今日ものんびり動物園

hanazoo.exblog.jp
ブログトップ

東山のオオカミたち・15年春

13年の秋頃から兄弟群れとして細かく分けて展示されている、東山のシンリンオオカミたち。今年も少しだけ、観察の時間を取りました。

まずは旧放飼場のほうから。朝イチに通りかかったときと、午後に改めて少し時間を取りました。
b0245634_1216583.jpg
広いほうにはアオイちゃん(メス8歳)。一度こちらで見てみたかったので嬉しいな〜♪相変わらずニコニコとした明るい表情は変わりません。
b0245634_1217127.jpg
暑い日でしたが、この放飼場は木陰が気持ちよくて快適そう♪朝は出てからすぐ、檻越しに職員さんからおやつを貰ってご機嫌でした(^^) とても人懐っこいと聞いていましたが、確かにオオカミとは思えないほど職員さんには警戒心がなくてビックリ。
b0245634_12211577.jpg
隣の小スペースには、ジャネット(メス5歳)とジャック(オス10歳)父娘。昨年春にはまだ同居していなかったので、どんな様子か楽しみにしていたのですが…、
b0245634_12222538.jpg
一瞬出て来て、暑かったのか、すぐに室内に引っ込んじゃいました(笑)朝のやり取りを見た感じだと、父娘はうまくいっているようです。2頭とも明るい表情をしていたので安心しました。ジャネットは淋しそうにしていましたので、同居人ができてよかった。
お隣同士で見られた行動は、ジャネットがアオイに尾を立てて威圧したり、ジャックがアオイにアピール?したりと、ちょっと不穏な感じでした。アオイのほうは涼しい顔で知らんぷり。
展示はこのままの状態が続きそうですが、続々と新施設の計画ができていく東山で、この放飼場があとどのくらい残ってくれるのかが、唯一の心配でもあります。

長くなります、続きは折り畳みます。新放飼場の面々。





b0245634_1233698.jpg
広いほうにはヒカル・ゲンキ(共に4歳)・マイケル(5歳)のオス兄弟。朝は楽しそうに散策していました。
b0245634_12341478.jpg
長男マイケルは相変わらず黒い…(笑)このとき順位は一番下のようでした。弟ふたりともうまくやっているようで安心しました。
b0245634_12353651.jpg
ゲンキはまた雰囲気が変わったかな?落ち着いた、賢い雰囲気が増して来たような気がします。
b0245634_1237329.jpg
顔は今までソニアに似てシャープでしたが、マズルのあたりにジャックが出てきましたね(^^)
b0245634_12393432.jpg
ヒカルは少し色気が出て来たかも。相変わらず爽やかなイケメン♪
b0245634_12405911.jpg
今年は観察の時間は、朝イチ短時間と、収容前の一時間半ほどだけだったのですが、時間内ではヒカルたちが隣のティトに威圧する回数は少なかったです。
b0245634_12424417.jpg
その代わり、ヒカルだけは隣のノゾミとやり取りすることが多く、お互いに身体を擦ったりして親密そうでした。
b0245634_12451221.jpg
兄弟3頭の関係はというと、昨年とあまり変わらず、軽い示威行動はありつつ、戯れ合う時間が多かったです。東山の兄弟はホントに仲が良くて羨ましい〜
b0245634_12463765.jpg
特にヒカルとゲンキは変わらずの仲良しっぷりで楽しかったです。マイケルも入って、3頭で戯れることもしばしば。今回はずっとシュート前にいたので、檻抜きがうまくできず失敗写真ばかりなのが残念でした。

お隣のティト(オス5歳)とノゾミ(メス4歳)兄妹。
b0245634_12575669.jpg
毎回なんですが、同居してるくせに本当に数えるほどしかやり取りがない兄妹です…。
b0245634_1259190.jpg
たぶんティトがマイペースすぎるんじゃないかなと思っていますが…。ノゾミからは交流をしにいくのに対して、ティトが自分から交流を持とうとする回数がほぼ無い(苦笑)兄妹の親密度がほとんど上がってなくて、逆に驚きました。
b0245634_13186.jpg
一方通行な?ノゾミはなんだか淋しそうでした。元気娘なのは変わってないみたいだし、余計フラストレーション溜まっていそう。檻越しにソニアに威圧するか、ここで寝そべっている時間が長かったのですが…
b0245634_1315850.jpg
傍にはヒカルがいて、檻越しなのにこのふたりのほうが交流が多いという(苦笑)ティト、もっと構ってあげなよ…。
b0245634_1341994.jpg
それでも、収容前にこんな場面を撮ることが出来て良かった♪これもノゾミからの挨拶ですけどね(^^;)
今回はティトが檻越しにヒカルたちを威嚇することはほとんどなく、存在を無視しているかのような振る舞いかたでした。特にやりとりがないのが、ちょっと不気味でもあり。

そしてそのお隣のソニアお母さん(8歳)は…
b0245634_13105268.jpg
ノゾミからの威圧にはまったく知らんぷりでしたが、ティトが近づいてくると鼻啼きや身体を擦ったりしてアピールする様子が見られました。やはり群れとかオスが恋しいのかな。
b0245634_1318473.jpg
徐々に合流させたいとの見解は昨年伺っていましたが、ひとりの彼女が一番合流はしやすそう。ヒカルたちとの合流はないのかな?今後、動きがあったらいいのだけど…、なかなか難しいですね。

一年ぶりの東山のオオカミたち、みんな元気にやっているようで安心しました。色々あってバラバラの展示ですが、それぞれのグループごとの交流が見られるのもまた楽しかった。檻越しにもそれぞれのオオカミ模様が見られますが、東山の個体は、何があっても全頭がどこか明るく爽やかな雰囲気を保っているのが興味深いところです。

(2015.5)
by hana440 | 2015-08-20 13:28 | 東山動植物園 | Comments(0)