「ほっ」と。キャンペーン

今日ものんびり動物園

hanazoo.exblog.jp
ブログトップ

ロボ、最期までの3ヶ月間 2

前回からの続きです。2013年12月14日のロボ父ちゃんの様子。
b0245634_1636250.jpg
いま改めて振り返ると、この日あたりから明らかに、横になっている時間が多くなっていました。ネロが身を潜める茂みの近くで、お昼寝しているロボ父ちゃん。
b0245634_16383228.jpg
夕方になってようやく起き出し、放飼場を散策。この日はモートで遊ぶ子供たちを上から眺めるだけで、モートへ降りようとはしませんでした。また、少し胃液を吐く動作も何回か見られました。嘔吐するのは健康な個体でも普通に見られますから、これもあまり気に留めていませんでした。
b0245634_16411867.jpg
相変わらずネロのそばにいる時間が多く、怪我を心配するように鼻を寄せることも。父ちゃんはやっぱり頼りになります。
b0245634_16415163.jpg
子供たちからのご挨拶〜もこんなふうにいつも通り。
b0245634_16421488.jpg
このときの全身像。秋口からの餌の増量で、多少お腹が太ってきたかな〜という印象だけで、あとの様子も「お年だしなあ」なんて暢気に思ってしまうほどにしか、感じ取れませんでした。
表情が少し冴えない感じには見えましたが…もうこの頃には、かなり体調がいけなくなっていたんだと思います。

続きは折り畳みます。





年末、最後の開園日である12月28日。
b0245634_1651158.jpg
この日は、いつもの場所ではないところでお昼寝するロボ父ちゃん。(観察日記は後日に上げますが)ネロが少し群れの中に入っていけるようになったので、その影響のようです。
b0245634_16554054.jpg
マーキングはなんとか、片足をあげてしていました。後ろ足でザッザッと匂いを擦りつけます。
b0245634_16554238.jpg
子供たちの様子も変わらず、皆が父ちゃん大好き♪ 鼻鳴きが始まってきたなあと思ったら…
b0245634_16561696.jpg
遠吠えが始まりました。これが、私が聴いた最後のロボの遠吠えになりました。(一番右下がロボ)
以前から個別の啼きかたを聴いてみようと観察しているのですが、この日のロボの声はいつもの太く、しっかりとした重低音ではなく、高いところから振り絞るようなハスキーな高音で、息が続かずアウアウと細切れ。いつにない声だったので、どうしたのかな、なにか意味があるんだろうかと印象に残っていました。今思えば、弱っていたせいでお腹に力が入らなかったのかもしれない、と推測しています。
b0245634_1735841.jpg
もちろんアルファとしての役割もきっちりと。ネロにしつこく攻撃しようとしていたロイをびしっと叱るロボ父ちゃん。
b0245634_1761142.jpg
可愛いカメラ目線ももらうことができました。写真だけ見ていると、本当にいつも通り…。ヘラッとしたいつもの笑顔が見られない時点で、不調に気が付かなかったことに、後悔しきりです。
b0245634_1763339.jpg
2013年の最後に撮影したロボ。この日は珍しく一番前に来て、来園者にニッコリとしてくれました。
しかし、マズルを舐められて嫌がることなく、食べた餌を全て吐き出してしまう様子も見られました。一頭で給餌され、食欲もあったように見えたのですが…。このときから食事をしても気分が悪かったのかもしれません。

いちおう時系列に並べるため、あとから分かった年末年始の休園日の様子をここに記しておきます。経緯を詳しく教えてくださった担当さんには、厚くお礼を申し上げます。

【12月29日】通常通り、特に問題なし
【12月30日】夕方の収容時、ロボがセロに足を噛まれて軽い怪我。その後、セロが興奮した状態だったので群れから隔離。怪我の程度は酷くなかったそう
【12月31日】室内にいるときに、再びセロから攻撃を受けそうになったため、セロを隔離。ロボはすっかり意気消沈してしまい、この日から室内と外との出入りが鈍くなってしまったそうです。病気が分かるまでは、なにかの弾みでセロから攻撃を受けたロボが、精神的にショックを受けているのだと思われていました。ですが、ロボがかなり体調が弱っていたことを考えると、セロにとっては下克上の意味があったのかもと推察できます。この日を境に、ロボは子供たちに対してすっかり卑屈な態度を取るようになったそうです。
【2014年1月1日】この日は他のキーパーさんが勤務。ロボが外に出たがらないので、室内で過ごさせることに。この日あたりから、急に餌を口にしなくなりました。いつものように一頭で隔離して与えてみても、食べようとしなかったそうです。
余談ですが、この日にセロは放飼場でのロイとの闘争で後足を負傷してから、急に大人しくなり、ロボへ攻撃するそぶりもなくなったそうです。

この経緯をふまえて、次の記事では年明け1月2日からのロボ父ちゃんの様子を綴ります。
by hana440 | 2014-04-07 10:34 | 多摩動物公園(オオカミ) | Comments(0)