今日ものんびり動物園

hanazoo.exblog.jp
ブログトップ

ロイとチロの取りなし?(2016/4/2)

b0245634_17145281.jpg
桜が満開の時期、多摩のオオカミ放飼場にはユキヤナギも満開でした。
前回の観察で、少しぎこちない雰囲気になってしまった第一放飼場のメンバー。その後の様子です。
b0245634_1717215.jpg
この日は珍しく、ロキが遠吠えの始まりを勤めていました。隣の放飼場ではセロが単独で展示、ミロは室内でしたが、別組の誰かが遠吠えを始めたわけではありません。自分からひとりで遠吠えをし始めるのは珍しかったです。
b0245634_17202588.jpg
すぐに共鳴し出したのはチロ(メス9歳)。丘の上に上がってきて
b0245634_1721616.jpg
遠吠えを続けるロキの口元を舐めます。
b0245634_17214669.jpg
ロト(オス8歳)も丘の上に。このとき、1位のロイは少し離れたところにいて、遠吠えに加わっていましたが…
b0245634_1723492.jpg
遠吠えが終わったあと、再びロキにじゃれ付くチロを見ながら、慌てた様子でやってきました。
b0245634_17245413.jpg
尾を高く上げて、上からチロに絡んでいきます。チロがあんまりロキに熱心に接するので、焦ったようでした。

続きは折り畳みます。





b0245634_17261292.jpg
1位のロイがやってきたことで、チロとロトはすぐ彼への挨拶にシフトしますが、ロキはその場に寝そべったまま…。
b0245634_17275358.jpg
3頭の挨拶合戦が盛り上がっているのに、加わろうという気は全くなさそうです。これは前回から変わってないみたいですね。
b0245634_17291316.jpg
盛り上がりがピークになって、ロトがゴロンとして2頭にじゃれています。ロキ、背中が当たっているはずなんですが、振り向きもしません…。

ようやく喧噪が落ち着いて、チロもロトもばらけて休み始めた頃に立ち上がったロキ。
b0245634_17314122.jpg
ロキの様子を伺うようにして、ロイがすぐに寄って来ました。鼻を近づけますが、ロキは特に口元を舐めたりはせず…表情は少し緊張しているように見えます。
b0245634_17332832.jpg
ロイはそのままロキの首元に鼻を埋め、しばらくじっとしていました。この行動、両親が子供たちに良くやっていたのですが、愛情表現の一種なのかなあと思っています。
b0245634_17353649.jpg
あんまりヘソ曲げるなよ、みたいに話しかけていたのかもしれませんね(笑)遠吠え中にチロがしつこくロキの口元を舐めに行っていたのも、同じような意味がある気がしました。ロトとぎくしゃくしているのを、ロイとチロで宥めようとしているのかも。

b0245634_17363143.jpg
この日は4頭での交流も見ることができました。ですが…
b0245634_17372645.jpg
やっぱりロキは早々に離脱。「えっ、もう外れるの」な表情のロイ(右)とロト。このロキの態度は、他の個体も何か思うところがあるようです。
以前から「気まぐれ」の印象が強いロキですが、地上(モート以外のところ)でマーキングを始めた時期から、この態度に意味が出てきたように思います。ただ、全面的に兄弟と離れる気はなさそうなのがまた、微妙な感じです。

この日はロトとも距離をおかず行動していて、ふたりの間の緊張はいくらかほぐれたようでしたが…
b0245634_17431624.jpg
収容後はかなりやり合っていました。ロキは歩み寄りたい態度を示していたのに対し、ロトは距離をおきたがっている様子でした。まだ、昔のような関係には戻れていないようです。
by hana440 | 2016-11-02 17:46 | 多摩動物公園(オオカミ) | Comments(0)