「ほっ」と。キャンペーン

今日ものんびり動物園

hanazoo.exblog.jp
ブログトップ

マロを中心に考える、群れの狼関係 3

前々回をふまえて、この記事ではマロとチロの関係について。
b0245634_17432694.jpg
(左からチロ、マロ)数ヶ月前の記事で、昔から険悪だった二頭の仲が少し改善したようだとお伝えしましたが、やはりそうそう「ウマが合わない」というのは解消しないようです。冬に入ってまた険悪になりつつあります。

それはマロが大好きなオス・ロトの行動に原因があるようです。まずは以下をご覧ください。
b0245634_21455892.jpg
寒くなってから急に、ロトがチロに戯れつく行動が頻繁に見られるようになりました。右奥でマロがじっと見ています。
b0245634_17491183.jpg
背中を甘噛みして戯れる様子を見せるものの、必ず最後にマウントにもっていきます。
b0245634_17505784.jpg
最初は示威行動かと思いましたが、どうもロトのほうはチロが恋しいみたい。チロはロトに構ってもらって嬉しいような、マウントされて戸惑ったような表情です。
b0245634_17532187.jpg
最後はチロがこうして寝転がってマウントが解けます。ハッキリと「嫌!」と言えないのはいかにもチロらしいです。マウントを拒否されても、ここからまた二頭のいちゃいちゃ?が始まるのがまた…。お互い、憎からず思っているようですね。ちなみにロトも、今季はチロ一筋。あまり派手にやるとロイが飛んでくるので、控えめに戯れ合いに見せかけているのが巧妙です(笑)
b0245634_21463029.jpg
しかし、幸せな時間は長くは続きません。奥で見ていたマロが、怒ったように近づいてきました。表情がかなり怖いです。

続きは折り畳みます。





b0245634_21464642.jpg
ロトとチロの邪魔をするように、尾をあげてチロを威圧しに入るマロ。
b0245634_188458.jpg
チロは寝転がったまま、マロに謝るように降参を示します。でもそこはやはりマロ、しつこくしつこく迫るのです。
b0245634_2147999.jpg
ついにチロが切れてガウッとしますが、むしろさらに攻撃を加えそうな気配のマロ。彼女の気迫を感じたのか、やはりここでも1位リロが様子を見にやって来ています。
b0245634_18143752.jpg
ロトもマロを宥めるように、少しだけ仲裁に入るそぶりは見せるものの、そんなことでマロは止まりません。
b0245634_18164043.jpg
ここからしつこくマロに追い回されてしまったチロ。今のところ、昨季のように流血沙汰にはなっていないのが救いですが、ロトのこの行動がきっかけになり、また昔と同じく険悪な仲になってしまったようです。マロのヤキモチ半分もあるでしょうけど、よりによってチロが対象だったのが、余計にマロの感情を逆撫でしている気がしてなりません。
普通にこの光景だけを見て考えると、「チロが上位と仲良くするのが気に入らないマロ」との構図が浮かぶのですが、例えばベータのロイとチロが戯れているときなどは、マロはほとんど無関心なのです。このことから、ひょっとするとマロはロトのことが好きなんじゃないか、と仮定しています。

マロとチロは昔から本当に仲が悪く、表面上は挨拶などを交わしていても根っこではよく思っていないのが、今回のことでよく分かりました。順位の変動があったとしても、根底にある嫌いな感情は、どうにも覆せないようですね。

マロから見る群れの相関関係、次回で最後です。
by hana440 | 2014-01-15 10:35 | 多摩動物公園(オオカミ) | Comments(0)