「ほっ」と。キャンペーン

今日ものんびり動物園

hanazoo.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:とくしま動物園( 12 )

おやすみなさい、コウゲツ

ナッツの訃報からまだ立ち直っていないのに、また悲しいニュースが…。
b0245634_1351211.jpg
とくしま動物園のシベリアオオカミ、コウゲツが12月8日に亡くなったそうです(四国放送の記事はこちら)。
b0245634_135584.jpg
17歳と7カ月。国内のオオカミの中では最高齢でした。年始頃にまた会いに行こうかな、と思っていた矢先だっただけに、とても残念でなりません。昨年の10月に会いに行ったのが、最初で最後になってしまいました。
b0245634_13192771.jpg
亜種は違うのに、面差しがロボによく似ていたコウゲツ。一目で大好きになってしまいました(笑)人懐こい表情も相まって、とてもほんわかした印象のおじいちゃんでした。
b0245634_13234018.jpg
印象的だったのが、何をするにも楽しそうにしていたこと。ちょうど酷暑が終わった時期に会いに行ったのも良かったのでしょうが、ご機嫌よさそうな表情を崩しませんでした。
b0245634_1328356.jpg
餌を食べるときも、お散歩しているときも、休んでいるときも、瞳はキラキラとして力がありました。2、3カ月前までは、ガラス面でのもぐもぐタイムもやっていたそうです。徳島県の気候はオオカミにとっては大変なところもあるでしょうが、こんなに元気で長生きできたのは、きっと園の飼育や環境が良かったのでしょうね。
b0245634_13324464.jpg
コウゲツ、長い間お疲れ様でした。昨年、元気なあなたにあえて本当に嬉しかった。ありがとうね。
先に天国へ行った奥さんと一緒に、ゆっくり休んでください。

コウゲツが亡くなったことにより、日本ではシベリアオオカミが見られなくなってしまいました。気候は過酷かもしれませんが…とくしまには、できればまた、オオカミを飼育してほしいものです。

訪問時の記事↓
とくしまの長老、コウゲツ
by hana440 | 2014-12-11 13:48 | とくしま動物園 | Comments(0)

カワウソ舍ととくしま動物園の見所いろいろ

とくしま動物園のレポ、最後は楽しかったカワウソ舍と、そのほかの見所などをご紹介します。
b0245634_16134151.jpg
温帯動物館というエリアにいるコツメカワウソ。プールがこんな風になっているのが面白い!
b0245634_16174374.jpg
運が良ければ、コツメさんを真下から見ることができます。
b0245634_16185265.jpg
このときはペアが出ていました。とっても仲良し♪プールの角でレスリングをしている時間が多かったです(笑)
b0245634_1620646.jpg
プールから壁を隔てたところには岩場のある普通の放飼場があり、この大きなパイプを通って、コツメたちが出入りしているようです。泳ぐ姿もじっくり見られる上、地上での姿もちゃんと見られる、とても面白い施設でした。
b0245634_16231112.jpg
ちょっとだけこちらに来てくれたところをパチリ。やっとまともにお顔が見られました(笑)

続きは折り畳みます。

素晴らしい掲示とバーレーへのメッセージ
by hana440 | 2013-12-05 17:08 | とくしま動物園 | Comments(2)

優しい顔のヒグマたち

とくしま動物園のヒグマたち、とっても優しいお顔をしていたのでご紹介します。
b0245634_22184970.jpg
運良く?ちょうどおやつをあげ終わったところに遭遇。オスとメスが一頭ずついるようです。
b0245634_22193973.jpg
カメラを持っていた私を見て、担当さんがおやつを投げるそぶりをしてくださいました(笑)オスの勝(まさる)くん、おやつが飛んできた!と思ったのか、こんなポーズ♪手が可愛い〜
b0245634_222111100.jpg
その横で、期待の籠った眼差しで見ているメスの広子さん。穏やかそうな微笑みが素敵です。
b0245634_22221369.jpg
2頭の個体紹介はこちら。身長や体重も明記されているのがいいですね〜。同年同月生まれということは、兄妹なんでしょうか?お顔と体格を見ていると、あまり似ていないけど…。

続きは折り畳みます。

2頭とも優しい顔立ち
by hana440 | 2013-12-04 10:17 | とくしま動物園 | Comments(0)

お茶目なベンガルトラ・ルパンくん

ネコ科の中で一番広い放飼場に暮らしているのがベンガルトラ。
b0245634_21485716.jpg
動物園通いを始めてから、きちんとベンガルトラを見るのは初めてでした。やはりアムールやスマトラとは少し違う体躯をしていますね。縞模様は2種の中間といったところでしょうか。
b0245634_21494042.jpg
この個体はオスだからか、腰回りもどっしりしていて、たくましい感じでした。
b0245634_21501119.jpg
個体紹介はこちら。名前の由来を聞いてみたいなあ(笑)
このルパンくん、なかなか楽しい表情を見せてくれましたので、写真を並べてみます。
b0245634_2154981.jpg
草むらでゴロゴロしたあと…
b0245634_21552958.jpg
おもむろに草をガブリ!
b0245634_21555373.jpg
根っこの這っている丈夫な雑草を選んで、グイグイと引っ張りっこ〜
b0245634_2157192.jpg
やっとちぎれた草をぺっぺっ、してます(笑)毛玉を吐くためにやっているのではないようです。それにしても舌、長〜い!
b0245634_2158280.jpg
「…まっずー」
なんてしょっぱい顔してるの〜!(笑)

同じような場面が続きますが、続きは折り畳みます。

愛嬌のあるお顔(^_^)
by hana440 | 2013-11-28 22:06 | とくしま動物園 | Comments(0)

とくしまのスーパーモデル!

セイロンゾウのマリーさんのお向かいには、ネコ科と爬虫類などが暮らす長屋があります。外に出ていたオスのピューマは、檻が厳しくとても撮影は無理でした。彼をしばらく観察し、室内展示に入ると…
b0245634_21271389.jpg
こちらもお部屋の隅っこでお休み中でした。こちらはメスのマリーさん。「世界一かわいいピューマ」との掲示がありました♪ お顔を見られなくて残念。

爬虫類などを見ながら室内を進んで行くと、サーバルの展示室があります。
b0245634_21311186.jpg
室内をお散歩中でした。ここはガラス面なので、そばに来てくれればかなり近くで観察できます。美しい…!
b0245634_21315260.jpg
個体紹介はこちら。ネコ科長屋の掲示はとても凝ったものや詳しいものがあり、見応えがありました。書いてある文章も愛情たっぷりで、思わず笑顔になります。
b0245634_21332040.jpg
ミミさん、性格はネコ科の美女らしくていいですね〜♪右耳がちょこっと折れているのも目印なんでしょうか。美ネコさんだあ♪

以下、折り畳みます。美しいお姿をたっぷりと♪

デルモ歩き
by hana440 | 2013-11-26 10:25 | とくしま動物園 | Comments(0)

可憐な乙女のセイロンゾウ・マリー

とくしまのセイロンゾウ・マリーさん。とっても広い放飼場に一頭で暮らしています。
b0245634_11495031.jpg
私が行ったときは、奥で青草をもぐもぐしていました。
b0245634_11503838.jpg
とっても優しい横顔です。
b0245634_11521635.jpg
個体紹介はこちら。1990年生まれの23歳、若い女の子ですね。
b0245634_11531237.jpg
ゆっくりと放飼場をお散歩。可愛いオシリ♪
とくしまの放飼場は広さは十分なのですが、木陰がほとんどありません。砂地はありましたが水場がないみたい(あるのかもしれませんが、この日はお水が張ってなかったので分からず…)で、遊具などもなく、ちょっと退屈そうでした。暑い日だったし、かんかん照りで水浴びもできないのが心配でした。
b0245634_11591678.jpg
撮影も、柵が二重三重だったりして場所を選びます。ピューマ側のはじっこに行って、やっと柵なしで撮れました。可愛い!

続きは折り畳みます。

とっても愛らしい姿
by hana440 | 2013-11-24 12:22 | とくしま動物園 | Comments(0)

ミーアキャット、太陽の下で

とくしまのレポ、まだまだ続きます。ライオンのレオくんのご近所にはミーアキャットがいました。
b0245634_22504376.jpg
太陽の光が気持ちよく降り注ぐ、外の放飼場。広さもあり、快適そうな住まいです。
b0245634_22523389.jpg
放飼場前にはこんな掲示もありました。マングース科もなかなか興味深いですね。
b0245634_22544456.jpg
一枚目の木のてっぺんに立っていた個は、熱心に周囲を見張っていました。凛々しい後ろ姿。
b0245634_22552414.jpg
とくしまの放飼場、目線が来園者よりもミーアたちのほうが高くなるように作られていて、新鮮でした。新緑をバックに撮れるなんて嬉しい。美しく愛らしい横顔です。

続きは折り畳みます。

何頭いるの?
by hana440 | 2013-11-22 10:32 | とくしま動物園 | Comments(0)

サバンナエリアの面々

とくしまのサバンナエリアにいた動物たちを少しだけ。
b0245634_1635763.jpg
カピバラたちと同居しているチャップマンシマウマ。オス1頭とメス2頭がいます。
b0245634_1655673.jpg
メスたちはこの通り、綺麗な縞模様をしているのですが…
b0245634_1663172.jpg
オスのチビくんだけはちょっと変わった縞模様なのです。全身を撮れなかったのでこんな写真しかないですが、まるで砂紋のような、不思議な模様…
b0245634_1682854.jpg
耳の裏もこんな感じ。虫の羽にある模様みたいですね。シマウマは生まれつきこういった縞模様なんだそうですが、この少し風変わりな模様はなにか要因があるのか、気になります。

そしてシマウマたちと同じエリアにいるのが
b0245634_16122728.jpg
マサイキリンのイッペイくん。シマウマのチビくんとは仲良しだそう。
b0245634_16131194.jpg
マサイを初めて見ました。柄がとても細かく、美しいですね。
b0245634_16151119.jpg
とくしまのキリンはイッペイくん一頭だけだそうです。マサイキリンは他に飼育している園が少ないので、血統も考えるとお嫁さんは難しいそう。せっかく広いサバンナなのに、ちょっと淋しいね。
b0245634_16164231.jpg
キリンデッキは室内があり、ベンチからのんびりイッペイくんを眺めることができます。イッペイくんもガラス面前によく来てくれました。優しい後ろ姿。

お向かいの住人は折り畳みます。

超イケメンライオン
by hana440 | 2013-11-18 10:54 | とくしま動物園 | Comments(0)

ホオジロカンムリヅルの沐浴

とくしまでは頬の赤いカンムリヅルと、頬の白いホオジロカンムリヅルの両方を同時に見ることができます。写真はカンムリヅル。
b0245634_1535742.jpg
2種ともバードケージの中で暮らしていて、他園よりも数が多かったです。樹上で暮らしている様子も観察できるため、こんな珍しいアングルも見られて新鮮でした。3階建てのデッキもあるので、樹上の彼らと近い目線での観察も可能です。鳥が好きな人にはとってもオススメ。

さて、前々回の記事で、カピバラたちのそばにいたホオジロカンムリヅル。サバンナにはホオジロカンムリヅルのみが展示されていました。
b0245634_1537632.jpg
池の中にいてカピバラたちの様子を窺っていましたが…
b0245634_15374781.jpg
どうやら水浴びをしたかったようです。最初は控えめに
b0245634_1541387.jpg
一息ついて、カピバラたちに怒られない?と分かると
b0245634_15414735.jpg
豪快に水浴びを始めました!羽の色がとても綺麗なので、水浴びもなかなか見応えがあります。
b0245634_1544274.jpg
全身の羽を立てたようにしてふぁさふぁさと…どこか上品に見えるのは役得だなあ(笑)

乾かしている様子は折り畳みます。

羽ばたく姿も麗しい
by hana440 | 2013-11-17 15:54 | とくしま動物園 | Comments(0)

カピバラっ仔、可愛くころりん♪

とくしまの仔カピちゃんズが本当に可愛かったので、ずらずらと写真を並べてみます。
b0245634_1782383.jpg
ママと一緒にのんびり♪ママも他の大人カピに比べると、とても小柄でした。
b0245634_1712220.jpg
少し離れて池のほとりに寝ていた仔。この仔がかわいい表情を見せてくれました♪
b0245634_17132153.jpg
寝返りをコロリンと
b0245634_17252291.jpg
「………」
b0245634_17254940.jpg
ふぁ〜とあくび。カピバラのあくびは馬のあくびに似ていますね。前歯がかわいいよ〜

続きは折り畳みます。




可愛いしか出てこないよ(笑)
by hana440 | 2013-11-15 10:05 | とくしま動物園 | Comments(0)