今日ものんびり動物園

hanazoo.exblog.jp
ブログトップ

2017年 11月 09日 ( 1 )

それぞれの「伸び」の意味(2017/1/14)

オオカミが前足をぐっと伸ばす「伸び」の姿勢は、ただのストレッチ目的以外に、「示威」「遊びの誘い(いわゆるプレイバウ)」の意味があると言われていますが、彼らを見ていると、二つの意味から分岐した細かな意図が潜んでいるように思えます。この日は大放飼場の4頭で、その表情を捉えることができました。ガラス面からなので写真が悪いですが、ご了承ください。

まず前提として、この時の4頭の順位は、ロイ>ロキ>チロ>ロト でした。これを踏まえて以下。

b0245634_17421303.jpg
遠吠えのあと始まった挨拶合戦。左にいる1位のロイ(オス9歳)に対して、メスのチロ(10歳)、ロト(オス9歳)が真っ先に挨拶に向かいました。この群れの場合、遠吠え後の挨拶の最中に、「伸び」をすることがルーティンになっているようで…

b0245634_17460640.jpg
3頭での挨拶のあと、並んで伸びをするロイとロト。ロイは尾をまっすぐ上にあげて鬣を立てていることから、「示威」の意味に近いと分かります。一方隣のロイは、尻尾を大きく振りながらロイよりも顔が低くなるようにしているので、「遊びの誘い」に近い意図がありそうです。
挨拶に加わらなかったロキ(右、オス8歳)も傍にやってきました。特に、矢印で示したロイとロキに注目。

b0245634_17504358.jpg
ロトはすぐに伸びを止めましたが、ロイは前傾姿勢のまま、じっとロキを見つめます。上位の自分に挨拶に来ないことを非難しているのかも。ロキの隣では、チロが不穏な雰囲気を感じたような表情を見せています。

b0245634_17591465.jpg
ロイも同じく不穏な空気を感じたのか、ロイとロキ2頭の間を遮るようにしていました。ここでロイは身を起こします。ロキは特に反応を見せず、緩く尾を振りながらロイを見つめるのみ。挨拶に行く様子はありません。

ロキの態度で、またロイが怒るかなあ〜と思っていましたが…
続きは折り畳みます。



宥める、謝る
by hana440 | 2017-11-09 22:51 | 多摩動物公園(オオカミ) | Comments(0)