はサファリエリアのトラとライオンを。
b0245634_1756761.jpg
スマトラゾウたちのエリアを抜けると、二重門のある猛獣ゾーンへ。ここにはベンガルトラとホワイトタイガーが一緒に、その奥のエリアにライオンのプライドがいます。
車で門をくぐると…
b0245634_17564442.jpg
すぐ傍の岩上で、ベンガルさんが満面の笑みで迎えてくれました♪毛並みからすると、けっこうベテランかもしれません。(お名前は紹介がないので分からず)
b0245634_17582069.jpg
そして道路の先の方を横切る、ホワイトタイガー2頭。トラエリアにはこの3頭がいるようです。全員オス個体でした。
b0245634_17592695.jpg
ホワイトタイガーはベンガルトラの白変種ですが、自然界でこうして出会うことはないんだろうなあ。なかなか面白い光景です。
b0245634_1835712.jpg
一頭が木に登って、匂いをクンクン…こうやって空中の丸太の上に登ってるのって新鮮〜
b0245634_1845836.jpg
もう一頭が下からちょっかいをかけます(笑)この2頭、兄弟だとどこかに掲示がありました。

続きは折り畳みます。愛想のいいベンガルさん。

接客のプロ
by hana440 | 2015-07-27 18:34 | 群馬サファリパーク | Comments(0)

ごきげんカピバラ♪@群馬サファリ

猛獣たちのお隣(手前)にあったカピバラ舍。
b0245634_1352933.jpg
ウォーキングサファリの放飼場にはペアが暮らしていました。
b0245634_13617.jpg
名前はオスがシイくん(手前)、メスがマメマメちゃん。ふたりとも市原の出身だそうです。この日はずっとクククク…と鳴きながら、ゴキゲンな様子でよく動いていたふたり。
b0245634_1382759.jpg
シイくん入水〜。放飼場は横長の作りで、右端のスペース全体がプールになる仕組み。
b0245634_1394421.jpg
ずっと付かず離れずのふたり、もちろんマメマメちゃんも入水。
b0245634_13103857.jpg
コンクリの壁で囲われた放飼場ですが、それが低いので、近くでじっくりと観察することが出来ます。前足をズーム。指先がなんだか不思議です…爪なのかな?
b0245634_13121345.jpg
…ちょっと水が浅かったね(笑)まだ早朝はひんやりする陽気だったので、浸かるにはまだ冷たかったのかな?

続きは折り畳みます。

もりもり食べるよ
by hana440 | 2015-07-17 13:40 | 群馬サファリパーク | Comments(0)

わらわらチーターっ仔@群馬サファリ

b0245634_170576.jpg
群馬サファリパークで14年7月に生まれたチーターの子供たち、生後9ヶ月の様子〜。放飼場は檻面ばかりで写真は厳しいですが…
b0245634_16584811.jpg
子供は全部で5頭(♂2、♀3)。母親のティアラさん(8歳)と一緒に展示されていました。3頭だんご〜こうなると何がなんだか(笑)
b0245634_171518.jpg
これがなんとか全員入ってるかな。とにかくわらわらいるように見えます。
b0245634_1723619.jpg
ティアラお母さんが移動すると子供たちも一緒に移動〜
b0245634_1731584.jpg
わらわら…。多摩でも以前5つ仔が生まれましたが、ここまでの密集感はなかったなあ(^^;)よく固まって遊んでいたからかもしれません。

続きは折り畳みます。

撮影が難しい…
by hana440 | 2015-07-16 17:43 | 群馬サファリパーク | Comments(0)

小さなゾウさん、スマトラゾウ

国内では群馬サファリパークだけが飼育している、スマトラゾウ。
b0245634_11585443.jpg
オオカミたちのいる「ウォーキングサファリゾーン」から、少し車で進んだエリアにいます。昨年の6月にインドネシアからペアがやってきました。こちらはメスのイダ(9歳)。
b0245634_1205366.jpg
牙のあるほう、オスのアスワタマ(6歳)は、プールで遊んでいました。小高くなった場所にコンクリ敷きの東屋とプールがあり、ゾウたちはその周辺で暮らしているようです。
b0245634_1224269.jpg
閉園間近だったからか、2頭と職員さんたちのやり取りを見ることが出来ました。サファリカーがやってくると、何をやるのか分かっているのでしょう、向かっていく2頭。
b0245634_1241249.jpg
職員さんが声を掛けると、ちゃんと伏せます。賢いなあ〜。
b0245634_1251265.jpg
アスワタマくんは、ブラシでゴシゴシ、綺麗にしてもらっていました。擦ったとたんに土ぼこりがもわもわ〜(笑)気持ち良さそうなお顔が可愛かったです♪
車から遠目に見るので大きさが分かりませんでしたが、こうして人と並ぶと分かりますね。まだ仔ゾウというのもあるでしょうが、福山のボルネオゾウ・ふくちゃんよりも小型みたいです。
b0245634_1261191.jpg
メスのイダちゃんもブラシでゴシゴシ♪彼女は初めから寝転がってました(笑)くつろぎ過ぎ〜

続きは折り畳みます。

信頼関係はしっかりと
by hana440 | 2015-07-07 12:34 | 群馬サファリパーク | Comments(0)

ピグミーゴートの赤ちゃん 3

群馬サファリで出会った、生まれたばかりのピグミーゴートの赤ちゃん、3頭目は…
b0245634_1156977.jpg
前々回に記事にした、一番小さい仔と体色の良く似た赤ちゃん。少し身体が大きかったです。餌やり用の青草が好きなのか、人に興味があるのか、大人ヤギに混ざって柵際にいる時間が多かったです。
b0245634_11292797.jpg
夕方、人もあまりいなくなった頃…お母さんヤギが赤ちゃんを遊びに誘います。
b0245634_11364462.jpg
乗り気じゃなかったのか、一旦伏せてごねていた赤ちゃんでしたが…
b0245634_11424522.jpg
急にやる気になって立ち上がったら〜
b0245634_11431911.jpg
お母さんの胸めがけてドーン!

ここから角突きの特訓が始まりました(^^)続きは折り畳みます。

楽しそう♪
by hana440 | 2015-06-29 11:59 | 群馬サファリパーク | Comments(0)

ピグミーゴートの赤ちゃん 2

群馬サファリで出会った3頭のピグミーゴートの赤ちゃん。
b0245634_11495264.jpg
2頭目は一番身体が大きかったベージュちゃんの様子を(^^)
b0245634_11505419.jpg
もう放飼場のあらゆるところを冒険するのが楽しくてしょうがないみたいで、ホントに活発に動き回っていました(笑)
b0245634_1152272.jpg
放飼場は奥へ向かって下る斜面になっており、高い段差のある岩場も。果敢に挑戦します。
b0245634_1153630.jpg
やんちゃさんでも、自分の倍以上ある高さの岩場を降りるときは慎重です。でもなんとか、転ぶことなく降りることが出来ました。

続きは折り畳みます。

More
by hana440 | 2015-06-26 12:05 | 群馬サファリパーク | Comments(0)

ピグミーゴートの赤ちゃん 1

群馬サファリパークで、オオカミの次に心を奪われたもの…それはピグミーゴートの赤ちゃんでした♪
b0245634_126441.jpg
訪問した日は3頭の赤ちゃんがいて、まだへその緒が付いていました。おそらく、生後数日くらいかと思います。来園者から撫でてもらったり、餌を貰ったりと好奇心旺盛。どの仔も可愛くて、動きが面白くて、ついつい観察してしまいます。
b0245634_1295535.jpg
3頭のなかでは一番あとに生まれて来たと思われる赤ちゃん。個体紹介はないので、名前は分かりませんが…
b0245634_1211117.jpg
一番小さいからでしょう、お母さんといつも一緒でした。
b0245634_12121956.jpg
休んでいるお母さんに登ろうと頑張る赤ちゃん。可愛い〜
b0245634_1213098.jpg
ママ・マウンテンはなかなか険しい道のようです(笑)背中の方へ移ろうとして
b0245634_12133912.jpg
こてっと転んでしまったり〜(笑)可愛いなあ、もう

続きは折り畳みます。

まだお乳がいい
by hana440 | 2015-06-25 12:28 | 群馬サファリパーク | Comments(0)

群馬サファリパーク・オオカミの森

4月の上旬に、zoo仲間と一緒に群馬サファリパークへ行ってきました。第一の目的はシンリンオオカミを見ることでしたので、他の動物をすっ飛ばして(笑)まずは軽く様子だけでも。
b0245634_12521198.jpg
サファリの中間あたりに「ウォーキングサファリゾーン」という車を降りて見られるエリアがあり、そのはずれにオオカミの森があります。上の写真の地図だと、右下のほうに小さく書いてあります。
b0245634_12552149.jpg
駐車場から直接入れます。「繁殖センター」と付いていますが、あまり大々的な雰囲気はありません。獣舍の方は工事中なのか通行止めになっており、覗くことは出来ませんでした。
b0245634_1256365.jpg
これは橋の上から、放飼場の3分の1を撮ったもの。写真の左手に広がっていて、かなりの傾斜があります。山の斜面をそのままフェンスで区切った感じです。
b0245634_1259844.jpg
群馬には全部で10頭飼育されていますが、メスの4頭は獣舍暮らしなので外に出ていません。父親とその息子たち、6頭が外に出ています。
b0245634_13125965.jpg
後日zoo友さんに教えて頂いて、唯一分かったのが父親のゼットン。当時まだ7歳と若いはずなんですが…けっこう白い毛が目立っていますね。彼と、富山生まれの奥さんとの間に生まれたのが今出ている息子たちです。というわけで、息子たちは富山系の顔だと分かる個体も(^^)
b0245634_1341174.jpg
このフェンス際が皆の定位置みたいで、とても近くでその存在を観察できます。
b0245634_13321860.jpg
これはフェンスの反対側から撮ったところ。写真で見てお分かりの通り、あまり平地のスペースがなく、すぐ斜面になっています。
b0245634_1372016.jpg
斜面を下ればこうして草地や小川などもあって快適そうなんですが、どの個体も下で過ごしている時間は短かったです。排泄のためだけに下に降りていく、なんて個体もいました。真夏になって日当りのいいときなら、深緑と一緒に撮れるかもしれませんね。

続きは折り畳みます。

More
by hana440 | 2015-06-23 13:46 | 群馬サファリパーク | Comments(0)