「ほっ」と。キャンペーン

今日ものんびり動物園

hanazoo.exblog.jp
ブログトップ

ひとりは淋しいマロ(2015/10/18)

秋に入ってやっと室内組の全頭が展示されるようになった第二放飼場。最後はマロ(メス8歳)が単独で出ていたときの様子を綴ります。
b0245634_18213995.jpg
時間になって放飼場へ出てきたらしいのに、モート際にいてなかなか姿を見せなかったマロ。しばらく経って、ようやくガラス前に来てくれました。が、すごく挙動不審…(笑)どうしたの?
b0245634_182426100.jpg
誰かを警戒してキョロキョロ…。怖いのは来園者(私)ではないようです。
b0245634_18251329.jpg
マロが怖がっていた対象は担当さんでした。職員通路にいないか、じっと確かめて…
b0245634_18274855.jpg
もういない、と分かると安心したように丘の上へ登っていきました。
あとで分かったことですが、このときはマロと担当さんの関係が悪くて、担当さんがガラス前にいると近寄ってこない状態だったそうです。隔離された影響なのか、警戒心が強くなり、ビビりになっているマロでした。

久しぶりに外で会えたマロですが、ほとんど同じことをして過ごしていました。
続きは折り畳みます。






b0245634_1836289.jpg
フェンス際にあがると、第一放飼場の兄弟を見ながらキュンキュン、遠吠え…。ちなみに、第一放飼場のメンバーはほぼ無反応。この日は応えたのが一度だけで、メロのときのように明らかな反応はありませんでした。
b0245634_18384247.jpg
マロが単独で出るようになって日にちが経っているからなのか、オス個体もチロも彼女を気にするそぶりすらありません。他の2頭組やメロのときは目線を躱すこともあるのに…この差はなんだろう?
b0245634_18414893.jpg
遠吠えに疲れると、ここで第一のメンバーをストーキング(笑)マロは放飼場にいる大半の時間を、こうして過ごしていました。室内では単独でもそんなに淋しそうには見えませんでしたが、隣に兄弟がいることで、より淋しく感じたのかもしれません。
b0245634_18435356.jpg
トンネル上を少し散策。ニオイを嗅ぐ動作は少なく、マーキングなどはこの日、見られませんでした。
b0245634_1846293.jpg
やはりこのあたりの茂みがいいみたいです。高さを確かめているようにも見えます。
b0245634_18471347.jpg
私が撮っているのに気が付いたかな?わりと穏やかな表情をしていて安心しました。
b0245634_18484835.jpg
少しだけ歩き回ったあとは、やはりフェンス際を鼻啼きしながらウロウロ…
b0245634_18492989.jpg
私はマロの気の強い性格からして、単独生活は大丈夫だろうと思っていましたが、こうして群れを恋しそうに眺めてアピールする様子を見ていると、チロと同じように群れに依存するタイプ(仲間内で居場所があると安心するタイプ)だったのかなと感じました。彼女のこの様子は、現在になってもあまり変わっていません。単独になってからビビリになったことも含め、認識を改めたほうがよさそうです。
b0245634_1855419.jpg
収容時間になり、第一のメンバーが収容されると、丘の上から遠目にシュートが空くのを待つマロ。このときもやはり警戒心が働くのか、収容するまでに時間がかかりました。
b0245634_18571794.jpg
もうシュートが開いているけれど…そろりそろりと警戒しながら降りて来て、最後はダッシュで入っていきました。お肉の誘惑には勝てないね(笑)おつかれさま〜

これで第二放飼場に展示されるメンバー、全てに会うことができました。今まで格子越しでしか会えなかった皆に、外で会えるようになったのは本当に嬉しかったです。それぞれ全く違う表情を見ることができたのも収穫でした。
by hana440 | 2016-04-18 19:08 | 多摩動物公園(オオカミ) | Comments(0)