「ほっ」と。キャンペーン

今日ものんびり動物園

hanazoo.exblog.jp
ブログトップ

10頭しかいない群れ(2013/2/11)

2月3日は発情で賑やかだったロボ一家。一週間後の11日はうって変わってのんびりとした雰囲気。
b0245634_16115735.jpg
午前中はみんなのんびりお昼寝タイムでした。このとき頭数を確認したところ、3日に引き続きネロとマロは隔離されているようでした。ネロは一カ月以上、マロは2週間が経過しています。室内は檻越しに見える部屋にいるのかもしれませんが、これだけ長く群れから離れて、果たして合流できるのか心配になりました。
b0245634_16144130.jpg
メロ(左)とリロもすっかりいつも通り。小さないざこざはありますが、普段はなにかと近くにいることが多い2頭です。
b0245634_16162781.jpg
発情期を境に、巣穴から出ていることの多いミロ。よく見ると、右耳が中程で折れてしまっていました。出血は見られませんでしたが、一週間の間にまたなにかあったようです。
b0245634_1618434.jpg
マロがいなくなって少し沈静化したかなと思いましたが…新たな怪我の犯人はチロだと思われます。チロ(右)が頻繁にミロを威嚇、ミロも負けじと抵抗していました。
b0245634_1620936.jpg
この日はまだチロが優勢。でも、争いを避けずに立ち向かっていくようになったミロは、なにかしら変化があったのだと思います。2頭とも右耳が垂れてしまいましたね…。

b0245634_1621422.jpg
この日は2月唯一のキーパーズトークがあった日でした。バケツの骨を見て嬉しそうなお顔のセロ♪
今回はオオカミ(特にシンリンオオカミ)の話に加えて、先月の群れの様子について少しだけ解説がありました。やはり季節柄、オスもメスも闘争が激しくなるそうです。特にメス同士は手加減をしないことが多く、酷い闘争に発展するケースが多いとのこと。先週でモロをはじめメスたちの発情が終わったので、今はだいぶ沈静化している、という説明でした。ネロやマロを隔離していることの説明はなかったですが、「オスも少し気が立ってる状態」とのことだったので、やはりキーパーさんの闘争対策なのでしょう。
b0245634_16252839.jpg
いつも通り牛骨投げ〜
また、群れの序列についても説明があり、基本的にアルファとベータ(2位)がハッキリしていれば、あとの順位は曖昧なようだ、とのことで…いまのオスたちの状態がよく分からないのも納得が行きました。今はネロがいなくて、ベータすらハッキリしていませんが(苦笑)闘争は相手が気に入らないことの他に、ベータを争うか、オメガ(最下位)になりたくないか、で起こるのかもしれません。
b0245634_16343830.jpg
この日は頭数分あった牛骨を、ロトが2本キープ。ロイがあぶれてウロウロしていました。

隔離されている2頭はいつ戻ってくるのかなと思っていたところ、10日後にzoo友さんが「2頭が戻っている」と知らせてくださいました。2頭が合流していつも通りの群れになった一家の様子はまた次回。
by hana440 | 2013-03-06 16:49 | 多摩動物公園(オオカミ) | Comments(0)