「ほっ」と。キャンペーン

今日ものんびり動物園

hanazoo.exblog.jp
ブログトップ

守役を務めるセロの奮闘(2013/10/27)

前回お伝えした通り、ネロが群れの最下位に転落してから2週間後の様子です。
b0245634_15431774.jpg
この日もネロの立場はあまり好転してないようで、この日はベータのロイに加えて、ロトがしきりに示威行動をとっていました。幸いなのは、ロトはロイのように牙を出す割合はほとんどないこと。
b0245634_15452882.jpg
ロイとロトが協力してネロを責め立てる場面もありましたが、この日はネロの怪我が悪化することはありませんでした。上の写真からも分かるように、ネロのそばにはセロがついて、しっかりと守役を務めていることも、大怪我が少ない要因に思います。
b0245634_15491869.jpg
2週間前よりも、ネロはなんとなく群れの中にいられる時間も増えました。今回は、ネロのお守(笑)に奮闘するセロの様子を纏めてみました。

b0245634_15541297.jpg
ネロが怪我をしてから、ほぼ毎回見られている光景がこれ。セロがネロの傷を舐めて、まるで慰めるようにそばにいる時間が長いのです。
b0245634_15555797.jpg
(左がネロ、右の2頭がセロとロイ)また、ロイがネロを威圧しにいこうと動き出すと、セロが必死にロイにちょっかいを出します。このときは体当たりをして首を甘噛み。
b0245634_15575845.jpg
まるで「鬼さんこちらー!」とけしかけるように、あくまでも下からの態度で、ロイの気が自分へ向くようにしていました。半分は遊びに誘っているような雰囲気も出していて、ロイが乗り気になるとそのまま駆けっこへ突入することも。

続きは折り畳みます。



b0245634_1641055.jpg
(右がセロ、木の上がロイ)セロがしきりにそんな態度を取るからか、この日はロイの示威行動の標的が彼になることが大半でした。
b0245634_1665122.jpg
でも、そこはさすがにあしらい方が板についているセロらしく穏便に…丁寧に服従を示しつつ、ロイが良かったら遊んでくれよ〜!とばかりに尻尾をフリフリ、ノリ良く躱していました。こんなに下からなつっこい態度に出られてしまうと、さすがのロイも牙を収めてしまうようです(笑)
b0245634_16125556.jpg
オスの最下位に転落してから立ち直ったセロは、精神的にしなやかで思いやりがあり、なにより明るい性格のオオカミになりました。今では群れの秩序に欠かせない存在ですね。兄弟の中では一番賢く成長したなあとしみじみ感じています。

さてさて、当のネロのほうは…
b0245634_16204396.jpg
割と頻繁に見られる光景として、この日もロキがロボに怒られていましたが
b0245634_16212179.jpg
それをそばに来て観戦しているネロ…まるで「やーい、おこられたー」と嘲笑っているようです。ネロは以前から野次馬気質だったのですが、相変わらずのようですね。
b0245634_16221189.jpg
この、笑いを堪えてるような顔…!ネロはやっぱりネロだな〜と思った瞬間でした(笑)ロキだったから許されてるものの、ロイのときにそんな態度をしたら、また酷い目に遭うでしょうに…。
b0245634_16252279.jpg
この日、ネロがこうなった原因を担当さんに伺ったところ、メス個体に乗っかってしまったことが原因だったそうです。若い個体ですから、やはり我慢の利かないこともあるでしょう。
この群れではアルファ夫婦は下位の交尾には無関心ですが、ベータになった個体はそれを絶対に許さない傾向にあります(参考記事)。今ベータであるロイも、その流れを受け継いでいるものと思われます。でも、まだ繁殖期に入っていないのに、ネロがこんな怪我を追うまでに発展してしまったのは、おそらく彼の反抗的な態度が問題だったのでしょう。
ロイとの関係がこれ以上こじれないまま、繁殖期に入れるといいけれど…。
by hana440 | 2013-12-23 16:57 | 多摩動物公園(オオカミ) | Comments(0)