今日ものんびり動物園

hanazoo.exblog.jp
ブログトップ

群馬サファリパーク・オオカミの森

4月の上旬に、zoo仲間と一緒に群馬サファリパークへ行ってきました。第一の目的はシンリンオオカミを見ることでしたので、他の動物をすっ飛ばして(笑)まずは軽く様子だけでも。
b0245634_12521198.jpg
サファリの中間あたりに「ウォーキングサファリゾーン」という車を降りて見られるエリアがあり、そのはずれにオオカミの森があります。上の写真の地図だと、右下のほうに小さく書いてあります。
b0245634_12552149.jpg
駐車場から直接入れます。「繁殖センター」と付いていますが、あまり大々的な雰囲気はありません。獣舍の方は工事中なのか通行止めになっており、覗くことは出来ませんでした。
b0245634_1256365.jpg
これは橋の上から、放飼場の3分の1を撮ったもの。写真の左手に広がっていて、かなりの傾斜があります。山の斜面をそのままフェンスで区切った感じです。
b0245634_1259844.jpg
群馬には全部で10頭飼育されていますが、メスの4頭は獣舍暮らしなので外に出ていません。父親とその息子たち、6頭が外に出ています。
b0245634_13125965.jpg
後日zoo友さんに教えて頂いて、唯一分かったのが父親のゼットン。当時まだ7歳と若いはずなんですが…けっこう白い毛が目立っていますね。彼と、富山生まれの奥さんとの間に生まれたのが今出ている息子たちです。というわけで、息子たちは富山系の顔だと分かる個体も(^^)
b0245634_1341174.jpg
このフェンス際が皆の定位置みたいで、とても近くでその存在を観察できます。
b0245634_13321860.jpg
これはフェンスの反対側から撮ったところ。写真で見てお分かりの通り、あまり平地のスペースがなく、すぐ斜面になっています。
b0245634_1372016.jpg
斜面を下ればこうして草地や小川などもあって快適そうなんですが、どの個体も下で過ごしている時間は短かったです。排泄のためだけに下に降りていく、なんて個体もいました。真夏になって日当りのいいときなら、深緑と一緒に撮れるかもしれませんね。

続きは折り畳みます。



b0245634_1395646.jpg
フェンス際にはおやつ代わりなのか、シカの角がゴロゴロしています(笑)サファリには様々なシカがいましたので、いろんな形の角がありました。これいいなあ〜
b0245634_13105456.jpg
戯れに齧ってる個がいたのでパチリ。ご覧の通り二重のフェンスがあるので、撮影はかなり厳しかったです。
b0245634_13171783.jpg
遠吠えやコミュニケーションは一日でもかなり見られました。ゼットンは遠吠え以外はほとんど我関せずで一人離れて過ごしていますが、息子たちはみんな付かず離れず。序列か、もしくは仲の良さで大体2頭ずつに分かれていた感じ。
b0245634_13185618.jpg
ときおり示威行動もありますが、あまり深刻な感じには発展せず、下位が寝転がるか、逃げて距離をとればおしまいです。ゼットンが無関心だからか、兄弟のなかに仲裁役がいました。
b0245634_13364244.jpg
兄弟全員で走り回ることもあり、今のところは5頭でなんとか、穏やかな雰囲気を保っているみたい。
b0245634_1338533.jpg
群馬の兄弟たち、他の園のシンリンと比べると黄色い体色が目立ちます。なんだか不思議。

群馬サファリには他にも魅力的な動物がたくさんいましたので、これからゆるゆるとレポをあげていきます。

(2015.4)
by hana440 | 2015-06-23 13:46 | 群馬サファリパーク | Comments(0)