今日ものんびり動物園

hanazoo.exblog.jp
ブログトップ

第二放飼場、展示開始!(2015/9/12)

改修のために長らく使用していなかった第二放飼場(参照記事)が、9月に入ってやっと展示を開始しました。構造はこの記事であげた通り、主にトンネル通路に沿ったガラス面から観察できる放飼場です。
b0245634_15215999.jpg
この日の展示はセロ(オス8歳)とミロ(メス10歳)。第二放飼場は今までオオカミたちが入っていなかったおかげで、いい具合に植物が繁茂していました。
b0245634_1524826.jpg
坂を上るとトンネル通路の上に出ます。ここはコンクリートなので暑そうでした。
b0245634_153092.jpg
壁が高く日陰も多いので、どこでも過ごしやすそうなのですが、みんなが常駐場所に選んだのが、ガラス面の真上。こうして際を歩いているのを見るとハラハラしますが、オオカミたちには平気な様子。姿が見えないとき大概は、ここの茂みの中で寝ています。これは現在でも、全頭が同じ場所を好んでいるようです。

みんなが上記の場所を好む理由として一つ考えられるのは、ここから第一放飼場が眺められること。
b0245634_15411542.jpg
こうしてフェンス際をウロウロしていることも多い第二組。先ほどのガラスの上は、写真の右手にあたります。休みながら、第一放飼場のオオカミたちを偵察するにはいい場所のようです。
b0245634_15425610.jpg
最下位になって兄弟から弾かれてしまったセロですが、隔離ですっかり自信を取り戻したらしく、尻尾が上がっていました。警戒している様子でウロウロしていることも多かったです。
b0245634_154737.jpg
第一放飼場のオオカミたちも上が気になるようで、たびたび見つめ合っていました。何を話しているんでしょうね〜
b0245634_1619202.jpg
トンネルの上にいる時間が長いもう一つの理由が、モウコノウマ放飼場や行き交う職員さんを眺められること。セロもみんなと同じく、モウコノウマの赤ちゃん観察に余念がありませんでした(笑)

続きは折り畳みます。セロとミロの様子。






b0245634_15485712.jpg
9月に入っても気温はまだまだ夏と一緒。水場で身体を冷やす姿がよく見られました。クールダウンしつつ、何かをもぐもぐ食べているミロ。
b0245634_15504537.jpg
そこへセロもやって来て、なにやら交渉中。ミロは鼻にしわを寄せて抵抗していました。どうやら、ミロがもぐもぐしていたものが欲しかったみたい(笑)
b0245634_15592434.jpg
この時はミロの剣幕に負けて下がったセロでした(笑)一緒にいるのに普段でもあまり交流しない2頭なので、久しぶりにやり取りを見られて嬉しかったです。

全体を眺める場所がない第二放飼場ですが、ガラス面から見られた場面をいくつか。
室内展示からすぐのガラス前では…
b0245634_162268.jpg
トンネルの上から…
b0245634_1624210.jpg
ポーン!
b0245634_1634359.jpg
着地もお見事でした。この高さ、よく躊躇しないで飛び降りるなあ〜。こういう場面が近くで見られるのは楽しいですね♪

進んでトンネル内のガラス面にいくと、目の前には水場があります。
b0245634_16135155.jpg
パトロールの途中でクールダウンしてるセロ…めっちゃ気持ち良さそうです(笑)
b0245634_1614349.jpg
第二の水場は小さいですが、第一よりも深さがあり、何より日陰にあるのがいいところ。水も冷たくて気持ちいいでしょうね〜

更に進んで、モウコノウマ近くのガラス面からは…
b0245634_168471.jpg
来た!
b0245634_1692348.jpg
ずん
b0245634_1694526.jpg
ずん
b0245634_1695574.jpg
ずーん!
ここは奥へ向かって傾斜しているところなので、前行動をよく見ていないと追いつけませんが、狼たちの気が向けば目の前に来てくれます。時には前足でガラスをカリカリしてくれることも(^^)
b0245634_16535471.jpg
去って行く姿も楽しいですよ(お気に入りのふぐり写真ですw)

b0245634_16203492.jpg
残暑の厳しい日和でしたが、まだ慣れていない放飼場だからか、活発に動き回っていたセロでした。
第二放飼場の展示が始まってすぐは、2頭組(セロ・ミロ組、ネロ・リロ組※)が日交代で、終日展示でした。
※8月中まではネロとマロが一緒でしたが、リロの尾の怪我が回復したため、再びネロとリロの2頭に戻されたようです。

第一放飼場のメンバーにあまり観察ポイントがなくなってきた分、第二放飼場が展示を開始したことで、また観察するところが少し増えました。これ以降は、第二放飼場のメンバーを観察する時間が増えることになりました。しばらくは観察日記も、第二のメンバー中心になっていく予定です。
by hana440 | 2016-02-27 16:41 | 多摩動物公園(オオカミ) | Comments(0)