「ほっ」と。キャンペーン

今日ものんびり動物園

hanazoo.exblog.jp
ブログトップ

狼翁オーク

羽村の老翁オークに会いに行ってきましたので、近況をご報告。昨年の夏以来でしたので、かなり久しぶりです。(例によって檻抜きが下手ですので、心の目で見てやって下さい)
b0245634_17153234.jpg
午前中はうとうと。連休だったこともあって子供たちで盛況の羽村、ガイドツアーやふれあいのアナウンスが響くたびにぱちっと目が開いたり、首をあげてみたりと落ち着かない様子でした。
b0245634_1717068.jpg
もう長いことかかってるこの掲示、ちょっと色あせてきましたね。
b0245634_17214356.jpg
少しすると檻の前で行ったり来たりを始めました。歩く姿はあまり衰えを感じさせません。
b0245634_17232971.jpg
後ろ姿。腰の辺りが冬毛にしてはちょっと痩せて来たかな…。前日は大雨だったのですが、雨が好きみたいで、ずっと雨に打たれていたそうです(笑)そのせいもあるのかな、ちょっと毛並がごわごわしていました。
b0245634_17254290.jpg
近くで瞳を観察しましたが、白濁などはない模様。眼光は変わらず鋭いですが…
b0245634_1727586.jpg
瞬きがしょぼしょぼとして来た気がします。動いているときもこんな表情がたくさん撮れていました。
b0245634_17301729.jpg
巣穴に入ろうとしましたが、どうにも屈むことができません。諦めて奥の台座へ上がることに。慎重に段差を見極めます。
この巣穴、以前から、傾斜が急で入り口の穴の高さが低すぎではと思っています。歳をとってから、入るのがかなり大変そうです。もう少し入り口が大きくなれば、楽に降りられるのでは…。
b0245634_17361982.jpg
奥に行きますが、ここから伏せるのにもとっても時間がかかりました。昨年よりも、時間がかかるようになっています。壁にお尻を支えてもらいつつ、腰を落とします。
b0245634_17381579.jpg
ようやく伏せられましたが、どうも気に入った体勢ではなかったらしく、何度も直していました。ちょっと納得いってない顔のオーク。ここから立ち上がるのも、何度も何度も反動をつけて、やっと、という感じでした。
羽村は主に地元の人たちがたくさん訪れているようで、オークのこともすでに分かっている人ばかりでした。ヨロヨロと起き上がろうとする彼に「がんばれ、オークおじいちゃん!」と応援している子供たちもいて、とっても慕われているのが分かりました。こういう光景を見ると嬉しくなりますね♪

長くなりますので折り畳みます。





しばらく檻の前で常同行動をしていましたが、ふと止まったかとおもうと
b0245634_1749517.jpg
木をペロッとして
b0245634_17502381.jpg
かじかじ〜。奥歯までじっくり観察できました♪前の犬歯以外はだいぶすり減っていましたが、多摩のロボやモロのように、奥歯含めて凹凸がない状態ではなかったです。餌の違いもあるのでしょうか。

b0245634_17531163.jpg
3時半過ぎ、少し早めの給餌。餌は薄切り肉と鶏頭でした。飼育員さんが若い女性の方になっていて、これを見ている人もみんな女性ばかりなのが嫌だった?のか、殆ど食べなかったオーク。
どうもオークって、女性の前で意地(見栄?)を張る気がします(笑)「女の前で食べてる姿を見せられるかー!」みたいな雰囲気でした。昨年行ったときは男性の飼育員さんで、ずいぶん心を許していた感じがしました。男性のほうが好きなのかな?

b0245634_1803936.jpg
入園口近くのトイレ前にあるウンチの掲示、まだありました。今は亡き、ブランカとのツーショットです。(ぶれてしまった…涙)
b0245634_1843814.jpg
4月下旬に17歳を迎えたオーク。人間で言うと90〜100歳になるそうです。まだまだ元気!長生きしてね。
by hana440 | 2012-05-28 18:13 | 羽村市動物公園 | Comments(0)