「ほっ」と。キャンペーン

今日ものんびり動物園

hanazoo.exblog.jp
ブログトップ

新放飼場で迎えた繁殖期・メス編(2014/1/11、19)

昨年冬から今年にかけての繁殖期は、新放飼場で迎える初めての季節でした。ここでは繁殖期前半のメスたちの様子を振り返ってみます。
b0245634_1729501.jpg
前の繁殖期とは打って変わって、ものすごく平和な雰囲気のメスたち…。
b0245634_1730438.jpg
挨拶をするマロ(中央)とリロ。
b0245634_17303881.jpg
リロがそのまま寝転がってゴロニャンとお腹を見せます。序列の確認や背中が痒いときにもやる仕草ですが、この季節にメスがやるのはちょっと色気のあるときのようです。発情が来てるのか確認?をするように、匂いを嗅ぐマロ。上でオスのロイが見てますが、なんだかやらしい表情に見えるのは気のせいでしょうか(笑)
b0245634_17342699.jpg
昨年はここからいきなりガウッとなったり、示威行動に入ったりしたものですが、今年はほとんど見られず…。リロのこの表情、普段よりもぶりっ子可愛くなってるものの、気が高ぶっている様子は見られません。

続きは折り畳みます。




b0245634_1738762.jpg
昨年はトラブルメーカーだったチロも、ゆったりとしながらゴロニャン。このときは、そばに誰もいませんでしたが、ロトやロイの前でこうしていることもあり、やはりゴロニャンは季節柄なのかなとも考えられました。
b0245634_17384445.jpg
穏やかな表情。昨年からは考えられない姿だなあ〜。仲の悪いマロから示威行動を受けることはありましたが、昨年のように激しい争いは全く見られませんでした。
b0245634_1740863.jpg
仲良しのメロ(右)ともいつも通り。
b0245634_1740439.jpg
これはマロがゴロニャン始めたところに、リロとメロ(手前)が来て口で戯れて?いるところ。メロも今年はとても落ち着いています。リロからの示威行動もいつもの頻度でした。
b0245634_17433317.jpg
(中央左がメロ)メロはあまりゴロニャンはしませんでしたが、代わりに兄弟姉妹全頭に良く甘えている姿が見られました。いつもはそんなに頻度がないので、これも発情期特有のなにか、なのかもしれません。
ミロ姉は全く変化なくいつも通りだったので割愛。もう老齢に入るから、落ち着いてきたのかな?彼女は、今年はメスたちから示威行動をされる姿も稀でした。
b0245634_17451310.jpg
一番好戦的になるだろうと思っていたマロも、今年はロイにマウントされたり、その度にリロから示威行動をとられてお疲れ気味でした。何はともあれ、流血沙汰にならなかったのは良かったです。
ここまでメスたちの雰囲気が一変したのは、やはり放飼場が広くなってストレスが軽減されたからというのが一因にあるように思います。また、今年は群れのオメガがメスではないことも、少し関係していそうです。ロボの存在感が薄れていたことは、関係があるのかどうか分かりませんでした。群れがこのまま来季を過ごすことになったら、それが判明しそうです。

次の記事では、逆に闘争が勃発するようになったオスたちの様子を。
by hana440 | 2014-08-21 17:57 | 多摩動物公園(オオカミ) | Comments(0)