今日ものんびり動物園

hanazoo.exblog.jp
ブログトップ

ロボたちの新居レポ 1

2ヶ月の展示中止を経て、やっとアジアの平原エリアがオープンしました。
b0245634_1672762.jpg
久しぶりのロボとモロ。元気な姿を見せてくれました。引っ越しが老体に堪えるのではないかと心配していましたが、全くそんな様子はなく、安心しました。

それでは、新居の様子と彼らがどう過ごしていたのかをレポートします。
b0245634_1694776.jpg
シフゾウ広場奥の階段を上るか、シャモアから奥へ進むかでたどり着くと、ガラス面がおでむかえ。
b0245634_16123448.jpg
ガラス面の前には水場があり、運が良ければこうして水に浸かったり、飲んでいる姿を目の前で見ることができます。
b0245634_16162199.jpg
写真でお分かりの通り、広さはあるものの深さがないので、泳げないのが残念。でも、ガラス一枚隔てただけで見られる彼らは迫力満点です!
b0245634_16181464.jpg
ガラス面の前に広がっていた鳥の羽根…鳩でしょうか?ここで狩りをしたものと思われます。土が多くて虫も豊富なのか、小鳥たちが頻繁に飛来しています。ロボ一家も小鳥たちが気になるようで、近くに来ると追いかけたりしていました。

b0245634_16222058.jpg
ガラス面の反対側から見た全景。写真の左側が南にあたります。真ん中付近に走っている個体がいますね。この岩、駆け回るのに邪魔なんじゃ…と思ってしまいました。
b0245634_16233598.jpg
中央の丘の下に、こうした人工の穴が2カ所、作られています。長さは、メス個体が2頭横になっても余裕の長さ。高さもあるので、寝ている個体をまたいで通り抜けることも可能です。
b0245634_16245240.jpg
下位の個体が逃げるところになっているほか、落ち着いて眠ったり、写真のように駆けっこの途中でくぐったりして利用しているようでした。

続きは折り畳みます。




b0245634_16322817.jpg
これはシャトルバスのバス停から来園者の通路とモートを含めて撮ったもの。とにかく日当りが良くて、来園者には常に逆光の状態です。外から撮影するにはちょっと厳しいときもあります。また、柵が高いので女性や子供たちはアクリルのあるところからしか見る場所がなく、不便かもしれません。
モートはかなりの深さがあります。
b0245634_16362652.jpg
旧展示場からの慣習でしょうか、やはり上位は下位をモートに追いやることが多く、上位は高いところ、下位は低いところにいる、という図式はこれからも変わりそうにありません。新展示場ではこうなってしまうとやり取りが見え難いです。
b0245634_16374384.jpg
オスの下位の個体(セロやロキ)はモートに追いやられてウロウロする時間が多いかも。
b0245634_16581765.jpg
前と違って上にあがれなくてもモートが広いので、眠ったり駆け回ったりはできるのが救いです。
b0245634_16442096.jpg
モートの斜面には草を生やしてあり、サラダバーになっていました(笑)グリーンのシートのところは全てこの草が生えてくる予定、だそうです。あまり食べ過ぎないでよ〜。
また、排泄はモートでしている個体が多いようで、通路の中央付近ではニオイを体感出来ますよ。
b0245634_16491372.jpg
オス同士はちょっとした順位争いから突然追いかけっこに発展したりするのが、モートの中でが多いのです(笑)通しで全部見えない…!でも、こうして笑顔で走っている姿を見ると、広くなって本当によかったな〜と思いました。
いまのところ、展示場奥のシュートに近い場所からしか登り降り出来ません。中央付近の斜面からあがろうと挑戦していましたが、急すぎて?断念していました。もともと、オオカミたちが降りないことを想定していたようで、金網の端は切れっぱなしになっており、怪我をしないかが心配です。

新居のレポ、まだ続きます!
by hana440 | 2013-04-29 17:08 | 多摩動物公園(オオカミ) | Comments(0)