「ほっ」と。キャンペーン

今日ものんびり動物園

hanazoo.exblog.jp
ブログトップ

良いお年を 2014

観察日記はまだまだ追いついていませんが、今年もなんとかブログを続けることができました。
b0245634_22202936.jpg
ここを訪問してくださった皆様と、日々の疲れを癒してくれた動物園と動物たちに深く感謝いたします。本当にありがとうございました。
今年は週1回以上動物園へ行くことがすっかり習慣になってしまい、その分撮ってきた写真も増えて、毎日写真の整理とブログ記事を考えることに追われた一年間でした(笑)でも、たくさんの動物たちとの出会い、新しい命との対面が果たせた、充実した一年間でもありました。
また、ブログやtwitterを通じて動物好きのみなさんとも交流できて、お会いしたり、お話を伺う機会が増えたこともまた、かけがえのない財産になりました。
たいへんお世話になりました。来年も、どうぞ宜しくお願いいたします。
どうぞ良いお年をお過ごしください。

長い回顧録、続きは折り畳みますので気が向いたらどうぞ。





まずはオオカミ中心のブログですので、一年を振り返って。
b0245634_2236417.jpg
やはり2月にロボが死亡したことが、私にとっては一番悲しい出来事でした。昨年のモロに引き続き、こんなに早くロボが逝ってしまうとは思わなくて…。観察日記でも綴ってきましたが、ロボという偉大な存在を失った代償はとても大きく、残された子供たちは未だ混沌とした状態の中で暮らしています。すでに2頭が隔離の憂き目に遭いました。
この冬は、アルファが本当にいない状態での繁殖期を迎えます。すでに色々と、興味深い行動が見られています。引き続き、彼らの行動観察はしつこく続けていきます。
当初、観察日記の内容をそのまま盗まれたことから、リアルタイムで更新しないことにしていましたが、いまは遠征などとの兼ね合いで、ただ伸びているだけになってます(苦笑)申し訳ないです。気長におつき合い頂けたらと思います。

5月は東山浜松の狼たちを観察しにいき、それは記事にした通りです。東山の狼たちも未だに不安定な状態にあります。来年また訪問した際に、じっくりと向き合ってみたいと思っています。
浜松ではその後、11月にオスのナッツが死亡し、今はメスのメイが1頭で暮らしています。訪問したzoo友さん方から様子をうかがった限りでは、1頭になってもわりと元気に暮らしているそうで、少し安心しました。彼女の様子もまた来年、お伝えできたらと思っています。

5月の終わりぐらいに旭山から仔狼誕生の嬉しいニュースが飛び込んできて、公開されて少し経った頃、無理矢理、旭山遠征を敢行しました。初めて群れの中での子育てをじっくりと見ることができました。とても興味深く、勉強になりました。この時のレポもまだ投げ出してる途中なので、気が向いたら掘り返します(苦笑)

夏頃に平川動物園で飼育されていたシベリアオオカミのメス・カールが亡くなったという知らせがありました。私はついに会いに行くことが叶いませんでした。とても美しいと評判だったカールさん、一目お会いしたかった。
そして冬に入ってからナッツの訃報と、とくしまのコウゲツが相次いで亡くなるという悲しい出来事がありました。コウゲツはもう一度会いたいと思っていただけに、とても残念です。

オオカミのことで振り返ってみると、昨年同様に、今年も悲しいことの多かった一年でした。その中で、旭山で新しい命が誕生したことは喜ばしい限りです。彼女たちが健やかに成長してくれるよう、応援しています。


オオカミ以外のことで言うと、今年はずばり「新しい命にたくさん出会えた年」でした。
b0245634_236316.jpg
これは今年最後に出会った新しい命。ズーラシアのスマトラトラの赤ちゃん、ダマイとミンピ(両方ともメス)です。今年はとにかく動物の赤ちゃんに会いにいくことが多い一年でした。ここで振り返るとキリがないので、やめておきますが(笑)
まだこのブログでは記事にしていない動物もたくさんいて、全ては記事にできないかもしれませんが、こちらも追々(そればっかりw)。

新しい命との出会いが多い分、馴染みのある動物たちとの別れが多い一年でもありました。上野ではホッキョクグマのユキオさん。多摩ではヒグマのミチさん、チョウゲンボウのソラちゃん、ウォンバットのチューバッカ、ターキンのボウズ…アジア園でいつも会いに行っていた存在が次々といなくなってしまって、なんだか心が追いついていません。
また、動物園通いを始める前からちょこちょこと行っていた野毛山でも、ジャガーのオジャガさんやキリンのテビチ、ラクダのツガルさん、レッサーパンダの海くん、カグーのカグオくんと、わりと前から顔を良く知っているメンバーが揃って逝ってしまい、なんとも淋しい限りです。
今まで頑張ってくれた皆の冥福を祈るとともに、心から感謝の気持ちを贈りたいと思います。
でも正直、未だに淋しくって思い出して泣いてます。そろそろやめないといけませんね。

b0245634_2318038.jpg
多摩の子供たちは病気一つすることなく、なんとか元気に年を越してくれるのが何より嬉しいです。来年もたくさん彼らの笑顔が見られるように、応援していこうと思います。
by hana440 | 2014-12-31 23:26 | 多摩動物公園(オオカミ) | Comments(0)