「ほっ」と。キャンペーン

今日ものんびり動物園

hanazoo.exblog.jp
ブログトップ

果てなき闘争 1 (2013/1/4)

今年に入って激化してきた、ロボ一家の娘たちの闘争。オオカミは真冬が繁殖期でもあるので、時季的に気がたっている状態なのもあるのでしょうが、昨年よりも更に酷く、痛々しい様子が繰り広げられています。
今月に入ってのメス個体の怪我の様子と、群れの動向を追う記事を載せていきます。
まずは1月4日の、惨劇の兆しから…

【!閲覧注意!】以下、オオカミたちの酷い怪我の画像ばかりですので、見たくない方はページを閉じてください。癒し系、またはカッコイイ類の写真は一切ありません。ごめんなさい。
このブログはオオカミの観察日記が主旨でやってますので、自分の記録のために記事にしています。









開園ちょっと過ぎにオオカミ舍へ行くと、獣医さんの車が停めてありました。まさか〜と思って、急いでオオカミ舍へ上って行くと…
b0245634_2043429.jpg
静かな展示場、みんなが寝そべっている中、上のほうでひとりヨロヨロと動いていたメロ。よく見ると、頭に怪我があります。獣医さん二人が違う個体を見ていたので、そちらへレンズを向けると…
b0245634_20434496.jpg
どうやら闘争の相手はリロだった模様。彼女は左目のキワに傷を負ったようで、写真のように腫れ上がってしまっています。血も流れていて、何とも痛々しい顔に…。この他に、右前足に大きな穴が。
あとでzoo友さんの望遠で確認して頂いたところ、眼球自体には損傷はなく、瞬きもあるので大丈夫では、とのことで一安心。
b0245634_20473816.jpg
(左からメロ、リロ)この2頭、ボロボロなのに、懲りずに牽制しあってました。もうやめなよ…
この日はこういった光景が2〜3回ほどあったかな。どれもリロから仕掛けていき、メロも降参の表情はするものの、譲りたくないような強気な感じでした。激しくガウガウはなかったので、この日はこれ以上負傷することがなくて良かったですが。
b0245634_2049526.jpg
メロの怪我は額の部分と、マズルのパッキン部分。見えるところはそこだけでしたが、動きが明らかに弱々しかったので、身体もたくさん噛まれたのだと思われます。しかし酷い怪我です。
まさかこれが、今の惨劇の予兆とは私も気が付きませんでした。

この日の様子は下へどうぞ。



b0245634_20534254.jpg
目を負傷して何かが不安なのか、一日キュンキュンと哭くことが多かったリロ。こんなに弱気な彼女は初めて見たかもしれません。
b0245634_20561449.jpg
遠吠えをしたそうにロボ父ちゃん(右)にねだってみますが、ロボは完全無視。チロやメロの遠吠えおねだりには反応するのですが…「こんなときばかりムシのいいことを」って感じでしょうか。
b0245634_2058741.jpg
反対に、モロ母ちゃんは心配そうにしていました。いつもはメロにべったりですが、この時はリロの怪我のほうが痛々しく思ったのか、やさしく接していたように思います。
b0245634_20592255.jpg
新しい傷だったからしみるのか、リロは顔を背けていました。仕方がなく、モロは傷のないところを舐めてやっていました。

他のメスたちはいつも通り軽い威嚇があったのみで、目立った怪我などはありませんでした。一日見ていても、特に目立った動きなどがなく、この日の時点では、まだそんなに群れの雰囲気が悪かったとは思えませんでした。
オス個体はわりと平和。ネロとロイがいつも通り下位のオスを牽制しているくらいで、遊ぶこともなかった様子。個体紹介掲示にある、ロボ一家12頭の全頭が揃っていました。

なんだか怪我の様子が心配で、次の週末に行った時の記事は次回に。
by hana440 | 2013-01-18 21:04 | 多摩動物公園(オオカミ) | Comments(0)