今日ものんびり動物園

hanazoo.exblog.jp
ブログトップ

クール系美虎と、ワラビー風味?のトラ夫婦

天王寺には多摩の血縁であるアムールトラのセンイチくんと、パートナーのアヤコさんが暮らしています。関西のzoo友さんから予々噂を伺っていて、会えるのを楽しみにしていました。
b0245634_1659733.jpg
個体紹介はこちら。多摩生まれのセンイチくんは4カ月で天王寺に来たんですね〜
b0245634_16522362.jpg
こちらがメスのアヤコさん。今まで会ったことのあるアムールトラの中で、一番毛色が濃く、鮮やかだったように思います。
b0245634_1652544.jpg
放飼場の緑に映えますね〜。第一印象は、賢くてクールな美トラさんといったところ。
b0245634_16542910.jpg
整ったお顔をしています。京都のアオイ姫は繊細な美しさですが、アヤコさんはもっとこう、凛々しくしっかりした雰囲気の美しさがありました。
b0245634_16575751.jpg
この日はいつも同居している夫のセンイチくんを気にしつつ、草にじゃれたりなど可愛らしい姿も見せてくれました♪

そしてそして、とっても会いたかったセンイチくん。
b0245634_1721526.jpg
父親のビクトルに似て、大きく立派な体躯をしています。そして、やっぱり口が開いている…(笑)
b0245634_1722139.jpg
一番カッコ良く撮れた写真がこれ。センイチくんは多摩のシズカのお兄ちゃんです。会えて嬉しいな〜
b0245634_1729060.jpg
大きな体格に見合わず、雰囲気はとても柔らかく、10歳なのにおこちゃまな感じ。前々から噂は聞いていたけれど、実物を見ても「あまりトラらしくない…」と思ったトラは初めて会いました(苦笑)なかなか希有な存在です。
この日ご一緒したlucrezia4さんに、多摩時代は生まれてすぐ人工哺育になったことや、現在のパルマワラビー舍で育てられたため、トラの匂いを知らずに天王寺に来たことなど、センイチくんのお話を色々と伺いました。トラらしくない雰囲気なのは、こういったことが重なった故なのかもしれませんね。言わずもがな、センイチくんのトラとしての自覚の無さ?がアヤコさんとのペアリングにも影響しているそうです。

夕方の収容前に、夫婦でのやり取りが見られたので折り畳みます。



b0245634_17421125.jpg
アヤコさんの部屋に続くシュートの前を占拠していたセンイチくんに、アヤコさんが向かって行きます。センイチくん、驚いたのか飛び上がってました(笑)
b0245634_17433168.jpg
「アヤコさん、ちょっと落ち着きなよ…」超へっぴり腰…の割に、表情が冷静に見えました。
b0245634_17445223.jpg
「なによ、センイチのバカ!どうしてアタシを放っておくの?!」
アヤコさんは怒っているのと、センイチに遊んでほしいのと半々かな?
b0245634_1747966.jpg
何を思ったか、立ち上がって反撃するセンイチくん。
b0245634_1748410.jpg
こうしてセンイチくんが反撃するのは結構、珍しいことだそうです。アヤコさんもちょっと戸惑ったような顔をしていました。
b0245634_1750326.jpg
普通のトラ同士なら、ここから恋の駆け引き的な、何らかの行動があってもいいのですけど
b0245634_17512735.jpg
いきなりフイッと離れてしまうセンイチくん…。「怒ってばっかりでつまんない」って感じの表情に見えました。ちょっとちょっと〜
b0245634_17533892.jpg
アヤコさんの、なんとも言えない、モヤッとした表情が悲しい…。センイチくんの表情や行動を見ていると、???なことがたくさんあり、私には汲み取ることのできない不思議なトラでした。なんだかもったいない。

この日、午前と午後に少しずつ観察した感じでは、アヤコさんはセンイチくんを常に気にしていて、なんとなく構ってほしい様子に見えました。一方、センイチくんはあまりアヤコさんに関心は示さず、マイペース。なんなら避けるようにしていました。「アヤコさんはだだ同居してる存在」という認識なのかしら。雄として興味があるのか、イマイチよく分からなかったです。
あえて夫婦と書きましたが、2頭が本当に「夫婦」になるには深〜い河を越えなきゃ無理な様子に思え、心配になってしまいました。センイチくん、早く目覚めないと、他のオストラにアヤコさんを盗られちゃうよ〜!
by hana440 | 2013-12-26 18:24 | 天王寺動物園 | Comments(0)