今日ものんびり動物園

hanazoo.exblog.jp
ブログトップ

群れに戻れなかったマロ(2014/7/5)

6月の観察は特に収穫がなかったのでとばして…、7月の初めに隔離されていたマロ(メス7歳)が群れに戻された時の様子を綴ります。
b0245634_2225319.jpg
彼女がロボの死後、以前のように好戦的な態度を取るようになり、下位のメス個体に怪我を追わせるようになったため、室内に隔離されるようになったことは、前の記事でお伝えした通りです。zoo友さんから合流している様子は何度か聞いていたものの、実際にそれを見たのはこの日が初めてでした。
b0245634_22291079.jpg
昔、一度隔離されて戻ってきた時はとてもしおらしい態度を取っていたマロですが、今回は違うようです。チロを中心に、とにかく威圧しまくるマロ。
b0245634_22331456.jpg
丘の上で並んで寝ている兄妹たちに、順番に威圧しながら通り過ぎます。反抗する個体もいれば、そのまま無視を決め込む個体も。
b0245634_2234599.jpg
メス1位のリロも何となく警戒モード。
b0245634_22343589.jpg
やはり下位のメス(チロ、ミロ)は、彼女が近寄ってくるたびに降参の態度をとっていました。

せっかく兄弟の中に戻してもらったものの、マロはやはり自分の順位を守ることに必死なようで、上位個体に挨拶をしたり、普通のコミュニケーションをとろうという態度は皆無でした。本来なら、隔離が解けたあとはまず上位とコミュニケーションをとり、自分の居場所を確保するのが定石、という気がしますが…。

続きは折り畳みます。




では、上位の個体は帰ってきたマロをどう思っていたのでしょうか。
b0245634_22395280.jpg
1位のロイ(右)は、マロの存在を完全に無視していました。マロは彼に挨拶に行くことはありませんでしたが、近くに来るとそれなりに服従の姿勢をとっていました。でも、ロイは彼女がまるでそこに存在しないかのように振る舞っていました。
担当さんによると、最後まで彼女を受け入れなかったのはロイだったそうです。今季の繁殖期はマウントするほどの仲だったのに、なんとも不可解。1位が定着したことで、「自分の群れ」という意識が強くなり、そこに入っていなかったマロは「よそ者」という感覚だったのかもしれません。

b0245634_22451387.jpg
メス1位のリロも、マロとの交流は一切なく、マロが下位を威圧しているときに仲裁に入るそぶりもありませんでした。この日一日、尻尾がずっとこの状態でしたので、「よそ者」が群れにいることに怯えていたのかもしれません。
b0245634_22484229.jpg
オス2位のロキ(右)も、あからさまにマロを嫌がっている様子でした。彼は誰に対してもそんなに関心のある態度は示さないので、これは意外でした。
マロから威圧を受けていなかったロト・セロ・メロは特に態度に示すことはなく、交流は全くなかったものの普段通りに過ごしていました。

b0245634_2252265.jpg
隙があればチロやミロを威圧していたマロ。激しい闘争もあったのか、2頭ともまた怪我を負ってしまったようです。
b0245634_22541751.jpg
ただ攻撃を受けながらも、チロもミロも特にビクビクせず過ごしているところが、マロが群れにいた頃と違っていました。「自分たちはこっちの一員だし、ロイが彼女を認めないから大丈夫」と思って安心している節があったのが興味深かったです。

b0245634_2303794.jpg
マロが兄妹の中にいて、こんなに浮いた状態に見えたのは正直、気の毒でした。ロイが受け入れなかったことで、集団で彼女をやり込めるような事態にならなかったことだけが救いです。
b0245634_2321745.jpg
マロ自身は室内で皆が見えるところで過ごしていたので、自分は兄弟の一員だと思っていたのかもしれません。でも、檻越しであまり交流できず、昼間は一緒にいない時間がだんだんと積み重なっていったことで、兄妹たちはそうは思わなくなったのでしょうね。
b0245634_2385855.jpg
マロが自分の順位に固執して、兄妹たちとのコミュニケーションを怠ったことも、馴染めなかった原因だと思います。これまで何度か合流を試みても、彼女の態度も、皆の態度も変わらなかったそうですから、マロが劇的に心変わりしない限り、兄弟たちは受け入れてくれないでしょう。

私はこのあと7/19にも彼女が合流したのを観察していますが、その後はチロとミロが怪我を追ったこともあり、マロが戻されることはなくなりました。現在は同じく隔離されているネロとともに、室内で過ごしています。奇しくもネロと一緒になることによって、室内組もまた、安心できる環境になったと思います。
by hana440 | 2014-12-30 23:32 | 多摩動物公園(オオカミ) | Comments(0)