今日ものんびり動物園

hanazoo.exblog.jp
ブログトップ

ロボ一家の室内展示

8月のお盆と土日は夜8時までの開園、ということで、暑さに弱い動物たちは室内と放飼場の出入りが自由になっていることが多いです。
ロボ一家も例に漏れず、内外出入り自由になっています。かんかん照りの外よりも日陰で扇風機のある室内のほうが、昼間は過ごしやすいようです。そんなときは虎狼舍ヨコの階段を上って、室内展示へGO!
放飼場で見るのとはまた違って、とても近くでみんなの息づかいを感じられるのでオススメです。

そして…唯一群れから離されているロンに会える時間でもあります。
b0245634_16393747.jpg
すごく久しぶりに会うことができました。冬に会ったときよりも、少しふっくらして見えました。元気そうでなにより。
b0245634_16402578.jpg
あくび〜。こうして見ると、顔は同胎のチロに良く似ていますね。運が良ければ、彼の遠吠えを生で見られます。つられるとお隣のロボ一家たちも吠えだすので、声が部屋に反響し、とっても迫力があります。

室内展示を見に来た人たちは、よく「寝てるだけだからつまんないなあ」なんてこぼしながら出て行ってしまいますが、室内ならではの観察ポイントはたくさんあるのです。
b0245634_1646444.jpg
一番の醍醐味は大きさがわかること。放飼場に出ているときは大体しか分かりませんが、室内は距離が近いので、大型犬よりも大きな体格を実感できます。
b0245634_16494585.jpg
モロ母ちゃんの優しいお顔もじっくり。顔や身体の毛並み、目の色、足の大きさなどなど…近くで見ないとよく分からないポイントがたくさんあります。兄弟の特徴を見比べるいい機会でもあります。
b0245634_1657026.jpg
萌えポイントはやっぱり肉球でしょうか。夏毛でもふさふさとしている尻尾も、個体によって特徴があります。
b0245634_1658869.jpg
肉球を正面から♪犬と違う部分もありますね。
その他には、ニオイや発声の仕方(鼻啼きや遠吠えでの吻の形)、威嚇し合うときの表情など、遠目からは何となくしか分からないところがよく見えます。手の届きそうな距離でロボ一家を見られる機会は限られていますので、この時期にぜひ室内展示を覗いてみて下さいね。

いつものことなのですが…室内に行くとセロにガン見されます(笑)ロックオンされてる…
b0245634_177211.jpg
じーっ……。
こちらがじっと見つめるせい?左右に動いても視線が追いかけてくる…目もカッコいいよ、セロ!
ちなみに、モロ母ちゃん、ロボ父ちゃんはいつも部屋のステージの上にいるので、来園者をぼーっと見ています。リロやロキは、よちよち歩きの小さなお子さんに興味があるようです。それぞれ個体によって、室内に来る人への興味の示しかたが違いますので、どの個体がどんな人を見つめるか、も楽しい観察ポイントです。
by hana440 | 2012-08-15 17:18 | 多摩動物公園(オオカミ) | Comments(0)