「ほっ」と。キャンペーン

今日ものんびり動物園

hanazoo.exblog.jp
ブログトップ

混沌とする序列 2 (2014/3/23〜4/26)

前回からの動向の纏め、この記事ではメスのマロを中心に纏めます。
b0245634_22145993.jpg
写真右がマロ。彼女はロボがいなくなったあたりから少しずつ片鱗を見せてきていたのですが、ネロが隔離されたあとにまた暴れん坊に戻ってしまったようでした。このときも、自分より立場が下になったロトを、ロイの傍で牽制。ロトのことは憎からず思っていると認識していましたが…、やはり、自分より下位になったオスにはこうしてしまうんだなあ…彼女のポリシーは一貫してますね。
b0245634_22185897.jpg
マロに目立って攻撃を受けていたのは、犬猿の仲のチロ。彼女も出血するほどの傷を負っていました。
b0245634_22241022.jpg
これはロトを牽制していたときに、傍で見ていたリロ。こんなときはすかさずマロに「自分が上よ」と言いにいく彼女なのですが、なぜか知らんぷり。これまでの順位で行くとメスの1位はリロのはずで、マロはその次。リロが彼女を止めれば諍いは起きないはずなのですが…この時はリロは姉妹の動向にあまり関心を持たないばかりか、マロを止める力がなかったようです。以前の記事でも述べた通り、リロはこのとき(ロボを失った影響か)とても精神的に不安定でした。

続きは折り畳みます。




b0245634_2229438.jpg
リロが何も言わないのを幸いと、自分の思うままにチロやミロを威圧しまくっていたマロ。いちおう、叱られないようにリロの顔色も伺いつつ、頻繁にチロを攻撃していました。
b0245634_22302931.jpg
この時もやはり、リロは知らんぷり…。リロとマロの間で序列を確認するような行動は見られませんでした。リロは以前のように尾を高く上げて歩いたり、マーキングなどもこの時期だけしておらず、兄妹たちから少し距離を置いているように感じました。
b0245634_22311246.jpg
逆にマロのほうが堂々と尾を高く上げて行動している時間が多く、ロイ(左)の後押しを受けてチロやミロを威圧する様子もみられました。リロを恐れてはいるものの、この時はマロがメスの1位になっていたようですね。こうして威張っている2頭は、アルファペアを気取っているようでした(苦笑)
b0245634_223995.jpg
チロ以外の下位のメス(メロ、ミロ)はというと、ロイやマロには近づくことも怖いようで、終始こんな怯えた状態。上位組とは一定の距離を保って行動していました。メロはあまり威圧を受けることはありませんでしたが、ミロは攻撃を受けて顔などに怪我を負うこともありました。
b0245634_22335856.jpg
それにしても、あまりに覇気のないリロの様子を見て、もしかして具合が悪いのではないかと心配になったほどでした。彼女がこんな状態だったのも、マロが増長するきっかけだったんだと思います。
b0245634_2247273.jpg
しかし好戦的なマロがメスの1位であることは、特に姉妹たちにとってはかなり好ましくない状況です。このあと、彼女の攻撃によってチロやミロの負傷が増えたことにより、4月の中旬からマロは群れから隔離されることになりました。
隔離は群れから顔が見える状態で行い、いつでも帰れる状況に置かれました。いつも一旦隔離したあとは、しばらくしおらしい様子を見せることから、その後も何度か合流が試みられました。
しかし、しばらくするとチロやミロを威圧→攻撃して激しく争う事態になってしまうため、現在では完全に隔離され、ネロと一緒の部屋で過ごしています。

マロの中ではおそらく、何故離されたのかは理解できていないでしょう。ロボやモロがいた時も、彼女が攻撃的になる場面ではあまり叱っていませんでしたから、こういう性格になってしまったのも頷けるところです。彼女は上位にいることで生じる役割などには一切興味がないように見えますし、昔から群れの中にいてもほぼ上位組としか遊ばないこと、今回初めてメス1位になれても威張ることしかできないことも、それを示しているように思います。これでは、一緒に群れにいる下位のものたちはたまったものではありません。
前々から彼女の好戦的なところは危ういなと思っていましたが、やはり結果こうなってしまったのが残念です。もう一歩、成長したところが見たかったな。

マロが一時群れに合流した日も観察することができましたので、それはまた後日の記事で。
by hana440 | 2014-12-20 23:24 | 多摩動物公園(オオカミ) | Comments(0)