今日ものんびり動物園

hanazoo.exblog.jp
ブログトップ

ひとりマーキングの意味(2017/1/3)

年が明けて2017年初の多摩のオオカミたち。昨年と同じく比較的波のない、穏やかな繁殖期になっています。
b0245634_19121037.jpg
いつも通り、3頭でのパトロール風景。前からロイ、ロト(共にオス9歳)、チロ(メス10歳)。この3頭は纏まって行動することが多く、パトロールでも一緒に歩く時間が多いです。ちなみに長年見ている所感では、歩く順番は序列とは関係ないみたい。
b0245634_19155308.jpg
パトロールに加わらず寝ていたり、途中で外れたり、ともすれば兄弟とは反対周りをしたりする、気まぐれな4頭目が末弟のロキ(オス8歳)。この日目立った、彼の独りよがりな行動(笑)の様子です。続きは折り畳みます。



昔はモート(堀)でこっそりやっていた片足を上げてのマーキング。アルファ狼のロボが生きていた時代は、やると必ず咎められていました。
ここ1、2年でモートではなく放飼場で、1位のロイの目を盗んでやるようになったことは、この記事の通り。
b0245634_19233671.jpg
この日は大胆にも開けた場所でやっているところに遭遇しました。他の3頭は奥のフェンス際にいて、ここからは少し距離があります。勢い良く片足あげてジョボボ〜…
b0245634_19234222.jpg
一応ロイの目は気にしている様子で、睨まれていないか確認しながらも、ダイナミックに後ろ足で土を擦ります。
b0245634_19325586.jpg
奥の茂みからロイが顔を見せると(左奥)、途端に視線を外しているのが面白かったです(笑)
b0245634_19334864.jpg
ロイが見えなくなると再び、大胆に印付けを行っていました。
b0245634_19343919.jpg
右奥で見ているロトを気にしないのは、自分より下位だからかもしれません。
b0245634_19353892.jpg
こっちにドヤ顔されても…(笑)それにしても堂々とした姿勢ですね。
b0245634_20131381.jpg
ロキが立ち去ったあと、現場検証に来たロト(左)とロイ。顔を見合わせて「あいつ、ここにやってたな」なんて会話しているように見えました。
b0245634_20150658.jpg
熱心に嗅ぎ回るかと思ったのですが、こうしていたのはほんのひと時。
b0245634_20162503.jpg
一通りニオイを嗅いだら、ロイはさっさとパトロールに戻っていきました。そんな彼の様子を少し不思議そうに見送るロト(左奥)。遅れてチロもチェックしに来ました(右)。
b0245634_20182886.jpg
ロトとチロのふたりはロイよりも熱心にチェックしていましたが…
b0245634_20194693.jpg
やはりさほど興味がない様子で、短時間で終了しパトロールに加わっていきました。メスのチロは、ロイのマーキングに重ねて排尿するときもありますが、ロキのそれには、重ねる気はないようです。

その後、パトロールが終わってそれぞれ思い思いに過ごし始めたとき…
b0245634_20232012.jpg
再びチェックをしにやって来たロイ。ただこの時もニオイを嗅ぐばかりで、自分の権威を示すために上に重ねたり、ロキを咎めるような行動は起こしませんでした。
b0245634_20293967.jpg
オオカミのマーキングは縄張りの主張や、最上位個体の権威を表すためと言われていますが、1位ではないロキの行動はそのどちらにも当てはまりません。他の3頭の反応を見ていても、彼のマーキングには特に意味がないのではないかと思われます。
b0245634_20312540.jpg
この日は他の場所でもマーキングしていたロキ。
彼としては「上位だから意気がって(調子に乗って)やっている」か「繁殖期だからメスへのアピール」のためなのかも?と推測していますが、誰にも反応されていないのを見ると、前者のほうにより当てはまるのかなと考えています。
どちらにしても大放飼場組の中では、いつまでもコドモっぽい印象のあるロキなのでした。

by hana440 | 2017-09-18 20:50 | 多摩動物公園(オオカミ) | Comments(0)